ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013

ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013

ジャック・ジラルダン

 

Bourgogne Pinot Noir

Vielles Vignes

/Jacques Girardin

 

ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013
NEW
商品コード:2407
ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013

【産地】フランス ブルゴーニュ地方

【品質分類・原産地呼称】A.O.C.ブルゴーニュ

【栽培方法】ビオロジックに近い

【品種】ピノ・ノワール100%

【タイプ】赤ワイン ミディアム-フルボディ

【アルコール度数】12.5%

【容量】750ml

参考小売価格:¥3,024(税込)

販売価格:¥2,380(税抜)

¥2,570(税込)

ポイント:23Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > ブルゴーニュ 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 8
カゴに入れる
問い合わせる

ジャック・ジラルダン ブルゴーニュ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ 2013

葡萄園面積は、A.C.ブルゴーニュに2ha強。自社畑のマランジェの葡萄も使用しています。収穫は手摘みで行い、畑で2回、選果台で1回の計3回選別します。酸化しないよう小さな容器に入れてセラーへ運びます。除梗して、香りを抽出するため、12度で5日間醸しを行ってから、18度に上げて発酵を始めます。樽(アリエ産とヴィージュ産)とタンク50%ずつで、澱と共に12ヶ月熟成します。樽の使用率は、新樽10%、1年樽15%、2年樽15%、3年樽25%、その他35%。軽くフィルターを通して、月のカレンダーに従って瓶詰めします。

【テイスティング・コメント】

エッジに薄っすらとオレンジが混ざるルビー。粘性は中程度。香りにはクランベリーやチェリー、ブラッドオレンジ、スミレ、ローズマリー、そして仄かな樽香、香木やシナモン、クローブなどのスパイスのノートが混じり合う。他にマッシュルームや下草、カカオの香り、ミネラルのヒントが洗練さを与え、程よく熟成が感じられる。アタックはソフトでなめらか。酸味は穏やかで溶け込んでおり、キメ細かなタンニンと豊かな果実味が調和。難しい年ながらエキス分は申し分がなく繊細かつしっかりとした構造、派手さは無くクラシカルなスタイルに仕上がっている。広域ACブルにして滋味深き味わいはまさに古木のなせる業。合わせるお料理は、ローストビーフ、仔羊・鴨肉のロースト、ジビエ、豚肉の生姜焼き、マグロのカルパッチョなど。

※2017年12月試飲

 

■ジャック・ジラルダン

ジャック・ジラルダン
ジャック・ジラルダン

ジャック・ジラルダンは、コート・ド・ボーヌのサントネ村で、ワイン造りをする家族経営のドメーヌです。2011年からジャックの息子のジャスティンが共同経営者の一員となり、ワイナリーの経営に携わるようなりました。現在はジャスティン(12代目)が中心となり、父と母のヴァレリーの3人家族で運営しています。家族3人皆の意見が重要であると考え、尊重しています。時には叔父のヴァンサンとも、醸造や葡萄について意見交換をしています。またヴァンサンが使っていたサントネのセラーを2004年に購入し、そこでもワインを造っています。

息子のジャスティンはボーヌの学校で5年間醸造を学び、ボルドーで1年修行し、サンセールや南仏でも修行を積みました。父の時代と異なり、自然の酸と太陽を感じるワイン造りを目指しています。ジャスティンは畑の状態をしっかり把握するためにも1年中ほとんど畑にいます。肥料は天然のものを使用し、通常は除草剤を使用しませんが、年によって少量を散布します。また、銅と硫黄を少し使います。一番大切なことは葡萄の樹が健康であることであり、完全なオーガニックを目指すことに執着はしていません。ただ、極力そういった化学的なものの使用は避け、畑に適したものを使うようにしています。

収穫はすべて手摘みで行い、葡萄が酸化しないように小さな箱を使っています。醸造には、人工酵母や酵素などの添加物は使用しません。添加物によって、本来の性質や個性を持たない画一化されたワインを造るよりも、自然に任せたほうが良い、と考えています。発酵は低温でスタートさせアロマを引き出し、その後温度をいったん34度まで上昇させた後、28度まで下げ、温度コンロール装置付きのタンクで約12~15日間行います。発酵後、樽に移してマロラクティック発酵を行ないます。全体の約4分の1に新樽を使用しています。それ以上になるとワインの持つ個性が失われてしまうと考えています。翌年の春に澱引きし、樽で12ヶ月~18ヶ月熟成させた後、軽くフィルターをかけてボトリングします。

自然で素朴な土地の風味を体現したワイン造り

彼らのワイン造りの哲学は、情熱を持ち、常に厳格であること。自然を尊重し本質を追求すること。決して派手さはありませんが、自然で素朴な土地の風味をしっかりと感じることが出来ます。60%を瓶詰めして、その50~60%を輸出。自社販売のうち20%が個人客、残りはレストランやホテルに納めています。ミシュランの3つ星や、パリの1つ星レストランでも使われています。残りの40%はネゴシアン(ヴァンサン ジラルダン社を含む)に売っています。

ジャック・ジラルダン
ジャック・ジラルダン

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品