ホーム>オンラインショップ>産地で選ぶ>ドイツワイン>フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー トロッケン 2014

フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー トロッケン 2014

フリードリッヒ・ベッカー

 

Spätburgunder

Trocken

/Friedrich Becker

 

フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー トロッケン 2014
商品コード:2235
フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー トロッケン 2014

産地:ドイツ ファルツ

品質分類・原産地呼称:Q.b.A.

品種:シュペートブルグンダー100%

タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

アルコール度数:13.5%

容量:750ml

仕様:スクリューキャップ

参考小売価格:¥3,564(税込)

販売価格:¥2,805(税抜)

¥3,029(税込)

ポイント:28Pt
関連カテゴリ:
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン
タイプと価格で選ぶ > 赤ワイン > 2,001円~4,000円
産地で選ぶ > ドイツワイン
数量:
在庫: 6
カゴに入れる
問い合わせる

フリードリッヒ・ベッカー シュペートブルグンダー トロッケン 2014

シュヴァイゲン村近郊のピノ・ノワールを100%使用。オーク樽にて1年熟成。

テイスティング・コメント

鮮やかなルビー。粘性は中程度より高め。アロマは甘さのある赤い果実香が支配的でラズベリーやストロベリー、チェリーにバラ、ローズヒップ、シナモンや杉などのスパイシーなオークのヒント。どことなく涼しげな印象の中、バニラ香は控えめで、ムスクや森林、ミネラルのニュアンスがありフルーティーさと野生味に満ち溢れている。アタックはなめらかで大変にジューシーな果実感、それでいて辛口に仕上がっており引き締まった酸とのバランスがよい。甘みを感じさせる程のリッチさと、キメ細かなタンニンが溶け込む優しい味わいが特徴で、ミネラルを含み、コクのあるしっかりとした構造をもつ。比較的軽やかながら旨みと充実したアルコール分が楽しめる上、このクラスとしては突出して長く、エレガントな余韻をもつ。合わせるお料理は、鴨肉のロースト、ポークソテー、鶏肉の赤ワイン煮、ペッパーを効かせた肉料理、ベーコン、カマンベール・フォンデュなど。

2018年9月試飲

ベッカー醸造所

クライネン・フリッツ
クライネン・フリッツ

ファルツの巨大協同組合の跡継ぎだったベッカー氏は、品質へのこだわりから1973年、父の猛反対を押し切って独立します。当初は甘口や貴腐ワイン用の甘いぶどうばかり栽培していた他の農家から「ベッカーのぶどうは酸っぱくてまずい」と理解を得られぬままでしたが、わずか20年で、ワインにかける不断の努力と情熱から、ドイツのピノ・ノワールのトップの1人に登り詰めました。

2006年には、ドイツで最も権威のあるワインガイド「ゴーミヨ」誌で、今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞を受賞、さらに2004年~2012年にかけて、同誌で9年連続最優秀赤ワイン賞を受賞し、他の醸造家の追随を許しません。2008年には洞爺湖サミットでもベッカーのピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせたことも話題となりました。

醸造所のあるシュヴァイゲン村はファルツの最南端。ベッカー氏はなんとフランスとの国境を越えて畑を所有しています。20世紀前半の混乱から何度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの逸話です(歴史的背景により、所有畑がフランス・アルザスとの国境をまたがっています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によって、フランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツで醸造すればドイツワインとして販売することが可能になりました。)。

豊かな森に囲まれた地に彼は森も所有し、ワインの熟成に使用される樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用しています。「世界一エレガントなワインを造る」ことを目標に掲げ、ワイン造りに命をかけるベッカーが醸すワインは果実味に溢れ、風味豊かながらも一貫してキレイな味わいです。また、化学肥料に頼らない、自然な農法を実践しているのもベッカー醸造所の特徴の1つです。

クライネン・フリッツ
クライネン・フリッツ

 

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

関連商品