ホーム>オンラインショップ>

ビルカール・サルモン

ビルカール・サルモン

ビルカール家は17世紀から続く家系であり、200年以上7世代に亘り一族経営を貫いている希少なメゾンです。

ピノ・ノワールとシャルドネはモンターニュ・ド・ランスとコート・ド・ブランより、ピノ・ムニエはヴァレ・ド・ラ・マルヌから収穫されます。伝統を厳守して、醸造はブルゴーニュの小樽で行います。ワインは17世紀から19世紀にまたがって地下深く掘りこまれた白亜質の天然セラーで9~11度の温度で寝かせられています。家族経営ならではの「妥協なき品質追求」、「独自の手造り製法」、「少量逸品主義」をモットーとして伝統的な手造りによる高品質なシャンパーニュを造り続けています。

「ビルカール・サルモン」は、フランスの星付レストラン全店で取り扱いされている実力派シャンパーニュ・メゾンです。1999年6月ストックホルム(スウェーデン)で行われた20世紀を代表するシャンパーニュを選ぶブラインドテイスティングにて、150種の中から“キュヴェ・ニコラ・フランソワ・ビルカール1959”が世紀のシャンパーニュとしてNo.1を、さらに“同1961”がNo.2の栄誉を獲得しました。