ホーム>オンラインショップ>タイプと価格で選ぶ>赤ワイン>コンティ ゼッカ パッショーネ オーロ アパッシメント 2018

コンティ ゼッカ パッショーネ オーロ アパッシメント 2018

コンティ ゼッカ パッショーネ オーロ アパッシメント

 

Passione Oro

appassimento

/Azienda Agricola Conti Zecca

 

NEW
商品コード:3910
コンティ ゼッカ パッショーネ オーロ アパッシメント 2018

産地: イタリア プーリア州

品質分類・原産地呼称: I.G.P.

栽培方法: サステーナブル

品種: プリミティーヴォ100%

タイプ: 赤ワイン フルボディ

アルコール度数: 14%

容量: 750ml

参考小売価格:¥1,595(税込)

販売価格:¥1,232(税抜)

¥1,355(税込)

ポイント:12Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,000円以下
産地で選ぶ > イタリアワイン > 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 7
カゴに入れる
問い合わせる

コンティ ゼッカ パッショーネ オーロ アパッシメント 2018

評価
2018VT ベルリン ワイン トロフィー2021: 金賞受賞

テイスティング コメント

濃いルビーレッド。香りは赤系果実のフルーティーなアロマと、ドライプラムやバルサミコの香り。そしてブラックパッペーやリコリスなどのスパイスのヒント。口に含むとなめらかで甘やかな果実味が余韻にかけて広がっていく。タンニンはしなやか、バランスのとれたフルボディ。凝縮した味わいながらしっかりと酸を感じることができ、フレッシュで飲み心地よいフィニッシュ。合わせるお料理は、トマトソースベースの料理、ハンバーグ、焼き鳥、ソーセージなど。

2021年7月試飲

コンティ ゼッカ

コンティ・ゼッカ
コンティ・ゼッカ イル・コンテ・アルチビアテ・コンティ・ゼッカ氏

伝統と革新。伯爵家によって所有される、由緒あるワイナリー

ギリシャ、トルコ、アラブ、アルバニア。いろいろな人種が入り混ざり独特の文化を生み出したプーリア州。古代フェニキアの時代からワインが造られてきた歴史のある土地、プーリア州サレント半島に昔から公爵家として門を構える「ゼッカ ファミリー」。500年にわたるワイン造りの歴史をもち、古くからフランスやイギリスとの貿易を行ってきた由緒あるワイナリーです。大量消費ワインの生産地から高品質のプレミアムワインを産み出す地域へと着実に変貌を遂げつつあるプーリアにおいて、コンティ ゼッカはまさに次世代のリーダーとなる存在です。

1935年、現当主の祖父であるアルチビアデ ゼッカ伯爵は、自社畑で栽培されたブドウを原料としてワインの醸造を開始し、本格的にワインビジネスをスタートさせました。その当時、レヴェラーノの地に於いて最新の醸造設備を導入したワイナリーを建設。このファミリーの事業はサレント地方のワイン生産を代表する拠点となりました。

アルチビアデ伯爵の息子であるジュゼッぺ伯爵は、それまでの古いタイプの集落的醸造所から、より近代的な醸造施設を建設しました。ワイナリーでは生産の増大を図るため、ワインセラーや瓶詰めラインを導入。この地方での瓶詰め元としての先駆け的な存在となりました。このころから、自社ブドウ農園の名称をワイン名に冠し、第一号として記念すべきドンナ マルツィアが誕生したのです。

現在は4人兄弟により運営されており、現当主のアルチビアデ、フランチェスコ、ルチアーノ、マリオは、力を合わせて家族の伝統、ワイン造りに献身的に従事しています。所有する4つのエステートの畑の土壌を徹底的に分析し、それぞれの土地に最適な葡萄を栽培。自社畑で収穫された葡萄のみを使用し、プリミティーヴォ、ネグロアマーロといった南の地ならではの土着品種の魅力を最大限に生かし、機械化のプロセスを理想的に取り入れ、コスト パフォーマンスに優れた、高品質のワインづくりを行っています。

長男のアルチビアデがエノロゴ兼アグロノモ

ペルージャ大学(農学部)卒業。今も昔も、ペルージャ大学の農業科はイタリア国内で最高の大学と言われています。彼はアグロノモだけでなく、エノロゴでもあります。

並々ならぬ情熱のエノロゴ、アントニオ ロマーノ氏

コンティ ゼッカ社は、アントニオ ロマーノ氏のワイン造りに対する並々ならぬ情熱もさることながら、彼が醸造生産から商業的な側面にまで細心の注意を払ってくれていることに感謝しています。ワイナリーに係わる全ての点において、必ず両者の同意のもとに決断するようにしています。(エノロゴのポリシー)コンティ ゼッカのワインのクオリティは自社畑で栽培されたブドウの品質に由来します。この品質を醸造所とワイナリーで維持することです。

プーリアで家族経営としては最大規模、化学薬品は使わない

プーリア州では、家族経営ワイナリーとして最大規模を誇り、所有畑は320haに及びます。広大な自社畑を所有し、自社畑のブドウでワイン造りを行っています。また、ワイナリー内に研究所(分析所)を設けており、地元の大学と専門機関で共同研究&リサーチを行っています。畑ではボルドー液のみ使用、普段は防腐剤などの化学薬品は一切使用していません(但し、万が一の場合は使用を検討する場合もあります。)

コンティ・ゼッカ 醸造家:アントニオ・ロマーノ氏
コンティ・ゼッカ

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品