ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ドメーヌとネゴスのふたつを高水準で両立させる希有な存在「ピエール モレ」
ピックアップ情報

ドメーヌとネゴスのふたつを高水準で両立させる希有な存在「ピエール モレ」

2022127201547.jpg

ドメーヌとネゴスのふたつを高水準で両立させる希有な存在「ピエール モレ」

ピエール モレは、ピュリニー モンラッシェの銘醸であるドメーヌ ルフレーヴの醸造長を20年にわたり務めたピエール モレ氏が設立したドメーヌです。1992年にはネゴス ブランドとして「モレ ブラン」を設立し、娘のアンヌと共に高品質なワインを生産しています。

ルフレーヴがそうであるように、ドメーヌ ピエール モレでも1991年から畑をビオロジックやビオディナミで栽培し、1997年にはすべての畑をビオディナミ農法に転換しました。ピエール モレのワインはテロワールにきわめて忠実に仕上げられています。

ドメーヌとネゴスの両方を運営する造り手のワインは、ドメーヌを主、ネゴスを従ととらえられがちですが、ピエール モレの場合はそれにあたりません。ネゴスのワインはあくまでドメーヌのラインナップの補完にあり、ブドウが購入したものである以外はドメーヌ同様のケアがとられています。たとえば村名ムルソー同士をブラインドで試飲したとしても、そのブドウが栽培された区画による違いはともかく、品質的な優劣を感じることはありません。

本日は、ドメーヌ物の村名格、ムルソー レ テソンをPick Up!

ピエール モレ ムルソー レ テソン 2018
Meursault Les Tessons /Pierre Morey

新鮮なシトラス、白桃、洋梨のアロマと白い花、スパイス、ほのかな火打石のノート。そしてバター、アーモンド、ヘーゼルナッツの香り。味わいは丸く非常になめらかなテクスチャー。十分に熟したジューシーな果実味をきれいな酸味がやさしくまとめ上げる。エレガントなスタイルで背景にはミネラル感。緻密さと力強さを兼ね備え優雅な余韻へと誘う。時間の経過と共にオイリーさが増しリッチ。

合う料理
オマールや伊勢海老のソース添え、クリーム系肉料理、フォアグラ、鉄板焼き、白身魚のフライなど。

産地: フランス ブルゴーニュ地方 コート ド ボーヌ地区
品種: シャルドネ100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1202