ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>フランス 他エリア 白>ドメーヌ ド ラ ルレティエール ヴーヴレ メトード トラディッショネル ブリュット NV

ドメーヌ ド ラ ルレティエール ヴーヴレ メトード トラディッショネル ブリュット NV

ルレティエール

 

Vouvray

Méthode Traditionnelle

Brut

/Domaine de la Rouletière

 

商品コード:4251
ドメーヌ ド ラ ルレティエール ヴーヴレ メトード トラディッショネル ブリュット NV

産地: フランス ロワール

品質分類 原産地呼称: A.O.C.ヴーヴレ

栽培方法: ビオロジック

品種: シュナン ブラン100%

タイプ: スパークリング 白 辛口

アルコール度数: 12.5%

容量: 750ml

参考小売価格:¥3,300(税込)

販売価格:¥2,550(税抜)

¥2,805(税込)

ポイント:25Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > スパークリングワイン
タイプと価格で選ぶ > スパークリングワイン > 3,000円以下
産地で選ぶ > フランスワイン > フランス 他エリア 白
数量:
在庫: 7
カゴに入れる
問い合わせる

ドメーヌ ド ラ ルレティエール ヴーヴレ メトード トラディッショネル ブリュット NV

ワインにミネラル感をもたらすペルシュと呼ばれる石灰質土壌。

醸造: 15~18度に温度管理された発酵槽アルコール発酵をした後、5カ月間のシュール リーを行う。18カ月間の瓶内二次発酵を経て、キメの細かい、エレガンスと新鮮な果実風味を感じるスタイルになります。ルミュアージュ、デゴルジュマンの工程が続きます。その後、3カ月間セラーで落ち着かせてから出荷されます

テイスティング コメント

輝きのあるレモンイエロー / ライトゴールドの色調。香りは爽やかなシトラス、白桃、アカシアのアロマにペッパー、石、ミネラルのヒント。ほんのり甘い蜜の香り、僅かにアーモンドのニュアンスが現れる。口当たりは瑞々しくクリーミーで、繊細な発泡が心地よい。ジューシーな果実味が弾けるように広がり純粋さとエレガトさが絶妙。バランスのとれた美しい酸味、キレのよい辛口に仕上がっている。余韻に果実と花の蜜、すっきりとしたフィニッシュ。

合う料理 アペリティフ、シャルキュトリ、白身魚のムニエル・フライ、天ぷら、寿司など

2023年10月試飲

ドメーヌ ド ラ ルレティエール

ルレティエール
ルレティエール

5世代にわたり土地の魂が宿ったワインを造り続ける

ヴーヴレのアペラシオンに位置し、畑の近くにはトゥールの街や数々の古城があります。ヴーヴレのアペラシオンは、ユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷の右岸に広がります。アペラシオンはトゥールの東側に位置し、7つのコミューンに、2,200ha広がっています。地域のブドウ畑の発展、サン マルタン(Saint Martin)へのシュナン ブランの導入、アベイ ド マルムティエール(Abbaye de Marmoutier)建設のきっかけ造りに貢献しました。

畑の表土はペルシュ (Perruche) と呼ばれる粘土シレックス土壌、オービュイ (Aubuis) と呼ばれる小石混じりの粘土石灰質土壌、母岩はトゥファ (白雲母を含むチョーク質)です。ドメーヌには 800メートルという規模の大きい二層の地下セラーがあり、仕事に情熱を傾け、ノウハウを共有したいと願ってきた家族は誇りに思っています。ワインメイキングはすべて敷地内で行われ、地下セラーにて、出荷前のスティルワインやクレマンの保管・熟成が行われます。

歴史

ドメーヌの歴史は、2ha のブドウ畑と20haの穀物畑を、樽職人のフランソワ ガイヤール(François Gaillard)と、パルセー メスレー(Parçay-Meslay)のワイン生産者の娘である妻のエメ デュシャン(Aimée Duchamp)が1914年に引き継いだことから始まります。フランソワ ガイヤールは、ワイン保管庫や納屋を手に入れ、事業を繁栄させました。1937年以降、白ワインの評価が高まり、トゥールやパリの品評会に出品するようになりました。

1939年 4月、娘のジュヌヴィエーヴ ガイヤール(Geneviève Gaillard)は、パルセー メスレーのブドウ栽培家アーネスト ジレ(Ernest Gilet)の末息子であるギュスタヴ ジレ(Gustave Gilet)と結婚しました。1946年には長男のジェラール(Gérard)が、1951年には末っ子のベルナール(Bernard)が加わりました。

1954年、セラーを二層に拡張し、ロッシュコルボン(Rochecorbon) を中心に数多くのブドウ畑を購入しました。1959年、この村で初めて発表した瓶内二次発酵で造るスパークリングワインは大成功を収め、白ワインの種類を増やすことができました。1990年にはラベル貼りのための自動化ラインを導入しました。

2001年、ジェラールの息子であるジャン マルク ジレ(Jean-Marc Gilet)がドメーヌを継承。2008年には、瓶内二次発酵、24 カ月の熟成を経てリリースされる、極めてきめ細かい泡が特徴のBrut extraを発表。ジャン マルクは、家族の精神を忠実に受け継ぎ、ドメーヌを発展させ続けています。

ワイン造りのこだわり

私たちは古くからこの土地に根差しており、ワインの品質を追求するために、近代的な技術でブドウの木を栽培するという信念を受け継いできました。1年以上も前から、この信念を守りながら、より健全な農業の実践を目指し、環境保護と地球環境の保全に貢献しています。

地球上の27ヘクタールはわずかなものですが、重要だと考えています。有機栽培にかかる手間はかかりますが、よりナチュラルで品質の高いワインができるようになったことには誇りを感じています。環境配慮の取り組みは、原材料の選定にまで及びます。素材の革新性や品質だけでなく、その原産地も考慮して、慎重にサプライヤーを選定しています。私たちは今までずっと、メイド イン フランスを好んできました。またマーケティングも重要で、私は20年以上も前から「Vignerons Indépendants(ヴィニュロン アンデパンダン)」に加盟していて、直接取引を推奨しています。

常に進化したいという思いから、フランスの環境認証 HVE(Haute Valeur Environnemental)の認定を受けるために積極的に活動しています。そのためには、自然の資源や仕組み(生物多様性の保全:昆虫、樹木、垣根、草地、花、水資源の管理)、農場の自立、製品の付加価値の向上、エネルギー消費の削減、農薬散布 ( 殺虫剤、殺菌剤、除草剤など ) の削減を推進します

ルレティエール

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品