ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>その他の国のワイン>ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 オーストリア白の新酒

ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 オーストリア白の新酒

ツァーヘル

 

Bio Wiener Heuriger

/Zahel

 

※ お届けの商品は2018年になります。

新酒 解禁日:11月11日

 

ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 オーストリア白の新酒
NEW
商品コード:2862
ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 オーストリア白の新酒

産地:オーストリア

品質分類・原産地呼称:ウイーンD.A.C.

栽培方法:有機(ユーロリーフ)

品種:シャルドネ、リースリング、グリューナー・フェルトリーナー等

タイプ:白ワイン 辛口

アルコール度数:

容量:750ml

仕様:スクリューキャップ

参考小売価格:¥3,326(税込)

販売価格:¥2,618(税抜)

¥2,827(税込)

ポイント:26Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン
タイプと価格で選ぶ > 白ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > その他の国のワイン
数量:
在庫: 20
カゴに入れる
問い合わせる

ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 オーストリア白の新酒

★“ゲミシュターサッツ”のホイリゲです。

ゲミシュターサッツとは、ひとつのブドウ畑に、複数の葡萄品種を混植し、同時収穫し、一緒に混醸するウィーンの伝統的ワイン。そのような混植混醸のワインをゲミシュターサッツと呼びます。ツァーヘルのゲミシュターサッツはシャルドネ、リースリング、グリューナー・フェルトリーナーなどのフィールドブレンドです。葡萄はウィーンの銘醸畑「ヌスベルク」の区画畑から収穫。高い品質の本格ワインとして楽しめるホイリゲ(新酒)です。

テイスティング・コメント

グリーンがかった淡いレモンイエロー。粘性は低め。香りには新鮮なリンゴや洋梨のコンポート、白桃、ライム、グレープフルーツ、白い花のアロマにハーブ、ホワイトペッパーやカルダモンなどのスパイス、鉱物的なミネラルが混じり合う。エキゾティックかつフローラルな芳香、ほんのりと甘いフェミニンな香りが魅了する。アタックはさわやかで軽快な飲み口。瑞々しくジューシーな果実味に溢れており、ピチピチと弾けるような爽快さと、ドライながら心地よい残糖感を伴う。酸味は豊かだが柔らかく、エレガントでスタイリッシュにまとめられている。程よく引き締まったキレのよいフィニッシュ。ミネラルのようなほろ苦さが余韻に残る。

2016年11月試飲(2016年ヴィンテージ)

ツァーヘル

ツァーヘル
ツァーヘル

ツァーヘルのワイナリーは1766年マリア・テレジアによって“マウワー”の小学校として建てられました。ツァーヘル家は3世代に亘ってワイン造りを行っています。わずか0.5ヘクタールの畑から、ホイリゲは4つのテーブルから始めました。今日ツァーヘルはウィーンでも最も有名な畑ヌスベルクなど、ウィーン全ての葡萄生産地に畑を持つまでに成長しました。日本へは2005年以来毎年安定した品質のホイリゲ(新酒)を輸出しており、日本市場におけるホイリゲワインの草分け的存在です。エステートのロゴの「バタフライ蝶」は自然な葡萄栽培を象徴しています。

ホイリゲとは

ホイリゲはオーストリアを代表するワインですが、ホイリゲの故郷といわれるウィーンで造られるホイリゲが本場のホイリゲと言えます。“ホイリゲ”には2つの意味があり、1つはその年収穫してできた“新酒”のことで聖マーティンの日(11月11日)から1年間ホイリゲとして飲まれます。もうひとつはそのホイリゲワインをだす“居酒屋”のことをさします。

ホイリゲ=居酒屋の歴史

ホイリゲと呼ばれる居酒屋の歴史は今から220年以上前に遡ります。マリア・テレジアの息子である皇帝ヨーゼフ2世はウィーンの葡萄農家に「自家製ワインを小売し、簡単な食事を供してよい」という特別許可を与えました。

ツァーヘル

新酒

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品