ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>その他の国のワイン>シュミ・ワイナリー イベリウリ キシ 2016

シュミ・ワイナリー イベリウリ キシ 2016

シュミ・ワイナリー

 

Iberiuli Kisi

/Shumi Winery

 

※ギフト化粧箱をご利用になられる際は【ギフト化粧箱(布張り)】をご選択ください。

こちらの商品は通常のボトルよりも背丈が高くなっております。

スタンダードのギフト化粧箱には対応しておりませんのでご注意ください。

 

シュミ・ワイナリー イベリウリ キシ 2016
商品コード:3243
シュミ・ワイナリー イベリウリ キシ 2016

産地:ジョージア カヘティ

品種:キシ100%

タイプ:白ワイン(アンバーワイン、オレンジワイン) 辛口

アルコール度数:13%

容量:750ml

参考小売価格:¥3,132(税込)

販売価格:¥2,465(税抜)

¥2,662(税込)

ポイント:24Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > その他の国のワイン
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

シュミ・ワイナリー イベリウリ キシ 2016

自社単一畑「Mziuri Vineyard」。醸造:クヴェヴリ醸造。天然酵母で発酵、6ヶ月マセラシオン。その後4ヶ月の樽熟成。

芳香性豊かでバランスが保たれています。余韻も長い。

テイスティング・コメント

輝きのある濃いアンバー(琥珀)。粘性は高め。アロマは芳醇でボリューム感があり熟した白桃やメロン、蜜リンゴ、ピーチティー、ピーチとアーモンドのタルトを思わせ、クローブやオリエンタルなスパイスの香りがアクセント。そしてヘーゼルナッツ、ほんのり甘い蜂蜜のニュアンス。複雑かつチャーミングで誘発的なブーケが魅了する。アタックはソフトでなめらか。香りから想定するに以外にもサッパリとしたテクスチャー。ドライな味わいにも甘やかなヒントがあり熟したピーチやリンゴを思わせる。そこにタバコ、クルミなどの風味が心地よいビター感とほろ苦さを与える。シェリーのような独特な甘辛度、癖になる美味しさが込みあがる。ドライな感覚を損なわないまでの甘辛のバランスがとれている。合わせるお料理は、香草を使った白身肉・魚のソテー、点心、パクチーをのせたジャーマンポテト、チーズを使った料理など

2018年5月試飲

 

シュミ・ワイナリー

シュミ・ワイナリー
シュミ・ワイナリー

シュミ・ワイナリーは、2001年に主要産地であるジョージアの東部カヘティ地方ツィナンダリ地区に設立。栽培からボトリングまで自社で行っているジョージアでは稀なドメーヌ(ネゴスブランドもあり)です。醸造プロセスを完全にコントロールできる最先端の設備、正確な分析を行うラボやユニークなセラーを備えており、ジョージアの中でも最良ワイナリーのひとつです。

シュミ・ワイナリーの特徴

1.最大のアドヴァンテージはいわゆる「クローズド・サイクル」といわれる栽培から醸造、ボトリングまでを一貫して自社で行っており、高い評価を受けている。

2.ジョージアのワイナリーでシュミのように特定栽培地区(ミクロゾーン)のコレクションを持つワイナリーは稀で、その所有する葡萄畑はジョージアの西部Khvanchkara、Martvili、東部のTsinandali、Akhmeta, Gurjaani, Akhasheni, Napareuli, Kvareli, Kindzmarauli,Mukuzani, Ikaltoといった地理的、気候のコンディション、歴史的な見地からの名醸地のミクロゾーンに位置し、葡萄の樹齢も高い。近い将来ミクロゾーンの葡萄畑はGeorigian Law of vineによって完全に管理されるため、ミクロゾーンの畑を持たない生産者はアペラシオン入りのワインは製造できなくなる。

3.2004年にフランスからJean Michel Ferrandez氏をワインメーカーに招聘。

4.DIN EN ISO9001:2000およびHACCP認定を取得した初期の製造業者である。

5.2012年に食品完全管理システムISO22000認定取得

6.2005年 ジョージアワインとしてはじめてオーガニックワインの生産を始めた。栽培はInternational Bio Standardsに基づき慣行される。

7.ジョージアワインの歴史においてはじめて、栽培における「グリーン・ハーヴェスト」を導入。品質の向上につなげる。

8.インターナショナル・ワイン・チャレンジ、デキャンタ・ワールド・アワーズ、などさまざまなコンペティションにて126ものメダルを獲得している。

Shumiシュミとは古代グルジア語で「本物の、純粋な」といった意味があります。

ジョージアワイン

寒暖の差が激しいジョージア(グルジア)は、大陸性気候に恵まれたワイン発祥の地と言われています。その歴史はなんと8000年とも言われ、人類の歴史とともにワイン造りが発展してきました。ワインはこの地からメソポタミアを経由してエジプトに運ばれました。ワインの名前はブドウ品種とワインが作られた「土地の名前」に由来するものがほとんどです。国内の産地は大きく分けて5つあります。カヘティ地方、カルトリ地方、イメレティ地方、ラチャ=レチフミおよびクヴェモ・スヴァネティ地方、アジャリア地方です。その中でも代表的な産地が、カヘティ地方とイメレティ地方です。カヘティ地方はグルジアの東部に位置する大変広いエリアです。グルジアのワイン用ブドウの70%がこの地域で栽培されています。

伝統的な製法 クヴェヴリ -Qvevri-

代表的なワインの産地、カヘティ地方には500以上のワイナリーがあり、いくつかの醸造所では昔ながらの造り方を守っています。その方法は、収穫し軸を取ったブドウをつぶし、床下にある素焼きの壺に流し入れて発酵させます。沈殿したのちに壺を入れ替えてさらに熟成。皮や種もそのまま発酵させます。この壷がクヴェヴリ(Qvevri)と呼ばれます。このクヴェヴリ製法とは、ブドウを壺の中で(この壺の内側はオーガニックの蜜蝋でコーティングされている)発酵させますが、さらに壺を地中に埋めることで一定の適温での発酵が実現されます。樽での発酵では絶対に生まれない豊かな果実感を持ったワインが出来上がります。2013年にクヴェヴリを使った伝統的なジョージア(グルジア)のワイン製造法が世界無形文化遺産に登録されました。

シュミ・ワイナリー
シュミ・ワイナリー

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品