ホーム>インフォメーション

インフォメーション

2015年はボルドー伝説的なヴィンテージ!「プピーユ 2015」

202074205923.jpg

2015年はボルドー伝説的なヴィンテージ!「プピーユ 2015」

2005年に完全な有機栽培へと移行して、迎えた10年目。
2015年はボルドー伝説的なヴィンテージ!

本日のワイン

プピーユ 2015
Poupille

カスティヨンの北西に位置するシャトー、「プピーユ」。サン テミリオンから尾根がつながっている丘陵地帯の一角に葡萄畑があり、岩盤は石灰層でその上に粘土層が覆う。地質学的にはサン テミリオンと同じ土壌でありこの畑にはメルロ種が見事にマッチする。

『高品質なワインを生み出すためには、栽培は自然でなければならない』と考えるオーナー、フィリップ カリーユ氏。より自然な栽培方法、より厳格な収穫時の選果、樽熟成中に澱とワインが均一に接触する為の回転式樽ラックの導入など不断の改革を進め、年々その品質を向上させている。

Tasting…

ブラックチェリーやブラックベリー、カシスの香りにナツメグやシナモンなどのスパイス、ミントの香り。そしてバニラやビターチョコ、ココア、杉、繊細な木材の香りがふわりと鼻腔をくすぐる。上品な樽のニュアンスと表情豊かな果実香が印象的。口に含むとなめらかで、果実味は濃縮感があり丸いタンニンがテクスチャーを与える。程よい純度と濃密な風味。厚みのある味わいにも酸がしっかりとしており野暮ったさを感じさせず洗練されている。ゆったりとしつつ深いコクがありアルコール感のある余韻がアフターまで続く。現時点でフレッシュ感と熟成感が混在する。ぜひ向き合ってお楽しみを。

合わせるお料理
牛フィレのステーキ、ローストビーフ、フォアグラとキノコのソテー、煮込みハンバーグ、鰻の蒲焼など。

産地: フランス ボルドー地方 カスティヨン
品種: メルロ100%

商品ページはワイン名をClick

古木を選りすぐって醸造「バラオンダ カンポ アリーバ オールド ヴァイン」

20207415933.jpg

古木を選りすぐって醸造「バラオンダ カンポ アリーバ オールド ヴァイン」

地元品種モナストレルにこだわる生産者、バラオンダのワインをご紹介します。

畑はムルシア州の北東に位置するイエクラにあります。イエクラのD.O.の認定は1975年と、隣接するフミーリャ(1966年認定)よりひと足遅れてはいますが、一部のボデガではフミーリャ同様1980年代後半から「モナストレル」の偉大なポテンシャルに注目し、従来の粗野で田舎臭いスタイルのワインから、よりモダンなスタイルのワイン造りへと舵を切り替える動きが始まっていました。

バラオンダは地葡萄“モナストレル”の魅力を最大に引き出した、リーズナブルかつ品質の高いワインを生み出すことをモットーとしています。

本日は彼らのワインから、オールド ヴァインをPick Up!
上級地区カンポ アリーバで樹齢40年以上の古木(モナストレル)を選りすぐり、シラーとティントレラとのブレンドです。古木ならではの複雑味と未だピュアな果実感が味わえます。

バラオンダ カンポ アリーバ オールド ヴァイン 2014
Campo Arriba Old Vines /Barahonda

ブルーベリーやブラックベリー、ブラックチェリーの香り。そしてオリーブやドライハーブ、ペッパーの香りと、軽くローストしたオークのノートがアクセント。なめし革やジビエなどの熟成香が現れておりやや複雑なニュアンスをもつ。口に含むとなめらかでふくよかな果実感。このクラスとしては(何と言っても1000円台!)リキュールのような高いアルコール分と、濃厚な味わいながらミネラルを含むスムーズな飲み心地。程よいコク、フルボディだが重さを感じさせないモダン テイスト。古木ならではの複雑味と未だピュアな風味が楽しめる。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、焼き肉、ジンギスカン、煮込みハンバーグ、タコとオリーブのトマト煮込みなど。

産地:スペイン ムルシア
品種:モナストレル70%、シラー20%、ガルナッチャ ティントレラ10%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

樽熟成に向くと判断した良い年のみ造られる特別キュヴェ「バルベーラ ダルバ マチネ」

20207317640.jpg

樽熟成に向くと判断した良い年のみ造られる特別キュヴェ「バルベーラ ダルバ マチネ」

早起きは三文の徳と言いますが、
生産者も美味しいワインをつくるべく、朝早くから頑張っています。

本日のワイン
グラッソ フラテッリ バルベーラ ダルバ マチネ 2015
Barbera d’Alba Matiné /Grasso Fratelli

「マチネMatiné」とは、ピエモンテの方言で「早起きする人」のこと。
樹や房の状態を見るために早起きして、畑に行き、よく働くというグラッソ フラテッリ。

彼らは自然環境を大切に考えており、EUの有機農産物に関する規則である2078/92CEEを遵守しています。土壌の分析をして、農薬の散布は極力避けるようにし、ビオで認可されているものしか使用していません。

良質なブドウから美味しいワインをつくるのは、決して簡単なことではありません。生産者や自然の恵みに感謝しながらゆっくり味わいたいと思います。今回はグラッソ フラテッリを取り上げましたが、いつも口にするワインが美味しいのは、つまりはそういうことです。

Tasting…

香りは濃縮感が漂い、熟したプラムやブラックチェリー、リコリスのアロマが魅力的。そしてシナモンやペッパーなどのスパイス、ハーブの香りに、バニラやチョコ、タバコ、土などの複雑なニュアンスをもつ。口に含むとスムーズでなめらか。バルベーラらしいしっかりとした酸を感じながら果実味は濃厚で、タンニンはこなれており質感がある。野性味のある赤や黒のベリーやチェリーを想わせ、エキス分が充実し、それでいて味わいはドライ仕立て。一見パワフルな印象だが、口当たりが良く突出した長い余韻へと誘ってくれる。またアルコール度数は15度と極めて高い。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、ジビエ、ミートソース料理、ラザニア、熟成チーズなど。

産地: イタリア ピエモンテ
品種: バルベーラ100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

伝統ある生産者「アルジャーノ」 エレガントでパワフルなスタイルのブルネッロ

202071212212.jpg

伝統ある生産者「アルジャーノ」 エレガントでパワフルなスタイルのブルネッロ

1967年のブルネッロ協会の設立に尽力した生産者の一人「アルジャーノ」。ブルネッロ ディ モンタルチーノの最南端地区であるサンタンジェロ イン コッレにワイナリーを構え、この地はブルネッロのアペラシオンでは最も暑いエリアとして知られています。ブドウの成熟は早く、モンタルチーノの街周辺に畑を所有する生産者よりも2~3週間早く収穫することもあるほど。土壌は砂を含む粘土や石灰から成りこの暖かな気候と相まって、ワインは大らかでボリューム感のある味わいに仕上がります。

本日は2015年ヴィンテージをご紹介します。

アルジャーノ ブルネッロ ディ モンタルチーノ 2015
Brunello di Montalcino /Argiano

香りはフローラルで、プラムやブラックチェリー、ドライオレンジ、バラの花弁、燻したハーブ、リコリスのヒント。そして上品な樽のニュアンス。シナモンやタバコ、さらに茸や革、湿った土の香りが現れる。味わいは広がりがありなめらかでビロードのようなテクスチャー。熟したチェリーやプラム、ベルガモットを想わせ心地よい酸度と、締りが良い。現時点で少し若いが、丸みがあってしなやか。果実味の集約感からパワフルな印象を受けるも同時にエレガントさを合わせ持つ。大らかで官能的なボディが特徴。味わいを支えるミネラルと美しい酸はアルジャーノの真骨頂であり暑い年でもバランスが長けている。まろやかな後味で、フィニッシュはすっきりとしている。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、肉料理 茸を添えて、牛レバーのソテー、ミートローフ、ハンバーグ、トマトソースベースのお料理など。

産地: イタリア トスカーナ
品種: サンジョヴェーゼ グロッソ100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

名門ティエンポン家が手掛けるボルドー ロゼ「パン デ デューン ロゼ」

2020629203633.jpg

名門ティエンポン家が手掛けるボルドー ロゼ「パン デ デューン ロゼ」

ポムロールの「ル パン」やサン テミリオンの「パヴィ マカン」など、右岸のトップ シャトーを手掛けるティエンポン家。ポムロールやサン テミリオンに限らず、リーズナブルなワインも手掛けており、コート ド フランの地で生み出した「ピュイグロー」はあまりにも有名な代表作です。一族の中でも、「ヴュー シャトー セルタン」のオーナーでもあるフランソワ氏は、醸造学校を卒業後、海外を渡り歩き学んだワイン造りの経験を活かし、高級ワインのノウハウをお手頃な価格のワインに活かしています。

そんなフランソワ ティエンポン氏がつくるロゼワインが、「パン デ デューン ロゼ」です。使用されているブドウはシャトー ピュイグローの畑で収穫された黒ブドウ。

「ロゼはスルスルと楽しく飲めるべきもの」と考えており、重いロゼは造りたくないというフランソワ ティエンポン氏。フレッシュかつフルーティー、飲み心地の良いロゼをつくるため収穫をあえて通常の黒ブドウよりも早く行っています。色鮮やかでピュア。爽やかでフルーティーな味わいは暑い季節におすすめです。

パン デ デューン ロゼ 2019
Pins des Dunes Rosé /François THIENPONT

香りは赤い花弁、ピンクグレープフルーツ、桃、甘酸っぱいチェリーが広がる、華やかかつフレッシュなアロマ。味わいは生き生きとしておりなめらかで、柑橘類のニュアンスや摘みたてのチェリーを想わせます。しっかりとした酸味とミネラル感が輪郭を形成し、香りと同じく心地よい酸が印象的。アフターに黒ブドウ由来のタンニンを僅かに感じ、シャープでエレガントな余韻へと誘ってくれます。

合わせるお料理
生ハム、サンドウィッチ、生春巻き、白身魚のカルパッチョなど。

産地: フランス ボルドー地方
品種: カベルネ フラン80%、メルロ20%
タイプ: ロゼワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

テロワールの優位性を生かし、品種の魅力を余すことなく表現「シャンベイロン」-Vol.2-

202062821844.jpg

ローヌ・ヴィオニエ ラヴァーは昨日Pick Up! のシャンベイロンのヴィオニエ、要チェックです!

華やかなアロマにボディの厚み、そして張りのあるミネラル感が洗練さを醸し出す、「シャンベイロンのヴィオニエ」。長らく探し求めていた味わいで、初めて口にしてからゾッコンでした(笑)

そしてシャンベイロンは赤も美味しい。シラー100% ローヌVVも高品質で実に素晴らしいです。銘醸地コート ロティからわずか300mしか離れていない樹齢40年のブドウを使用。フルーツが前に出て、やや甘めのアタックから次第にスパイスが効いてきて濃密な果実感で満ち溢れます。香味の広がりが素晴らしく、スパイシーさとフローラルの融合。もう悔しいけどプチ コート ロティ。シラー好きの方おすすめです。

【生産者:ドメーヌ シャンベイロン】
2018年にはデカンター誌で白・赤ともにシャーヴやシャプティエ、ギガルらと並び「北ローヌの最上生産者」「北ローヌのトップワイン」にも選出される実力派。

ドメーヌ シャンベイロン コート デュ ローヌ ヴィエイユ ヴィーニュ 2018
Côtes-du-Rhône Rouge Vieilles Vignes /Domaine Chambeyron

香りは新鮮で、摘みたてのブラックチェリーやブルーベリー、カシス、プラムのアロマに黒オリーブ、ブラックペッパー、リコリスのノートが混ざり合う。さらにチョコ、カカオ、タールなど。表現豊かでラベンダーのような華やかな香りも漂ってくる。口に含むとスムーズかつしなやかで、フルーツが前に出る。やや甘めのアタックから次第にスパイスが効いてきて濃密な果実感で満ち溢れる。全体に丸みを帯びておりタンニンはシルクのようになめらか。上品な酸が味わいを支えておりエレガントなスタイルにまとめ上げている。香味の広がりが素晴らしく、スパイシーさとフローラルの融合。

合わせるお料理
ラム肉の香草焼き、スパイシーな肉料理、ジビエ、ジンギスカン、トマト煮込み料理など。

産地: フランス ローヌ地方
品種: シラー100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

テロワールの優位性を生かし、品種の魅力を余すことなく表現「シャンベイロン」

202062716586.jpg

飲んで納得のコスパ!ヴィオニエ「ドメーヌ シャンベイロン」

ローヌ北部の銘醸地として名高いコート ロティやコンドリューに畑を所有し、その品質の高さから近年注目が高まっているワイナリー、「ドメーヌ シャンベイロン」。畑は全てローヌ北部に位置しコート ロティとコンドリューに3.7ha、コート ロティの境界からわずか300mしか離れていないコート デュ ローヌを1ha、そしてコリーヌ ロダニエンヌに0.3haを所有します。フラッグ シップはコート ロティとコンドリューですが、優良IGPのコリーヌ ロダニエンヌも見逃せません。

IGPコリーヌ ロダニエンヌは、北はリヨン、南はモンテリマールまでカバーし、コート ロティ、コンドリュー、更にはエルミタージュまでを包括します。“コンドリュー”に近いため、ヴィオニエに最も適しているエリアであり、さらにIGPであるがゆえに価格が抑えられています。

本日はヴィオニエ コリーヌ ロダニエンヌをご紹介します。
飲んで納得の抜群のコストパフォーマンスです!

ドメーヌ シャンベイロン ヴィオニエ コリーヌ ロダニエンヌ 2018
Viognier Collines Rhodaniennes /Domaine Chambeyron

香りはフローラルで、白桃やアプリコット、シトラス、スイカズラ、ジャスミン。そしてホワイトペッパーやアニスなどスパイスの香りに、石灰的なミネラルのニュアンスが混ざり合う。味わいはフレッシュでまろやか。熟度を感じるたっぷりとした果実味と程よい酸があり張りのあるミネラル感が心地よい。次第にふくよかさが増していきリッチで、その上で洗練さを醸し出す。独特とも言えるミネラル感が味わいの均衡を保っておりフィニッシュに軽やかな塩気と、長く続く余韻をもつ。

合わせるお料理
リー ド ヴォー(仔牛の胸腺)、淡白な肉料理、エビグラタン、アヒージョ、オリーブオイルをつかった料理、エスニック料理など。

産地: フランス ローヌ地方
品種: ヴィオニエ100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

フレッシュかつふくよかで、 エレガント「ドメーヌ ラファエル サレ ヴィレ クレッセ」

2020625234028.jpg

フレッシュかつふくよかで、 エレガントなスタイルのシャルドネ

ドメーヌ ラファエル サレ ヴィレ クレッセ 2017

ラファエルの祖父ロジャー サレの時代、ワインの醸造・販売と共に、リンゴや梨の栽培と直販をしていましたが、祖父が亡くなったのをきっかけにラファエルの父ジェラールは果樹園の方を専念するため、ワインは協同組合での醸造を選択することに。しかしそれは、『自身のワインをつくりたい』という夢を抱いていたラファエルとは相反するものでした。

1986年、ラファエル21歳の時。彼は夢を諦めず、0.4エーカーのワイン畑と小さな農園を取得し自身のドメーヌをスタートさせます。1991年までは平均1.5haのブドウを毎年植え、1992年には現在は妻であるマリリンが加わり経営側をサポート。これによりラファエルはワイングロワーとしての仕事に専念することが出来ました。

ラファエルは、介入することによる適応の影響を考慮し、観察にもとづいた優しい醸造を実践しています。土地を存続させることは、最も崇高な大地に感謝する方法と考えています。観察し、気づき、理解することは、自然とともに毎日を過ごす上での真の喜びだと言います。彼は自身のことを“ブドウとワインの職人”とし、生存するフランスの芸術の代表であると定義しています。

そんな彼のつくるワインは、新鮮な酸を持ち豊富なミネラルが特徴です。栽培はリュット レゾネを実践するとともに収量を制限し、秀逸なマコン ワインとしてフランス国内はもとより世界各国で販売されています。

ドメーヌ ラファエル サレ ヴィレ クレッセ 2017
Viré-Clessé /Domaine Raphaël Sallet

白桃、アカシア、サンザシなどフローラルな香りと、レモングラスやミントなど爽やかなアロマが印象的。そしてシダ、栗、ホワイトペッパーの香りに、石灰的なミネラルのヒント。アタックはフレッシュかつスムーズ。果実味は透明感に溢れ、キメの細かい酸が調和したエレガントなスタイル。なめらかで幾分軽やかな飲み心地。その上で土壌由来のミネラルが織りなし味わいはクリーンでまとまりが良い。しなやかで率直。品種の個性を生かしながら、より自然にテロワールを上手く体現している。アフターには果実感と心地よいほろ苦さ。

合わせるお料理
仔牛のグリル、白身魚の蒸し煮、海老や蟹・貝料理、シーフードグラタンなど。

産地:ブルゴーニュ地方 マコネ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

令和2年7月1日より、レジ袋の有料化がスタートします

2020625193239.jpg

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

CO₂削減・環境保全のため、令和2年7月1日より、レジ袋の有料化がスタートします。
お買い物の際はマイバックを是非ご持参ください。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

*レジ袋をご利用のお客様はお申し付けください。一枚 5円。

ミネラル・フィネス・エレガンスを重視した注目のシャンパーニュ「サヴァール」-Vol.2-

202062444245.jpg

ミネラル・フィネス・エレガンスを重視した注目のシャンパーニュ「サヴァール」

ブルゴーニュワイン ラヴァーが、 シャンパーニュをつくると・・・。

今年もサヴァールが飲める幸せ。

3代目当主フレデリックは根っからのブルゴーニュワイン ラヴァー。ブルゴーニュの造り手が表現しているフィネス、深み、エレガントさを好み、それらはシャンパーニュにも不可欠だと考えています。栽培のモットーは“可能な限り自然であること”。フィネスや深みは畑仕事に由来すると考えており真摯な姿勢と情熱をもって取り組んでいます。

サヴァールのシャンパーニュを初めて口にしたときから『これは“くる”』と、豪語してきましたが、上級キュヴェの入荷量が非常に少なく、愛好家の間で、年々取り合いが熾烈を極めています。

『来年はもう少し欲しい!』と、 毎年呪文のように唱え続けているのだけど・・・。

私も上級キュヴェ、飲みたいです(涙)

サヴァール ラコンプリ エクストラ ブリュット プルミエ クリュ NV
L'Accomplie Extra-Brut 1er Cru /Savart

香りは白桃、焼きリンゴ、カルヴァドス、マイヤーレモン、ジンジャー。エキゾチックな香りが広がりブリオッシュやトーストしたナッツ、オークのニュアンスがアクセント。さらに塩味のあるミネラルに、ほんのり蜂蜜の香りも現われる。口に含むとクリーミーかつふくよか。力強く濃密な果実味とフレッシュな酸とのバランスが良く全体的に調和がとれている。溌剌としつつも品が良く緩やかにボリューム感が増していく。ストラクチャーがしっかりとしており実にピュア。精緻なミネラルが織りなし、味わいは洗練されている。豊かでドライ、酸の余韻が心地よくエレガントに仕上がっている。

合わせるお料理
甲殻類やスモークサーモン、鶏肉料理、タコとジャガイモのソテー、フォアグラのカナッペなど。

産地: シャンパーニュ地方 モンターニュ ド ランス地区 エキュイユ&ヴィレール=オー=ヌード
品種: ピノ ノワール80%、シャルドネ20%
タイプ: スパークリング 白 辛口

商品ページはワイン名をClick