ホーム>インフォメーション

インフォメーション

リーズナブルな価格ながら味わいはリッチ「アヴィア・ペルヴィア・プリミティーヴォ」

20176282116.jpg

プーリア北部、フォッジャ県チェリニョーラのボルゴ・トレッサンティで、パオロ・マッラーノと息子のジュゼッペによって営まれているワイナリー、ポデーレ29。メインとなる葡萄品種はプリミティーヴォとネーロ・ディ・トロイア種で、畑はビオロジックで管理されています。2007年設立で比較的若い生産者ですが、国内外の評価は高く、その注目度は年々高まっています。

本日はプーリアの土着品種プリミティーヴォで造られる「アヴィア・ペルヴィア」のご紹介です。畑の土壌は砂質ローム。収穫は9月の末、酸化を防ぐため、気温の低い早朝に行います。発酵は温度コントロールされたステンレスタンクで、定期的にルモンタージュしながら行います。澱引きし、タンクで6ヶ月熟成。口に含むと暖かみを感じ、非常に調和がとれています。

ラベルは鳥が飛び立つ姿をイメージしたもので、アヴィア・ペルヴィアとは、ラテン語で『可能だと強く信じれば、不可能なことは何もない』という意味だそうです☆

ポデーレ29 アヴィア・ペルヴィア・プリミティーヴォ 2014
Avia Pervia Primitivo /Podere 29

香りにはラズベリーやプラム、アメリカンチェリーなどの豊かな果実香にドライハーブ、シナモンや八角などのスパイシーなノートがアクセント。他に皮革、ジャーキー、ミネラルのニュアンス。そしてタバコのような独特なスモーキーな香りが現れ奥行が増す。アタックはなめらかでしっとりとした舌触りで濃縮感のある果実味が伸びやかに広がる。辛口にしてほんのりとジャミーな甘さが残り、その中にも適度にビター、アルコール分が充実している。柔らかで膨らみのあるボディ感、丸いタンニンとしっかりとした酸が味わいを支え、飲み心地が良い。リッチで力強い味わいはまさに南イタリアを象徴している。

【合わせるお料理】
トマトソースベースの料理、仔羊や鶏肉のグリル、スペアリブ、ソーゼージ、ジビエなど。

産地:イタリア プーリア州
品種:プリミティーヴォ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

フーバーは白ワインも美味しい!「ヴァイサーブルグンダー トロッケン」

2017626163052.jpg

ベルンハルト・フーバー氏の情熱と魂は長男のユリアーノ氏へ

フーバーは白ワインも美味しい!

一代で醸造所を興し、その名をドイツ国内のみならず、世界中に知らしめた醸造家ベルンハルト・フーバー氏。彼のワイン造りに対する、情熱と真摯な姿勢から、いつしか「ドイツ赤ワインの規範」と称されるようになりましたが、2012年から肺癌を患い、闘病の末に2014年6月11日に帰らぬ人となりました。惜しくも55歳という早すぎる死を悼み、イギリスのTIMES 紙には、ベルンハルト・フーバー氏のお悔やみの記事が掲載されました。

現在、醸造所はご長男のユリアーノ・フーバー氏が当主となり、父ベルンハルトのワイン造りに対する情熱と魂を立派に引き継いでいます。そしてその努力が見事に形となって現れます。自身の初ヴィンテージとなる2013年産のシュペートブルグンダー アルテ・レーベン トロッケンが、グラン・クリュのセカンドラベル的な立ち位置ながら、ドイツのワイン雑誌「WEINWELT」にて堂々の一位に輝いたのです。今や数年前までとは別人の顔つき、風格には頼もしさを感じます☆

さて少し前の投稿にて上記の2013VTシュペートブルグンダー アルテ・レーベンをご紹介いたしました。フーバーのシュペートブルグンダーは、ブルゴーニュと同じような4つの格付けを採用しており、まさにハイレベルな赤ワインを産出する醸造所として知名度が高まりました。その影に隠れて、いえ、どうしても赤ワインが優先されてしまうのですが、白ワインもとても美味しいので、今回は主力となるヴァイサーブルグンダー(ピノ・ブラン)をご紹介いたします。

ベルンハルト・フーバー ヴァイサーブルグンダー Q.b.A. トロッケン2014
Weißer Burgunder Trocken /Bernhard Huber

香りにはライムやレモンなどの柑橘類や白桃、リンゴ、オレンジの花のアロマにホワイトペッパーやジンジャーなどのスパイシーなノートがアクセント。フルーティーかつフローラルな芳香が広がり、そしてバニラやココナッツなどの上品な樽香、砕石、鉱物的なミネラルのニュアンスが続く。アタックは爽やかでなめらか。瑞々しく旨みがたっぷりとした果実味が伸びやかで、豊富なミネラルとキレのある酸味が骨格を形成。自然で、ブドウ本来の風味そのままを辛口に仕上げ、「繊細」にして旨みを押し上げるような力強さと中庸の膨らみがある。甘辛のバランスがよく引き締まったフィニッシュ。アフターには果実とオークのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
和食全般、淡泊な魚介料理、またエスニック料理とも相性がよい。

産地:ドイツ バーデン
品種:ヴァイサーブルグンダー(ピノ・ブラン)100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

ジンファンデルのスペシャリスト「ピーチー・キャニオン・ワイナリー」

2017625174941.jpg

1982年にパソ・ロブレスに移り住んだダグ&ナンシー・ベケット夫妻は、様々な仕事に携わりながら、知り合いからブドウを分けてもらい、樽を借りてワイン造りを始めました。500ケースから始めた小さなプロジェクトは、現在アメリカ全土で親しまれ、欧米やアジアでも展開しています。ワイナリーは大きく成長しましたが、ワイン造りに対する姿勢は当初と変わらず、ブドウの品質にこだわり、少量生産のワインのようにそれぞれの工程を丁寧に行っています。

本日はピーチー・キャニオンの主力商品、インクレディブル・レッドのご紹介です。ブドウはジンファンデル98%、プティ・シラー2%です。パソ・ロブレスおよびロダイなどカリフォルニアの秀逸な畑のブドウを使用し、フレンチオーク樽で10ヶ月熟成させます。

ピーチー・キャニオン インクレディブル・レッド ジンファンデル 2014
Incredible Red Zinfandel /Peachy Canyon Winery

香りにはブルーベリーやブラックベリー、プラムジャムなどの甘やかな果実香にシナモンや八角、ペッパーなどのスパイシーな香りがアクセント。加えて樽由来のバニラやトフィー、コーヒー、ナツメグの香り、さらにジャーキー、なめし革のニュアンスが続き、スモーキーで魅惑的なブーケが広がる。アタックはソフトでなめらか。香りの主となるベリーフルーツやプラムの風味に仄かなトースト、オークの要素がよく馴染む。広がりのあるスムーズな口当たりで、やさしいタンニンと酸味が交わり、旨みがたっぷりとしているが重く残らないエレガントな仕上がり。まろやかで飲みやすい印象、それでいてアルコール分が充実しており飲み応えがある。

【合わせるお料理】
ラムや鶏肉のロースト、焼き鳥、ハンバーグ、野菜のソース炒め、豚肉とキャベツのトマト煮など。

産地:アメリカ カリフォルニア
品種:ジンファンデル98%、プティ・シラー2%
タイプ:赤ワイン ミディアム-フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トロの魅力を求めて「テソ・ラ・モンハ」

201762412319.jpg

1990年代、まだ世界的に無名だったドゥエロ川下流の産地、トロ地方が一躍注目産地となるきっかけとなり、その後もスーパー・スパニッシュを牽引してきたエグレン家のヌマンシア・テルメス。スペイン・ワイン界において不滅の金字塔を打ち立てたヌマンシア・テルメスのエグレン家が更なるトロの魅力を求めて2007年より新たにスタートしたボデガがTeso La Monja(テソ・ラ・モンハ)です。

これまでは、ティンタ・デ・トロ種(トロ地方のテンプラニーリョ)特有の力強さを活かしたスタイルでしたが「テソ・ラ・モンハでは「可憐さ」や「奥ゆかしさ」が見事に引き出されエレガントな味わいに仕上がっています。

本日はティンタ・デ・トロ100%のキュヴェ、2種類をPicck Upしました☆

アルミレス 2014
Almirez /Teso La Monja

香りには熟した赤や黒のベリーやカシス、イチジク、バラのドライフラワー、ミント、八角やブラックペッパーなどのスパイス、芳しいオークのノート。バニラやトースト、チョコ、シナモンなどのリッチな樽香、そしてバルサミコ、皮革、ジビエ、土、温かな大地のニュアンスが続く。アタックはなめらかで濃厚な果実感、辛口にしてコンポートのような仄かな甘さを伴い、旨みがじんわりと広がる口溶けのよさ。麗しいまでの絶妙な酸とのバランス、親しみやすくもエレガントで同時にアルコール分がしっかりと感じられるふくよかなボリュームある味わい。タンニンは丸くシルキーな舌触り、テクスチャーのある豊かなコクを備え余韻の長さも突出している。

【合わせるお料理】
牛ヒレのステーキやローストビーフ、ピーマンの肉詰め、焼き肉、豚の角煮、マーボ豆腐など。

タイプ:赤ワイン フルボディ

 

ヴィクトリーノ 2014
Victorino /Teso La Monja

香りには熟したブラックベリーやカシスリキュール、ラベンダー、ムスク、黒オリーブ、八角やタイム、ブラックペッパーなどのスパイス香。凝縮感溢れるアロマにも品良くまとまっており、バニラやココア、チョコ、シナモンを思わせる芳しさがやさしく包み込むように広がる。そしてバルサミコ、皮革、ジビエ、土、温かな大地、ミネラルのニュアンスが続く。アタックはなめらかで濃厚な果実感、香り同様に凝縮度が高く完熟したブラックベリーやカシスにローストしたオークの風味がよく馴染む。舌触りが柔らかな丸いテイスト。豊富なタンニンがしっかりとした骨格を形成し肉付きの良い豊満なボディに豊かなコクを備えている。アルコール分が充実し抜群のインパクト、力強く懐の広さを感じつつ、官能的なしなやかさを併せ持つ。アフターには果実とオークのフレーヴァー、余韻の長さも突出している。

【合わせるお料理】
赤身肉のステーキ、豚肉のロースト、スペアリブ、焼き肉など。

タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

樹齢50~100年のグルナッシュ「コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグ」

2017622152328.jpg

テッラ・ヴィティスで葡萄栽培/素晴らしい品質とコストパフォーマンスが魅力

「エステザルグ葡萄栽培者組合」

1965年に設立されたエステザルグ葡萄栽培者組合は、現在10人のメンバーで構成される小規模な組合で、村はリラックの10km南に位置しています。自分の畑は自分で管理し、1/3をドメーヌ名で出荷、1/3は組合名で瓶詰めし、残りはネゴシアンに売ってしまいます。

栽培方法は、「テッラ・ヴィティス Terra Vitis」 を実践しています。テッラ・ヴィティス とはラテン語で『地球(大地)のワイン』という意味があります。環境に配慮した自然な農業がテーマとなり、土壌や樹木の生態をできるだけ自然に維持し、農薬や除草剤の使用を制限するだけではなく、葡萄の栽培やワインの醸造過程で発生する排水や廃棄物の管理にも厳しい基準を設けています。

本日は、組合の中から最高のグルナッシュを選りすぐって造られたコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグのご紹介です。樹齢はなんと50~100年の古木もの!葡萄本来の甘さのある香りと果実味。酸と果実味のバランスが良いワインです☆

エステザルグ葡萄栽培者組合 コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグ ヴィエイユ・ヴィーニュ ラ・グラナッチャ 2015
Côtes-du-Rhône Villages Signargues Vieilles Vignes La Granacha /Les Vignerons d’Estézargues

香りにはプラムやイチジク、ラズベリー、コンポートした果実のようなフルーティーなアロマにラベンダー、ローズマリー、赤紫蘇、ピンクペッパーのノートが混じり合う。そして爽やかな酵母、なめし革のニュアンス、新鮮なハーブのヒントが印象に残る。アタックはなめらかで果実味はピュア。濃縮感のある果実味と伸びやかな酸とのバランスがよくミネラリーで、十分な鮮度が感じられる。15度という高めのアルコール分にも突出しすぎることがない。嫌みのない上品なまとまり、味わいは重く残らずエレガント。くっきりとした輪郭をもち、辛口にして果実本来の甘さを伴う。

【合わせるお料理】
赤身肉料理、鶏肉のグリルやトマト煮、中華、エスニック料理など。

産地:フランス コート・デュ・ローヌ地方
品種:グルナッシュ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ワイン会は店舗内の別室で行います。

201761920465.jpg

※画像のケータリングは前回のもの

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 ワイン会開催にあたり、同じ内容のお問い合わせがございましたので回答をさせていただきます。

Q.「ワイン会は寒い店内でするのですか?」

A.「店舗内にワイン会用のお部屋がございますので大丈夫です。ご安心くださいませ。」

また、ドレスコードによる服装の制限はございません。カジュアルな服装にてお気軽にご来店くださいませ。

※参加のお申込みをご検討いただいているお客様は、必ず注意事項をお読みください。

シャルドネ100%「J.M.ラブリュイエール パージュ・ブランシュ」

20176190728.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」その3

先日よりシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールのアイテムをご紹介させていただきましたが本日の投稿にて最後になります。黒ブドウと白ブドウの絶妙のバランス「プロローグ」に始まり、鮮烈でエレガントなブリュット・ロゼ「アントロジー」、そしてトリを飾るのはシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン、「パージュ・ブランシュ」です。

フローラルなアロマをもつ、シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。心地よい緊張感のある繊細な果実味が広がりミネラリーでとても滋味深い。Page Blancheとは直訳すると「白いページ」を意味しますが、次々と表れる豊かな香り・味わいを思い思いに感じて描く、そんな楽しみが込められているのかも。

J.M.ラブリュイエール パージュ・ブランシュ・ブリュット グラン・クリュ NV
Page Blanche Brut Grand Cru /J.M.Labruyère

香りにはリンゴのコンポートや白桃、アカシアを思わせるフローラルなアロマにグレープフルーツやレモンの皮、ジンジャー、樽由来のバニラ、ブリオッシュ、アーモンド、イースト香。そしてチョーク、塩気、石灰的なミネラルのニュアンスが加わり、格調高さに加え心地よい緊張感を伴う。アタックはなめらかで非常にキメ細かな発泡。まろやかな果実味がじんわりと口中を満たし、繊細にして果実の旨みが満ち溢れる。くっきりとした酸味にも嫌みの無いエレガントな仕上がりで、含んだミネラルを軸に骨格を持つ。甘辛のバランスが絶妙のハーモニー、洗練されつつ、とても滋味深いもの。塩気を伴うミネラルがアフターに続き、余韻も持続性がある。

【合わせるお料理】
魚介を中心とした料理、帆立貝のムニエル、アスパラガスのチーズ生春巻きなど。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:シャルドネ100%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

鮮烈でエレガントなブリュット・ロゼ「J.M.ラブリュイエール アントロジー」

201761815644.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」

本日はシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールより、ブリュット・ロゼのご紹介です。その名も『アントロジー Anthologie』です。ヴェルズネイで採れたピノ・ノワールとシャルドネに少量のコトー・シャンプノワ・ブジー・ルージュを加えています。タンニンとのバランスをとるためにドザージュはやや多めの6.4g/l。味わいはまろやかでレッドベリーを感じさせる余韻の長いフィニッシュへと続きます☆

J.M.ラブリュイエール アントロジー・ブリュット・ロゼ グラン・クリュ NV
Anthologie Brut Rosé Grand Cru /J.M.Labruyère

香りにはラズベリーやチェリーのジュレ、ピンクグレープフルーツ、バラ、ピンクペッパー、ジンジャー、イースト、石灰的なミネラルのノート。チャーミングかつ洗練された芳香、奥からクラッシュした果実のような鮮烈さがただよい仄かな甘さ、そしてナッツのニュアンスを伴う。アタックは爽やかで繊細な発泡、味わいはまろやかで赤いベリーやチェリーを思わせる。膨らみとともにくっきりとした輪郭をもち、酸味は豊かだが嫌みが毛頭無くエレガント。心地よい緊張感に溢れんばかりの果実感、幾分フレッシュで綺麗な酸とミネラルがしっかりと味わいの均衡を保っている。アフターフレーヴァーの余韻は長く、香りから味わい、余韻まで一貫性がある。

【合わせるお料理】
鴨肉やオマールのロースト、サーモン(トマトソース)、マグロの刺身、海老のサラダ、寿司など。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%、少量のコトー・シャンプノワ・ブジー・ルージュ
タイプ:スパークリングワイン ロゼ 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

黒ブドウと白ブドウの絶妙のハーモニー「J.M.ラブリュイエール プロローグ」

201761703012.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」

J.M.ラブリュイエールは、ムルソーの銘醸ドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営ラブリュイエール家が手掛けるシャンパーニュ、レコルタン・マニピュランです。

ラブリュイエール家のワイン造りの歴史は1850年にジャン・マリーがマコン地域のレ・トランでワイナリーを創立したところから始まります。この土地は1924年にムーラン・ア・ヴァンのアペラシオンに制定されました。ブドウ栽培、ワイン生産の規模は広がり、1988年にブルゴーニュに足掛かりを得てムルソーのドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営者となりました。

1992年よりポムロールのシャトー・ルジェ、そして2012年よりシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールを手掛けています。シャンパーニュJ.M.ラブリュイエールはグラン・クリュの畑にこだわり、醸造はドメーヌ・ジャック・プリウール同様にナディーヌ・ギュブラン氏が務めています。最良の畑のブドウによるワインを19世紀のセラーにて長期熟成させ、偉大な複雑性をもつガストロノミーの為のシャンパーニュを生産しています。

本日は黒ブドウと白ブドウの絶妙のハーモニー、“プロローグ”のご紹介です☆

J.M.ラブリュイエール プロローグ・ブリュット グラン・クリュ NV
Prologue Brut Grand Cru /J.M.Labruyère

香りには洋梨や白桃、焼きリンゴ、グレープフルーツの皮のアロマに樽由来のトーストやビスケット、アーモンドなどの芳しいオークのノートがアクセント。そしてジンジャー、濡れた石、チョーク、ミネラルのニュアンスが続き、繊細かつ膨らみのある上品な趣。アタックはソフトでなめらか。クリーミーな発泡が心地よく酸味は穏やか、「旨み」がじんわりと表れる。派手さを微塵も感じさせないエレガントな仕上がりで味わいとしてはドライ、酸度を抑えたシトラスにバターの風味が溶け込んでいる。滋味深く飲み心地が良く、それでいてしっかりとした骨格を持つ。果実味とミネラル、酸味とが絶妙のハーモニーを奏で、アフターにはバニラとシトラスのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
魚介を中心とした料理、鶏肉と茸のクリーム煮、パエリアなど。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

極寒の世界が生み出す奇跡の滴「ノーザン・アイス・ヴィダル・アイスワイン」

201761517154.jpg

ザ・アイスハウス・ワイナリーは、元カナディアンワイン醸造・栽培協会会長、カナダを代表する醸造家ジェイミー・マクファーレン氏によって2005年に設立。初ヴィンテージの2005年からいきなりモンドセレクションで最優秀金賞を受賞し、カナダ最高峰のアイスワインハウスとして世界各国から注目を集めています。

アイスワインはマイナス8度になるまでゆっくりとブドウの木の上で秋から厳しい冬にかけて成熟させる必要があります。カナダでは品質を守るため、法律でマイナス8度になるまで収穫が認められておらず、理想的な状態になるまでブドウの木に房が付いた状態でブドウは何度も凍結・解凍を繰り返し、少しずつ水分を落とし糖度を高めて味わいを凝縮させています。

ジェイミー氏の産み出すアイスワインは他にはない、高い酸・果実味・糖度のバランスが優れた「新しいスタイルのアイスワイン」。通常カナダでは35ブリックス(果物の糖度の単位)以上での収穫がアイスワイン用ブドウの収穫に義務付けられています。しかし、ザ・アイス・ハウスワイナリーではブリックス度が39度まで上がるまで収穫を待ちます。こうすることにより、氷結したブドウはより凝縮感を増し、引きしまった酸とフレッシュな果実味を併せ持つことができるといいます。

ザ・アイス・ハウス・ワイナリー ノーザン・アイス・ヴィダル・アイスワイン 2014
Northern Ice Vidal Icewine /The Ice House Winery

香りには完熟した黄桃やマンゴー、アプリコット、ジュレやコンポートした黄系果実、黄色い花、紅茶、バニラエッセンス、蜂蜜のヒント。濃縮具合は極めて高く、甘く芳醇なアロマが鼻腔をくすぐる。口に含むと、とろけるようなオイリーな舌触りでなめらか。旨みが凝縮された濃密な果実味に溢れており、豊満で濃厚な味わい。極甘口にして、スッキリとした酸味から味わいにメリハリが感じられる。球体的な丸み、豊かなコクを備えたフルボディタイプ。アフターには果実やバニラのフレーヴァーが広がり、甘美なる余韻に酔いしれる。高品質でありながら非常にお買い得な1本。

産地:カナダ オンタリオ州 ナイアガラ・オン・ザ・レイク
品種:ヴィダル・ブラン100%
タイプ:白ワイン 極甘口

商品ページはワイン名をClick!!