ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>ボルドー>シャトー ラプラニョット ベルヴュー 2016

シャトー ラプラニョット ベルヴュー 2016

シャトー ラプラニョット ベルヴュー

 

Château Laplagnotte-Bellevue

サン テミリオン グラン クリュ

 

商品コード:4312
シャトー ラプラニョット ベルヴュー 2016

産地: フランス ボルドー地方 サン テミリオン地区

原産地呼称: A.O.C.サン テミリオン グラン クリュ

栽培方法: ビオディナミ

品種: メルロ主体、カベルネ フラン

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 14%

容量: 750ml

参考小売価格:¥4,180(税込)

販売価格:¥3,192(税抜)

¥3,511(税込)

ポイント:31Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー
産地で選ぶ > フランスワイン > ボルドー > サン・テミリオン
数量:
在庫: 14
カゴに入れる
問い合わせる

シャトー ラプラニョット ベルヴュー 2016

平均樹齢30年。

テイスティング コメント

艶のある濃いガーネットの色調。香りはカシス、ブラックチェリー、スミレのアロマと木樽由来のダークチョコレート、モカを思わせるスモーキーなニュアンス。そしてスパイス、タバコ葉、土っぽさ。味わいはなめらかで、ふくよか。柔らかなタンニンが溶け込み、背景にバニラや独特のスモーキーさ、リッチな樽感がアクセント。芳ばしさが味わいに深み・奥行きを与え、ほんのりビターな余韻が心地よい。

合う料理 牛フィレ・鴨肉のロースト、茸料理、ビーフシチューなど

2024年2月試飲

シャトー ラ プラニョット ベルヴュー

フルコー ローサック

サン テミリオン グラン クリュに格付けされているこのシャトーの記録は、1868年にエドゥアルド フェレによって改訂された「コックス」第二版に記されています。当時は6〜10樽ほどの生産量でしたが、その後、徐々に敷地を増やしていき、1954年には今と同じ合計6.09ヘクタールの畑に拡大しました。アンリ&クロード ド ラバール夫妻がシャトー ラ プラニョット ベルヴューを1990年に購入。妻クロード(旧姓フルコー ローサック)は、当時はまだシャトー シュヴァル ブランの共同経営者でした。そして、現在の当主でありアンリとクロードの息子アルノー ド ラバールが、栽培醸造学を修めた後1996年からシャトーの運営に参画しました。アルノーの妻ヴィルジニーは醸造家でもあり、共にワイン造りを行っています。

6.09ヘクタールの畑のうち、主に5.4ヘクタールが「シャトー ラプラニョット ベルヴュー」に使われます。メルロ70%、カベルネ フラン30%で、平均樹齢は32年。ヘクタールあたり6000株の植樹で、土壌は砂の多い粘土、下層土は鉄分を多く含む粘土層で砂は少なめです。畑はほぼアルノーが一人で担当しており、1株に多くて7房が実るようにしていますが、必要に応じてグリーン ハーヴェストで房を落としています。

2010年より有機栽培を開始し、2012年産からビオの認証(ユーロリーフ)がバックラベルに表示されています。その効果として感じているのは、ブドウがより健全に育っている様子が手に取るようにわかること、ワインに土地の特徴がより表現でき、ピュアになってきていること。収穫はすべて手摘みで行い、畑においても醸造所へ到着してからも、手作業により厳しく選果します。温度が一定なコンクリートタンクにて醸造し、キュヴェゾンは合計で20-25日マセレーション。マロラクティックは温度コントロールが出来るステンレスタンクで行います。樽熟成は12ヶ月間、新樽は約25%で残りは1年から2年使用のもの。

良いヴィンテージのみ造られる上級キュヴェ「フルコー ローサック」

「シャトー ラプラニョット ベルヴュー」は、繊細で上品な仕上がりで、タンニンもとても細やかです。ちなみに、良いヴィンテージのみ造られる上級キュヴェ「ラ プラニョット」(2011年産からFourcaud Laussacフルコー ローサックとしてリリース)は0.6ヘクタールの樹齢40-45年のメルロ80%、カベルネ フラン20%から造られます。発酵はステンレスタンクで行い、マロラクティックは樽にて。熟成は新樽のみで18ヶ月間。こちらは凝縮した、力強く重厚なスタイルとなる

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品