ホーム>インフォメーション

インフォメーション

その美しさ、明るさ、輝き、大きさ...まるで満天の星空のよう。「シデレウス」

20191211232852.jpg

その美しさ、明るさ、輝き、大きさ、荘厳さ... それはまるで満天の星空のよう。

シデレウス トスカーナ・ロッソ

トスカーナの物理学者ガリレオ・ガリレイの著書『シデレウス』の名を冠したモダン・トスカーナワイン。サンジョヴェーゼを主体にメルロとシラーのブレンドです。スミレと熟したプラムの香り。アルコール感のあるしっかりとした味わいながら重たさを感じさせず、“口溶けの良さ”が感じられます。

生産者は、世界のマーケットのニーズに対応すべくヴェネト、トスカーナ、シチリアをはじめイタリアの主要なワイン産地でワイン造りを行っている“プロヴィンコ”。

プロヴィンコ シデレウス トスカーナ・ロッソ 2016
Sidereus Toscana Rosso /Provinco Italia Spa

香りは熟したプラム、チェリーのコンポートなど甘い果実香が広がりスミレやローズヒップ、リコリス、キャラメルのヒント。ほのかにスパイシーな香りが心地よいアクセント。口に含むとソフトでなめらか。アルコール感のあるしっかりとした果実味ながら重たさを感じさせず上品で、フレッシュな酸が味わいを支える。“口どけ”が良くじんわりと広がる風味。集中度があるが軽やかに杯が弾み、タンニンがキメ細かく溶け込んでいる。全体に柔らかなフルボディで、飲みやすい印象を受ける。

合わせるお料理
鴨肉のロースト、豚肉のプラムソース、煮込みハンバーグ、ジェノベーゼやミートソースのパスタ、お好み焼きなど。

産地: イタリア トスカーナ
品種: サンジョヴェーゼ50%、メルロ25%、シラー25%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

ミシェル・グロ第3のモノポール 「オート・コート・ド・ニュイ オー・ヴァロン」

2019121119470.jpg

ミシェル・グロ第3のモノポール「オート・コート・ド・ニュイ オー・ヴァロン」

2014年を皮切りにリリースされたモノポール「フォンテーヌ・サン・マルタン」に続いて、同じオート・コートのエリアから第3のモノポール『オー・ヴァロン』が誕生しました。畑はマレイ・レ・フュッセイ村にあり標高は425~440m。ファースト・ヴィンテージは2016年です。南向き斜面の恩恵を受け果実味豊かで、オート・コートの他のキュヴェと比較すると、酸は優しくシルキーなタンニンが溶け込んだバランスの良い味わいに仕上がっています。

ドメーヌ・ミシェル・グロ ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ オー・ヴァロン 2017
Bourgogne Hautes-Côtes de Nuits Au Vallon /Domaine Michel Gros

ブラックチェリーやレッドチェリー、ラズベリーの香りに、カルダモンやペッパー、スミレ、紅茶葉、タバコのヒント。新鮮かつ野性味があり金属的なミネラルのニュアンスも感じられる。口に含むとなめらかでしなやか。タンニンがシルキーで、中庸のボディに、酸味は穏やかで調和がとれている。果実味は鮮やかでジューシーだが、過熟感が無く口中隅々まで広がり充実感がある。まろやかで、早いヴィンテージから楽しめる一本。アフターの広がりがよく新鮮な果実のフレーヴァーが持続する。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、ジビエ、北京ダック、軽くスパイスを効かせた肉料理、ベーコン、焼き鳥など。

産地: フランス ブルゴーニュ オート・コート・ド・ニュイ
品種: ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

商品ページはワイン名をClick

可憐に咲き誇る一輪のバラ「モンジャール・ミュニュレ レ・ダム・ユゲット」

20191210124716.jpg

可憐に咲き誇る一輪のバラ「モンジャール・ミュニュレ レ・ダム・ユゲット」

ときに一輪のバラは、女性の美しさ・強さの象徴と言われ、このラベルに描かれた黒背景の中ではその鮮やかさが一際映える。

ワインは熟した果実の魅力的な香り…、
繊細さと力強さを合わせ持っておりフルーティーな果実と花束、フローラルな風味が口中に漂う。

一輪のバラの花言葉は「一目惚れ」とあるが、
このワインもまた飲み手を惑わすに十分な妖艶な雰囲気を醸し出している。

先日のワイン会でも大好評だったピノ・ノワールです。2017年VT超おすすめです☆

ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ レ・ダム・ユゲット 2017
Bourgogne Hautes-Côtes de Nuits Rouge "Les Dames Huguettes" /Domaine Mongeard-Mugneret

香りはよく熟したラズベリー、チェリーリキュール、赤い花を想わせる魅力的なアロマで、ほんのりとスパイス、新鮮なハーブが香る。そしてなめし革や紅茶、下草のヒント。次第に花の蜜、とろけるような甘い香りが鼻腔をくすぐる。口に含むとソフトでしなやか。舌触りはしっとりとしていて広がりが良い。シルキーで、キメ細かなタンニンと上品な酸とのバランス。果実の熟度を感じつつ洗練されていて、引き締まった酸の余韻が心地よい。甘辛度が絶妙のバランス。余韻にジューシーな果実のフレーヴァー。

合わせるお料理
牛肉のカルパッチョ、牛や仔羊・鴨肉のロースト、ジビエ、鶏肉の香草焼きやトマト煮、赤身マグロの醤油漬け、寿司など。

産地:フランス ブルゴーニュ地方
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアム~フルボディ

商品ページはワイン名をClick

第17回ワインの気持ち Report

2019128192338.jpg
2019128192356.jpg

ワイン会「ワインの気持ち」にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

テーマ「秋の収穫を祝おう!そして来年に向けて」

今回は初参加の方が多く(12名中の半分、6名)スタート時こそ緊張されている方がいらっしゃいましたが、ワインを一杯、また一杯とグラスを傾ける毎に緊張が解け和気あいあいとした雰囲気で、会を進めることが出来ました。

「秋の収穫を祝おう♪」

スタートは爽やかでシャープな酸が果実味を引き立てるマコネの白のヌーヴォーで乾杯♪

■蜜リンゴや洋梨のコンポートを想わせる魅力的な香りにうっとり。
マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー キュヴェ・トラディション 2019 /ルイ・テット

■樹齢100年の葡萄から造られる貫禄のプリムール
ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール セレクション・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ド・サンタン 2019 /シャトー・ド・ブラスレ・ロワ

改めて乾杯♪シャンパーニュ・ロゼ

■銘醸クリュッグが認めるアンボネイ村の実力派R.M.
ブリュット・ロゼ グラン・クリュ キュヴェ V NV /スゴンデ・シモン

■『フーバーさんの樽のオーナーになろう!』のワイン
マルターディンガー・ビーネンベルク ヴァイサーブルグンダー トロッケン H 2017 /ベルンハルト・フーバー

■咲き誇る一輪のバラ
オート・コート・ド・ニュイ・ルージュ・レ・ダム・ユゲット2017 /モンジャール・ミュニュレ

■業界に衝撃を与えたチリワイン「ヴィーニャ・エラスリス」
ドン・マキシミアーノ ファウンダーズ・リザーヴ カベルネ・ソーヴィニヨン 2015 /ヴィーニャ・エラスリス

【ケータリング】
セカンドキッチン オイシイデリさん
金沢市京町11‐17 Tel/Fax 076‐251‐3160

ワインを飲み比べることで新たな発見ができたかと思います。また、このワイン会を通じて、たくさんのワイン仲間と出会い、親睦(楽しいワインの絆)を深めていただけたらと思います。

※画像に写っている参加者様にはSNSに掲載する旨、ご了承いただいております。

2019128192415.jpg

ドイツ ファルツで躍進!日本人のケラーマイスターの挑戦「ベルンハルト・コッホ」

20191269169.jpg

ドイツ ファルツで躍進!日本人のケラーマイスターの挑戦「ベルンハルト・コッホ」

兵庫県出身の日本人、坂田千枝さんがケラーマイスターを勤めるドイツ ファルツの生産者「ベルンハルト・コッホ」。当店では既にリースリングで造られるゼクトが好評を得て定番となりましたが、今回は白ワインと赤ワインを飲み比べるプチ・テイスティング・セミナー。白ワインはフレッシュでスッキリとしたスタイル、赤ワインは温暖な気候に恵まれた熟した果実のアロマが魅力的。新たな発見もあり有意義なひとときでした。

本日はシャルドネとシュペートブルグンダーをご紹介します。

ベルンハルト・コッホ シャルドネ フォン・レス Q.b.A. トロッケン 2018
Chardonnay "vom Löss" trocken /Weingut Bernhard Koch

アプリコットや白桃、メロン、爽やかなライムの香り。そしてチョーク、石灰的なミネラルのヒント。白い花やほんのり蜜のような甘さが感じられ、洗練された趣がある。味わいはしっかりとしていて純粋。実直な個性を持ちミネラルを芯に果実味が生き生きとしている。調和のとれたキメ細かな酸味が味わいに透明感を与えドライ感のあるさっぱりとした後味が印象的。余韻に果実のフレーヴァー、過熟無く搾りたての果汁の様で、ミネラルのほろ苦さが心地よいアクセント。

 

ベルンハルト・コッホ シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2017
Spätburgunder trocken /Weingut Bernhard Koch

香りはフレッシュかつチャーミングなラズベリーやチェリーのアロマが印象的で、他に紅茶や森林、ミネラルのヒント。澄んだ透明感がある。口に含むとジューシー。エキス分が充実し溢れんばかりに広がる果実味は親しみやすく程よい残糖感と併せてアルコール感が支配する。柔らかな口当たりで香り同様に味わいもまたクリアー。ミディアムボディで飲み心地が良い。快活で、調和のとれた酸味が余韻を引き伸ばし後に果実のフレーヴァー、持続性がある。

ベルンハルト・コッホのワインはこちら

営業時間短縮のお知らせ(12月7日)

201912692247.jpg

営業時間短縮のお知らせ(12月7日)

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

12月7日(土)は「ワイン会」のため、18時までの営業とさせていただきます。

営業時間
12月7日 11:00~18:00

12月8日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

店内の装飾がクリスマス仕様になりました☆

2019121193837.jpg
2019121193946.jpg

2019年も残すところ一ヶ月をきり店内の装飾もクリスマス仕様になりました☆

クリスマスや年末・年始を控えた12月は一年の内で、シャンパーニュをはじめとしたスパークリングワインの需要が一番高まる時期です。またハレの日の乾杯やご贈答用にも最適ですし、なにより幅広いお料理とあわせやすいのが嬉しいですね。

テーブルを華やぐお気に入りのスパークリングワインが見つかりますように。

2019121193923.jpg
201912119397.jpg

年産わずか300本!満を持して登場「バターフィールド コルトン ブラン GC」

20191129235337.jpg

年産わずか300本!満を持して登場「バターフィールド コルトン ブラン GC」

ボーヌをこよなく愛する熱い男、デイヴィット・バターフィールドから待望のコルトン・ブランが入荷しました。斬新なビジュアルと予想を遥かに上回る味わいで話題をさらったスーパー・ガレージ・ブルゴーニュ。ラベルに描かれた、シンプルかつインパクトのある大きな「B」の文字は、彼の想いである “Beaune”、 “Beautiful”、 “Butterfield” の頭文字を表しており、彼の『ボーヌの美しさ』を追求する情熱がしっかりと詰め込まれています。

バターフィールド コルトン・ブラン グラン・クリュ 2017
Corton Blanc Grand Cru /Butterfield

香りはアプリコットやピーチ、マンゴーなど完熟果実のアロマにリンゴのコンフィやシナモン、アニス、蜂蜜のヒント。そして繊細で心地よい樽のニュアンスにバニラや焦がしキャラメル、ヘーゼルナッツの香りが広がる。他にトリュフやバター、塩気、スモーキーなミネラル、火打石の香り。口に含むとスムーズでしなやか。リッチでふくよかなボディをもつ濃密な味わいながら、実にエレガントで、見まがうことのないグラン・クリュたる存在感。酸味は穏やかで調和がとれており精緻なミネラルが織りなす美しい構造・奥行をもつ。大らかで包み込むようなキャラクター、気高さと凝縮した味わいに酔いしれる。充実感がありそのフレッシュさが素直に美味しい。もちろん熟成のポテンシャルも秘め、余韻が長く持続性がある。

合わせるお料理
魚介の鉄板焼き、ブール・ブランソースを添えたエビや鯛のロースト、鶏肉のクリーム煮、ふぐ、寿司、白身魚の天ぷらなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コルトン グラン・クリュ
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

豊かなミネラル感と美しい酸とのバランス。「ジャン・ルイ・シャヴィー」

2019112913129.jpg

豊かなミネラル感と美しい酸とのバランス。複雑で、気品のあるピュリニー

「ジャン・ルイ・シャヴィー」

懐かしきジェラール・シャヴィー。

ピュリニー随一のコストパフォーマンスの高さで人気を博していたドメーヌでしたが、2002年にジェラールが引退。その後は2人のご子息、兄ジャン・ルイと弟アランが畑を半分ずつ分割相続して独立しました。

清涼感とフィネスに溢れていた父ジェラールのスタイルを受け継ついだのは兄ジャン・ルイでした。ピュリニーならではの豊かなミネラル感や美しい酸とのバランスを重視し複雑で気品のあるワインには、たっぷりとしたミネラルの旨味が感じられます。

本日は一級シャン・ガンとピュリニー村産のブドウでつくるレジョナルをご紹介します。

まずは一級シャン・ガン、樹齢45年以上のVV。

ジャン・ルイ・シャヴィー ピュリニー・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シャン・ガン 2016
Puligny-Montrachet 1er Cru Les Champs Gains /Jean-Louis Chavy

香りはサンザシ、レモングラス、オレンジの花、ファジーネーブル、グリーンアップル、石灰的なミネラルのヒント。次第に熟れたトロピカルフルーツの香りが増していき、さらにヘーゼルナッツやバター、蜂蜜の香りが現われる。口に含むとスムーズ。旨みのあるジューシーな風味が染み渡り繊細にして素晴らしい凝縮味と質感をもつ。若々しいが、これはこれで現時点でも素直に美味しい。ミネラルを含む柔らかなボディ感に包み込むような寛大さと優雅さが感じられる。樽感も強すぎずピュアで、エレガントなスタイルが見事に確立されている。

合わせるお料理
仔牛の蒸し焼き、オマール、魚の網焼き、スモークサーモンのカルパッチョ、寿司、天ぷら、エビとサフランのリゾットなど。

 

続いてレジョナル。

ジャン・ルイ・シャヴィー ブルゴーニュ シャルドネ 2017
Bourgogne Chardonnay /Jean-Louis Chavy

香りはレモンやグレープフルーツ、ピーチ、野生の白や黄の花、カルダモン。そしてスパイシーなオークの香りに、特徴的な火打石やミネラルのヒント。なめらかで爽やかなアタック。繊細だが、ミネラルが充実し芯が強く果実味は集約感がある。酸味はキメ細やかでバランスがとれており活気のある心地よい酸度と、中庸のボディ感を携える。伸びやかで包み込むようなテクスチャー。フィニッシュはフレッシュ、余韻は長く洗練されている。

合わせるお料理
海老、魚の網焼きや蒸し焼き、寿司、フグ料理、天ぷら、鶏肉のソテーなど。

品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

知られざる有名生産者「ドメーヌ・ド・ラ・シュペット」

20191127231123.jpg

知られざる有名生産者「ドメーヌ・ド・ラ・シュペット」

サントネイ村に1930年代から続くヴィニュロンの名家ギュトラン家が営む「ドメーヌ・ド・ラ・シュペット」は、ジャン・クリストフとフィリップの双子の兄弟が3代目当主としてワイナリーを切り盛りしています。

畑はピュリニー、シャサーニュ、サントネイに13haを所有。隣接するこの3つのAOCのテロワールの違いを鮮明に表現するべく基本的な栽培や醸造方法はもちろん、50%の新樽率や熟成期間まであえて全AOC一律にするというこだわりを持っています。

ワインはこれまでの顧客、レストランやワインショップ等で長年人気を博しており、新ヴィンテージのリリースと同時に予約で完売してしまうそうで、最近になってようやく日本市場でも見かけるようになりました。

本日は平均樹齢60年の古木、ュリニー・モンラッシェをご紹介します。

ドメーヌ・ド・ラ・シュペット ピュリニー・モンラッシェ 2017
Puligny-Montrachet /Domaine de la Choupette

香りはナッツ、トーストなどの香ばしさにサンザシやレモングラス、ライムを想わせる。そしてピーチ、花の蜜、バター、スモーキーなミネラルのヒント。奥行を感じる複雑で力強いアロマとブーケ。アタックは艶っぽくスムーズ。張りのある豊かな酸だが丸みを帯びておりフレッシュな果実のエキス分が調和している。2017年は綺麗な酸を感じながら比較的ボディは厚くより凝縮した味わいが堪能できる。もちろんアペラシオン特有のミネラル感は違わず存在し、テクスチャーがキメ細やかで味わいは充実感がある。申し分の無い凝縮味で、ボディ感と香味の広がりがマッチする。

合わせるお料理
仔牛やオマール海老の蒸し焼き、クリーム系の鶏や豚肉料理、アワビや野菜の天ぷら、寿司など。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 ピュリニー・モンラッシェ
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick