ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>フランス 他エリア 白>ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV

ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV

ジェラール・メッツ

 

Crémant d’Alsace Brut

Rosé

/Gérard Metz

 

ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV
ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV
商品コード:3539
ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV

産地:フランス アルザス地方

品質分類・原産地呼称:A.O.C.クレマン・ダルザス

栽培方法:リュット・レゾネ

品種:ピノ・ノワール100%

タイプ:スパークリングワイン ロゼ 辛口

アルコール度数:12%

容量:750ml

参考小売価格:¥3,348(税込)

販売価格:¥2,604(税抜)

¥2,812(税込)

ポイント:26Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > ロゼワイン 発泡 & 甘口も含む
タイプと価格で選ぶ > スパークリングワイン > 3,000円以下
産地で選ぶ > フランスワイン > フランス 他エリア 白
数量:
在庫: 7
カゴに入れる
問い合わせる

ジェラール・メッツ クレマン・ダルザス ブリュット・ロゼ NV

0.5ha。粘土石灰質土壌。平均樹齢20年。直接圧搾法によるスパークリング・ロゼワインです。18ヶ月間ビン熟成。ドザージュは5g/l

テイスティング・コメント

淡いオレンジピンクの色調にシルバーのトーン。香りはキルシュ、ザクロ、ピンクグレープフルーツ、赤系果実などピュアな印象がありジャスミンやハーブのヒント。エレガントで、シャンパーニュに似通った、繊細なミネラルのニュアンスを持つ。口に含むとスムーズで、生き生きとしたアタック。チェリーやストロベリーを思わせる優しい甘さに、ほろ苦いミネラルの風味がアクセント。味わいとしてはドライ感、香り同様にピュア。上品な酸が味わいに緻密さを与えるエレガントなスタイルで、ピノ・ノワールに由来する微かなタンニンが心地よい。サッパリとしたフィニッシュ。合わせるお料理は、乾杯、食前酒やサラダ、オードブル、中華、和食、コロッケ、トマトソースベースのパスタなど。

2019年6月試飲

ジェラール・メッツ

ジェラール・メッツ
ジェラール・メッツ

ワインはその嗜好性や芸術性、多様性等において、しばしば音楽に例えられますが、「ジェラール・メッツ」の当主エリック・カジミールは、両者の関連性を独自に高めた哲学に基づくワイン造りを行っています。

シャンパーニュ・オーブ地方にRM「ミッシェル・コロン」を運営するコロン家出身の彼が、ランスで看護婦をしていた奥さんと結ばれ、奥さんの実家であるこのアルザスのドメーヌに来たのは1989年。ストラスブールとコルマールのちょうど中間辺り、イッテルスヴィレ村の地において義父となったのは、数多のワインメディアから激賞を浴びた名人ジェラール・メッツでした。偉大な義父より栽培と醸造の極意を叩き込まれながら、シャンパーニュ地方の栽培管理を応用した厳格な収量制限を取り入れるなど独自の改革も行い、1996年、晴れて正式にドメーヌを継承しました。

幼少時よりフルートとギターを習い始めたエリックは、音楽に熱中した多感な青年時代を過ごしました。「ロック、ポップス、モッズ、パンク、ヘヴィメタ、ジャズ、クラシックまで、のめり込みました。母は一時期の私の髪型を見て卒倒しそうになりました(笑)」。

「ワイン造りに携わるようになってすぐに、これは音楽とまったく同じだと気づきました。ピアノ曲などの演奏で考えると分かりやすいですが、楽曲は、テロワール。アルザスのような土壌の複雑さや古樹は、和音の数が増えるといったような音楽性の高まり。演奏者は、醸造家。楽曲を尊重しながらも自らのイマジネーションをもって解釈し、修練を積んで演奏する。楽曲の素晴らしさと演奏者の心技が一体となった時、言葉では表現できない何かが、五感に響いてきます」。

ジェラール・メッツ

また彼は、醸造所に本格的なオーディオシステムを装備しており、高音質の音楽を聴きながら仕事をすることにこだわっています。

「醸造家の精神状態は、仕事の質に直結します。音楽は、私の心を常に穏やかに保ち、幸せな気持ちで仕事をさせてくれます。その心のありようは、きっとワインにも伝わっていると思います。「ピアノソナタ第11番イ長調(第3楽章が「トルコ行進曲」)」をはじめとして、モーツァルトが特に好き」というエリック。

「思えば義父ジェラール・メッツの教えも、五感で感じなさい、というものでした。気候の変化を肌で感じる、畑や樹々の個性を全身で感じる、発酵の様態を体で感じる。大事なことはすべて、言葉では説明できません」。

ラベルの楽譜は、このドメーヌ初のグラン・クリュ、「Riesling Grand Cru Muenchberg 1991」の完成を祝して、オペラの演奏で名高い「ストラスブール管弦楽団」に所属していた友人が作曲してくれたワルツからのもので、2009年ヴィンテージより、すべてのワインのラベルに採用されています。

「心地よい和音のようなハーモニー(調和)とふくよかさが感じられ、飲むと自分の好きな音楽が自然に聞こえてくるようなワインを造りたいと思っています」。

栽培:実質ビオロジーの極めて厳格なリュット・レゾネ栽培。2018年に「HVE level3(最高段階)」の認証取得。
醸造:収穫はすべて手摘み。天然酵母のみで発酵。澱引きをしないシュール・リー熟成

ジェラール・メッツ
ジェラール・メッツ

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品