ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>フランスワイン>フランス 他エリア 赤 & ロゼ>ルー デュモン x スタジオジブリ コラボレーション ピノ ノワール 2021

ルー デュモン x スタジオジブリ コラボレーション ピノ ノワール 2021

ルー デュモン x スタジオジブリ コラボレーション

 

Pinot Noir

/Lou Dumont X STUDIO GHIBLI

collaboration

 

商品コード:3767
ルー デュモン x スタジオジブリ コラボレーション ピノ ノワール 2021

産地: フランス ラングドック ルーション地方

品質分類 原産地呼称: I.G.P.ペイ ドック

品種: ピノ ノワール100%

タイプ: 赤ワイン ミディアムボディ

アルコール度数: 13%

容量: 750ml

参考小売価格:¥3,080(税込)

販売価格:¥2,380(税抜)

¥2,618(税込)

ポイント:23Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > フランスワイン > フランス 他エリア 赤 & ロゼ
数量:
在庫: 5
カゴに入れる
問い合わせる

ルー デュモン x スタジオジブリ コラボレーション ピノ ノワール 2021

IGP Pays d’Oc。標高500メートルの粘土石灰質土壌の畑より。平均樹齢25年。ステンレスタンクでアルコール発酵後、50%をステンレスタンクで、50%を樽(うち新樽10%)でマロラクティック発酵&約半年間熟成

テイスティング コメント

紫がかったルビー。野性味のある赤い果実、ストロベリー、ボタンの香りが広がりハーブ、ローズヒップなどスパイシーな香り、仄かなオークの香りがアクセント。若さとともに少し落ち着いた印象があり他にカカオや茸、下草のニュアンスをもつ。味わいはしなやかでスムーズ。キメ細かなタンニンが溶け込んでおり程よい酸が感じられる。派手さの無いクラシカルなスタイルで、ピュアな果実と滋味のある深い味わいが楽しめる。やさしく、そっと寄り添うような懐かしさを覚える。合わせるお料理は、鶏肉の香草焼きやトマトソース煮込み、マグロ・赤身肉のカルパッチョ、シャルキュトリー、軽いチーズなど。

2020年6月試飲(2017年ヴィンテージ)

「スタジオジブリ」と「ルー デュモン」のスペシャル コラボレーション

「スタジオジブリ」と「ルー・デュモン」のスペシャル・コラボレーション
「スタジオジブリ」と「ルー・デュモン」のスペシャル・コラボレーション

スタジオジブリのプロデューサーであり、書家としても活躍中の鈴木敏夫氏が、ルー デュモンのワインラベルを手がけました。ラベルの「天地人」「Pinot Noir」「Chardonnay」の文字は、鈴木氏愛用の熊野筆にて書き下ろし。

そしてラベル右下の落款は、アニメーション映画監督、宮崎駿氏によるデザインです。またワインは、仲田さんの友人が醸造長を務めるブルゴーニュのネゴシアンが造った、南仏(IGP Pays d’Oc)産の作品からのタンクセレクションです。ピノ ノワールは、洗練された果実味に加えてほのかな樽香が楽しめるもの。シャルドネは南仏らしい、フルーティーでコクのあるものをセレクトしました。(仲田さん談)

ルー デュモン

仲田晃司氏。大学生時代にアルバイト先のフレンチレストランでワインに出会い、「いつか自分の手でワインを造ってみたい」という夢を抱いた青年は、1995年、頼るつてもなく単身渡仏。フランス語の勉強をしながら各地の醸造家の門を叩いて修行を重ね、2000年7月7日、ブルゴーニュの地にルー デュモンを設立しました。

仲田さんのワイン造りを特徴付けているのは、まさしく日本人職人的と言うべき、周りがあきれるほど細部まで徹底的にこだわる仕事への執念です。仕込むワインのテロワールや個性を研究し尽くした上で、樽の選定眼や熟成方法を駆使してワインを磨き上げます。

2003年5月、在りし日のアンリ ジャイエ翁より「自分自身のアイデンティティをワインに表現せよ」との薫陶を受け、「日本人であるということ」「自然と人間に対する真摯な尊敬の念」の象徴として、「天 地 人」が生まれました。

「ワインを通じてアジアの架け橋になれればと願っています」という仲田さん。現在ルー デュモンのワインは、日本、韓国、台湾、中国、シンガポールといったアジア諸国を中心に販売されています。(2008年8月、ジュヴレ シャンベルタン村に念願の自社カーヴを取得)

ルー・デュモン
ルー・デュモン

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品