ホーム>インフォメーション

インフォメーション

新旧ワインスタイルの融合を実現「アルファ・オメガ」

20171023235253.jpg

ナパの最高峰が集うラザフォード地区に優美に佇むブティック・ワイナリー、アルファ・オメガ。ワイン界の巨匠、ミシェル・ロラン氏をワインコンサルタントに迎え、気鋭醸造士ジョン・ホフリガー氏の指揮のもと、精力的にナパの特級畑から葡萄を買い付け、高品質なワインを生み出しています。

アルファ・オメガ・ワイナリーは、ロビン・バジェットとエリック・スクラーによって2006 年に設立されました。ロビンとエリックはワールド・クラスの最高品質ワインを造り出すために精力的にナパ全域の特級畑の葡萄を買い付けており、代表的な採用畑は10 以上にもおよび、さらに自社畑のエステートを所有するという葡萄の品質には絶対的な自信をもっています。そしてそれら高品質の葡萄を丁寧に醸造できる最新施設を建設し、万全の体制で高品質なワイン造りに臨んでいます。これらはグロワーとしての長い経験を活かしたロビンとエリックだからこそ実現することのできたブティック・プロジェクトです。

本日は、上級キュヴェ「カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー2014」をPick Up!

(※最上級キュヴェ「Era エラ」は近年最高ヴィンテージとの呼び声が高い2013年ヴィンテージにて入荷しております。日本には僅か30本のみ輸入です。割り当てのためご入り用の方はお早めにご検討ください。)

アルファ・オメガ カベルネ・ソーヴィニヨン ナパ・ヴァレー 2014
Cabernet Sauvignon Napa Valley /Alpha Omega Winery

香りにはカシスやブラックベリー、ラズベリー、ベリージャムなどの凝縮した果実香にリコリス、ドライハーブ、ミント、ブラックペッパーやシナモンなどのスパイスのノートが混じり合う。熟した、それでいて上品な芳香、広がりがよく、樽由来のバニラや白檀、ナツメグ、チョコ、カカオパウダー、トフィー、なめし革などの芳しい香りが包み込む。そして鉛筆の芯や土、ミネラルのニュアンスが続き複雑性に富む。アタックはソフトでなめらか。芳醇な果実味が瞬く間に広がるスムーズな口当たりで、口中を香り同様の香味が支配する。舌触りはしっとりとしていてシルキー、味わいは層状で高いアルコール分にも親しみやすくエレガントに仕上がっている。現時点ですでに美味しく、噛み締めるほどにジューシーなエキス分が溢れ出るかのよう。構造が豊かで、コクとともにしなやかさが兼ね備わっている。

【合わせるお料理】
牛やラム、鴨肉のロースト、スペアリブ、牛しゃぶ、すき焼き、ラタトゥイユなど。

産地:アメリカ カリフォルニア ナパ・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン85%、カベルネ・フラン9%、メルロ6%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ジュヴレ最高峰「クロード・デュガ」のネゴシアン部門「ラ・ジブリオット」

201710222374.jpg

ラ・ジブリオットは、ジュヴレ・シャンベルタン最高峰に数えられる「クロード・デュガ」のネゴシアン部門です。父クロード氏の監修の下、氏のご子息たちが手がけています。ファースト・ヴィンテージは2002年。AOCジュヴレ・シャンベルタンでは5生産者以上、シャルムなどの少量生産でも2生産者以上からの買い付け。もちろんどの生産者から買い付けているかは企業秘密です。

目指すスタイルは、エレガントで深みのあるピノ・ノワールです。ジュヴレ・シャンベルタンは銘醸地として名高い産地ですが、その中にも上質のワインを造っていても日の目を浴びていない隠れた生産者がいます。ラ・ジブリオットは、彼らのワインの中から、その年最上の出来と感じたワインのみを購入し、熟成、瓶詰めして世に送り出しています。

2015年は、全体を通して乾燥が続いたため葡萄は水分を失い凝縮し、ワインは芳醇で飲み応えのあるワインとなりました。ジブリオットにとってもワイン造りを始めて以来最高ともいえる偉大なヴィンテージです☆

本日はACブルゴーニュとジュヴレ・シャンベルタンをご紹介いたします。

ブルゴーニュ・ルージュ 2015
Bourgogne Rouge /La Gibryotte

香りにはチェリーやラズベリー、ブルーベリー、バラ、ドライハーブ、樽由来のシナモンやクローブなどのスパイス香。そしてバニラ香はやさしく新鮮な果実香を尊重し、軽いトーストやタバコ、なめし革、マッシュルームの香りが続く。アタックはソフトでなめらか。凝縮感のある豊かな果実味でパワフルにしてしなやかさを併せ持つ。キメ細かなタンニンと穏やかな酸味が溶け込んでおり味わいはマイルドで、その中にもしっかりとした構造をもつ。広域ブルとしては、味わいの凝縮度、目の詰まり具合、充実感という点において群を抜く。甘辛のバランスが絶妙、アフターフレーヴァーの広がりも素晴らしい。

【合わせるお料理】
牛・鴨肉のロースト、鶏肉の赤ワイン煮込、ジビエ、ソーセージ類、マグロのカルパッチョなど。

品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

 

ジュヴレ・シャンベルタン 2015
Gevrey-Chambertin /La Gibryotte

香りにはカシスやラズベリー、プラムジャムなどの甘い果実香にスミレ、バラのドライフラワー、ドライハーブ、芳しいオークの香りがアクセント。樽からは品の良いバニラ、クローブやシナモンなどのスパイス、黒砂糖の香り。そしてなめし革、枯れ葉、マッシュルームの香りが続きミネラルのヒントが洗練さを与える。アタックはなめらかで力強い果実感。充実したエキス分とともにしっかりとしたタンニンが感じられ、程よいボリューミーさと骨格が感じられる。現時点では(2017年10月)グラスに注いですぐはバニラ、樽感をやや前に感じるが嫌みが毛頭なくエレガント。じんわりと旨みが広がり若くフルーティーな風味が楽しめる。リッチでコクがありタンニンはビロードのよう。既に美味しいが更なる熟成も期待できる。

【合わせるお料理】
牛や鴨肉のロースト、ジビエ、鶏肉やマグロの赤ワインソース煮、寿司、ウオッシュチーズなど。

品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

フルボディにも重すぎないのが良い「セラーズ・カン・ブラウ ブラウ」

2017102105512.jpg

旧来のフミーリャのイメージ刷新の立役者となった生産者、ボデガス・フアン・ヒル。ワイン・アドヴォケイトで極めて高い評価を受け、世界的な注目をフミーリャに向けさせました。セラーズ・カン・ブラウはそのボデガス・フアン・ヒルをはじめとするヒル・ファミリー・エステーツのブランドの一つです。ヒル・ファミリーで唯一の女性ワインメーカーが指揮を執り、ワインは華やかでエレガント、複雑さのあるスタイルが形成されます。因みにブラウは「青」の意味。光を受けたモンサンの土壌が青く見えたことに由来し、印象的なラベルデザインは教会のステンドグラスをイメージしたものです。

本日は、セラーズ・カン・ブラウ ブラウ 2014をご紹介いたします☆

セラーズ・カン・ブラウ ブラウ 2014
Blau /Cellers Can Blau

香りにはブルーベリーやラズベリー、プルーンなどの果実香、ラベンダー、ドライハーブ、シナモンやペッパーなどのスパイスのノートが混じり合う。独特の野性味が感じられるアロマ。そして強すぎないトースティなオークの要素が心地よいアクセントとなり、ミネラルが洗練さを与えている。アタックはソフトでなめらか。生き生きとした豊かな果実味が広がり、味わいは丸くバランスの良さが光る。適度にミネラリーで、フルボディにも重すぎないのが良い。キメ細かなタンニンと上品な酸味が溶け込んでおりシルキーなテクスチャーと、辛口にしてほんのりと熟した果実のような甘さを伴う。スムーズな飲み心地で、アフターフレーヴァーの広がりがある。

【合わせるお料理】
子羊のロースト、豚レバーのパテ、肉煮込み料理、ソースを使った肉・野菜料理、ソーセージ、パスタなど。

産地:スペイン カタルーニャ州 モンサン
品種:カリニェナ50%、シラー25%、ガルナッチャ25%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

アブルッツォの雄「ファルネーゼ」のメーカーズ・ディナー

ファルネーゼのメーカーズ・ディナーにご招待いただきました

辛口評価で知られるグイダ・ディ・ヴィニ・イタリアーニで幾度となく最優秀生産者に選出されている実力派ワイナリー、ファルネーゼ。日本ではワイン漫画「神の雫」にて「カサーレ・ヴェッキオ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ」が何度か掲載されワイン愛好家の間では知らない人がいないほどの人気ぶり。

今回、ファルネーゼの代表取締役であるヴァレンティーノ・ショッティー氏とご子息が来日されるということでプレミアム・メーカーズ・ディナーが開催されました。会場は、ザ・リッツ・カールトン大阪 イタリア料理スプレンディード。イタリア・マルケ州出身のオリアナ・ティラバッシ料理長の美しいアーティスティックなお料理とファルネーゼ・ワインとのマリアージュを堪能させていただきました。お料理はコースで、ワンディッシュ&ワングラス。素晴らしいお料理と合わせるワインはどれも見事に共鳴し、感動的で、まさに至福のひとときでした。

インポーターである株式会社 稲葉では定番のファルネーゼ。実は当店も開業して以来(10年)ずっと定番のアイテムです。今回、お食事とともにワイナリーのコンセプトやワイン造りに携わるグロワーや醸造家、関係者の方々との信頼関係、また今後の展望などをお伺いできました。ヴァレンティーノ氏が発する言葉、一語一語が熱く、とても情熱的な人柄が表れていました。今後もますます目が離せない生産者です。

今回はたいへん貴重な体験をさせていただきました。ヴァレンティーノ氏をはじめワイナリー関係者様、インポーター:株式会社 稲葉の皆様、素敵な夜をありがとうございました☆

★「ファルネーゼ」のワインはこちら

★「ファルネーゼ・グループ」その他のワインはこちら

2017101914339.jpg
2017101914359.jpg
2017101914427.jpg
201710191468.jpg
2017101914630.jpg
2017101914656.jpg
2017101914712.jpg
2017101914729.jpg

メゾンの長い歴史に敬意を称して造り上げたスペシャル・キュヴェ「ベ・ド・ベ」

20171018145824.jpg

170年の歴史ある、ベスラ・ド・ベルフォン。高い割合で特級と一級の葡萄を使用して生産されるシャンパーニュは、ティラージュリキュールの使用は最小限であり、その結果、生じる泡はより軽く、より穏やかなものです。また、独自のフレッシュなスタイルと自然な酸が熟成の先まで続くための判断として、マロラクティック醗酵を行っていません。

伝統を守り尊重するとともに、更にエレガントでフィネスに優れた「食事と共に楽しめるシャンパーニュ」のスタイルを確立し、20 年以上継続してパリの「オルセー美術館」公式シャンパーニュであり、昨年からは「ルーヴル美術館」の公式シャンパーニュにも選定されています。

本日は、美食家の為のシャンパーニュ「ベスラ・ド・ベルフォン」から、メゾンの長い歴史に敬意を称して造り上げたスペシャル・キュヴェ「ベ・ド・ベ NV」をご紹介いたします。クリーミーなスタイルを維持し素晴らしいハーモニーを表現したイニシャル・シャンパーニュです☆

ベスラ・ド・ベルフォン キュヴェ ベ・ド・ベ NV
Cuvée B de B /Besserat de Bellefon

アロマは繊細で、洋梨やアプリコット、オレンジピール、白い花を思わせ、焼きたてのパンやミルク、ビスケット、ブリオッシュ、アーモンドなどの芳しい香りが混じり合う。その後、濡れた石、チョーク、ややスモーキーさのあるミネラルのノートが現れ、膨らみ豊かで上品なアロマ、複雑にして見事に洗練さを醸し出す。口に含むとなめらかでクリーミーなテクスチャー。香り同様に味わいも繊細で、果実味の純度は極めて高いもの。調和のとれた酸の刺激が心地よく、しっかりとした骨格の中にもそのクリーミーさはまさにベスラ・ド・ベルフォンの真骨頂と言えしなやかで官能的、凝縮した果実感で満たされる。優雅さと力強さを兼ね備えており、フィニッシュは軽くスパイシーで、果実のフレーヴァーとともに柔らかな酸の余韻が感じられる。

【合わせるお料理】
前菜、シーフードのマリネやカルパッチョ、海老料理、寿司、東洋系のスパイシー料理など。

所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:シャルドネ45%、ピノ・ノワール45%、ピノ・ムニエ10%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

大地のエネルギーを感じるオーガニック・シャンパーニュ「トリプル・ベー」

2017101623390.jpg

本日は、美食家の為のシャンパーニュ「ベスラ・ド・ベルフォン」から「トリプル・ベー ブリュット・ナチュール」をご紹介いたします。

このキュヴェは、健康的で耐久性のある状態の畑、テロワール、土壌を次世代に繋いでゆくことをコンセプトに造られたオーガニックのシャンパーニュです。果実味は鮮やかで力強くもエレガント。熟成を経てもなお躍動感が漲っておりミネラリーで、大地のエネルギーがひしひしと伝わってきます。

ベスラ・ド・ベルフォン トリプル・ベー ブリュット・ナチュール 2012
Triple B Brut Nature /Besserat de Bellefon

香りにはアプリコットやピーチ、リンゴ、マンダリンオレンジ、アカシア、スイカズラ、ジンジャー、そしてほんのり甘い蜂蜜のニュアンス。続いてチョーク、スモーキーなミネラルのノート、ヘーゼルナッツやビスケット、トーストなどの芳しい香りが包み込み複雑性が増す。口に含むとシルクのようになめらかでフレッシュ。鮮やかな果実味はとても力強くもエレガントで、酸とのバランスがとれている。キメ細やかでしっかりとした構造をもち、ピュアで、爽快感が口中を駆け回る。熟成を経てもなお躍動感が漲りミネラリーで、大地のエネルギーがひしひしと感じられるエレガントな仕上がり。優雅で長く続くアフター。果実と、ややスモーキーな余韻とともに心地よい塩気を伴う。

【合わせるお料理】
食前酒、魚介のグリルやマリネ、寿司、海老料理、白身肉を中心とした料理など。

所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:ピノ・ノワール45%、ピノ・ムニエ35%、シャルドネ20%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

美食家の為のシャンパーニュ「ベスラ・ド・ベルフォン」

20171015235927.jpg

1930 年、当時パリで最高級のレストランであった"La Samaritaine de Luxe" からの要望をうけ、「デリケートで軽やかな泡の、食事全てを通して楽しめるシャンパーニュ」を造り上げたメゾン“ベスラ・ド・ベルフォン”。食中酒としてのシャンパーニュというコンセプトのもとに造られた、この“キュヴェ・デ・モワン”はメゾンの看板商品であり、今も世界中のグルメに愛されています。

キュヴェ・ド・モワンは食事に合う傑作ワイン

キュヴェ・ド・モワンは80年以上の歴史ある、最高品質のシャンパーニュを使用した特別であり唯一の製法の代表作です。高い割合で特級と1級のワインを使用して生産しています。ティラージュ・リキュールの使用は最小限であり、その結果、生じる泡はより軽く、より穏やかです。深さのある新しいセラーはゆっくりとした瓶内二次発酵を可能にし、なめらかで持続性のある泡の発展を促進します。繊細な泡と泡立ちの軽さはクリーミーな風味を与えています。くちに含んだ瞬間からその「感覚」を感じるでしょう。キュヴェ・ド・モワンは食事に合う傑作ワインとして特別に作られたシャンパンなのです。

本日はスタンダードのブリュットとロゼをPick Up!

共にガス圧が弱めで軽やか、繊細かつクリーミーな泡が特徴のエレガントなスタイルです。

キュヴェ・デ・モワン ブリュット NV
Cuvée des Moines Brut /Besserat de Bellefon

香りには白い花、白桃、洋梨、リンゴのコンポートなどのフルーティーな果実香にジンジャー、レモンの薄皮、チョーク、石灰的なミネラルのノート。そしてブリオッシュやヘーゼルナッツ、軽いトーストのニュアンス、ほんのりと甘い蜂蜜のような香りが現れる。口に含むとなめらかで繊細な発泡が心地よく、果実味は力強く繊細で活気に満ち溢れている。ミネラルを含むしっかりとした構造、やや高めのドサージュ(9g/L)で親しみやすくもエレガントに仕上がっている。甘味と酸のバランスが良く、フルーティーな味わいの中にも上品で落ち着きがある。

【合わせるお料理】
鶏肉と茸のクリーム煮、海老ソテーのアボカドムース添え、アスパラガスのチーズ生ハム巻き、寿司、鮎の塩焼きなど。

所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:シャルドネ35%、ピノ・ノワール20%、ピノ・ムニエ45%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

 

キュヴェ・デ・モワン ブリュット・ロゼ NV
Cuvée des Moines Brut Rosé /Besserat de Bellefon

香りにはストロベリーやチェリー、ピンクグレープフルーツ、ミカン、ライム、バラの花びら、サンザシ、フェンネル、アニスのアロマ。そして仄かなスモーク香、ナッツやアーモンドのような香ばしさや、土壌由来のチョーク、濡れた石、ミネラルのニュアンスが現れ複雑性が増す。口に含むと爽やかで力強い果実味ながら、繊細な発泡が何とも小気味よくエレガント。柔らかな酸とのバランスがよく鮮やかですっとするような軽快さと、そこにフィネスがしっかりと感じられる程よいボディ感を備えている。フルーティーな辛口のロゼ、果実とスパイスが混ざり合う優雅な余韻へと誘う。

【合わせるお料理】
鶏・豚肉を中心とした料理、鴨肉やオマールのロースト、サーモン(トマトソース)、マグロの刺身、天ぷら、寿司など。

所在地:シャンパーニュ地方 エペルネ
品種:シャルドネ30%、ピノ・ノワール30%、ピノ・ムニエ40%
タイプ:スパークリングワイン ロゼ 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

ロワール・ヴァレーのリーダー「ジョセフ・メロ」

2017101504025.jpg

ドメーヌ・ジョセフ・メロは、1513年にピエール・エティエンヌ・メロによって設立されたワイナリーです。以降5世紀に渡り、ファミリーは葡萄栽培とワイン造りに変わらぬ情熱と技術向上を持ち続け引き継いできました。1698年には、セザール・メロが“ルイ14世”のワイン選定アドヴァイザーという大役にも任命されています。1984年からは、アレクサンドル・メロ(ジョセフ・メロの息子)と妻のカトリーヌ・メロがワイナリーを引き継ぎ、さらに成功へと導いています。

現在、中央ロワールを代表する6つのアペラシオンを生産する唯一のドメーヌであり、所有する90ヘクタールの畑からそれぞれの素晴らしい葡萄の特性とテロワールを発揮したワインを造り上げています。今日、サンセールにおいて最も大きなドメーヌであるとともに紛れもなく最も名門のドメーヌであると言えます。

ジョセフ・メロ サンセール・ブラン ラ・シャテレニー 2015
Sancerre Blanc La Chatellenie /Joseph Mellot

アロマは新鮮でフルーティーな果実香。ピーチや洋梨、ライムの香りに微かにマンゴーのような甘さがあり、レモングラスやグリーンハーブ、トマトの葉、ジンジャーの香りが混じり合う。そして石灰、火打石、ミネラルのノート、サンセールに見られる典型的なスモーキーさが現れる。アタックは爽やかでなめらか。表情豊かな果実味が伸びやかに広がり爽やかさの中にも旨みが集約されている。独特の強いミネラルは硬質にして繊細、近づきやすくもエレガントで品格が備わっている。一貫してアロマティックで、香味のひろがりが素晴らしい。心地よい収斂性がありフィニッシュのキレが良い。

【合わせるお料理】
スモークサーモン、焼き魚、刺身やカルパッチョ、寿司、和食、シェーヴルチーズなど。

産地:フランス ロワール地方
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

ミュスカデの伝道師「ジェレミー・ユシェ」- クロ・レ・モンティス -

201710120351.jpg

『土壌と古木に合わせた仕事を適応させて、過度に干渉することなく可能な限り明確に畑を表現させること、それが最上の畑仕事だ。』と語る当主ジェレミー・ユシェ氏。

クロ・レ・モンティスの区画はグレーヌ湿原の中、南北に隆起したところに位置しており、表土は砂、シルト、岩、砂岩が多く見られる土壌です。北部は表面的で、1924年、1922年、1917年そして1914年からの古木が多く植樹されています。南部は南西向きの斜面になっており、砂とシルトからなる粘土質で“La Tache”と呼ばれる区画になります。母岩は非常に硬質な青緑色の火成岩である角閃岩と変斑糲岩です。すべての畑は2001年からサステーナブルな有機農法を採用しており、Agriculture Biologiqueの認証を取得する予定です。25年前から化学肥料を使っていません。そのため、葡萄樹は深く根を下ろし、土地のミネラルとテロワールの深淵さを反映させるのです。

ジェレミー・ユシェ クロ・レ・モンティス ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー 2015
Clos les Montys Muscadet Sèvre et Maine Sur Lie /Jérémie Huchet

香りにはリンゴや洋梨、ライムなどの新鮮な果実香にアカシア、ハーブ、ミネラルのノート。そして濡れた石、貝殻、チョーク、イーストのニュアンス。心地よい塩気が感じられる洗練された趣。アタックは爽やかでなめらか。生き生きとした果実味が伸びやかに広がり、味わいはシトラス、洋梨を思わせる。鮮明な酸味にも嫌みが微塵もなくエレガントな仕上がり。むしろミネラルとともに酸味が溶け込んでおり輪郭がくっきりとしつつ丸みを帯びている。さっぱりとした飲み口ながら旨み十分の辛口、引き締まった酸の余韻が心地よい。

【合わせるお料理】
寿司、牡蠣、白身魚の塩焼き・フライをはじめ魚介や甲殻類を中心とした料理、和食、グリーンアスパラのバターソースなど。

産地:フランス・ロワール
品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

ローヌ南部のスーパースター「ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ」- リラック・ルージュ

2017101023232.jpg

「ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ」は、コート・デュ・ローヌ南部のスーパースター、クリストフ・デロルム氏が手掛けるワインです。テロワールをリスペクトし、本物を造ることに尽力している彼のワイン造りのスタイルは、マニュアルは一切なく感性によるものが大きいといいます。ヴィンテージ毎に醸造方法は異なり、その年その年の多彩な個性を見事に表現しています。

本日は、リラック・ルージュを飲み比べ。ヴィンテージはともに2014年です。ぜひグリルした肉料理や牛ステーキ、ジビエなどとお楽しみください☆

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・ダム・ルス 2014
Lirac Rouge La Dame Rousse /Domaine de la Mordorée

香りにはプラムやラズベリー、ラベンダー、ローズマリー、ブラックペッパーやクローブなどのスパイスのノート。フルーティーかつ華やかなアロマにも洗練された趣。軽いスモーキーなニュアンスになめし革、岩石、ミネラルのヒント。アタックは強くなめらか。骨格のあるしっかりとした構造、品格があり凝縮した果実味が広がる。自然で果実の純粋さそのままに、仄かな甘みのまわりを特徴的なスパイスと、コーヒーのようなほろ苦さがコーティング。集約された旨みと高いアルコール分が感じられ、タンニンはキメ細かでしなやか、酸とのバランスが優れている。口当たりがスムーズで非常に綺麗なフィニッシュ、アフターの余韻が長く楽しめる。

品種:シラー60%、グルナッシュ40%
タイプ:赤ワイン フルボディ

 

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ リラック・ルージュ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2014
Lirac Rouge La Reine des Bois /Domaine de la Mordorée

香りにはプラムやブラックベリー、カシスリキュールなどの凝縮した果実香にラベンダー、リコリス、ハーブ、ブラックペッパーやクローブなどのスパイスのノート。そして軽いロースト香、バニラやコーヒー、香木の香り、紅茶、なめし革、砕いた岩のニュアンス。複雑性がありミネラルが洗練さを与えている。アタックはなめらかで継ぎ目のないシルキーな舌触り。艶っぽさ、質感がありキメ細かなタンニンが酸とともに綺麗に溶け込んでいる。純粋にして見事なまでの構造化。ふくよかな果実味が充実し味わいはリッチで、ボリューム感が楽しめる。ミネラルを含んでおり過熟感のないエレガントな仕上がり。口当たりがスムーズで、長く続く余韻を持つ。品質としてはかなりの上級レベル、あのシャトーヌフ・デュ・パプを彷彿とさせる。

品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!