ホーム>インフォメーション

インフォメーション

グリューナー・ヴェルトリーナーのポテンシャルはとても計り知れず。「リード・ラム」

2017422231731.jpg

オーストリア カンプタール地域を代表する品種グリューナー・ヴェルトリーナーは、非常に多様性をもつ品種で、先日はフレッシュで心地よい柑橘系の味わいを特徴とするカンプターラー・テラッセンをご紹介させていただきました。続きまして本日は収穫を抑えたシングルヴィンヤードの「ラム」のブドウで造られた複雑で長熟タイプのワインをご紹介いたします。

生産者はオーストリアのワインシーンにおけるリーダー的存在ブリュンデルマイヤーです。「ラム」はオーストリアのグラン・クリュといえる銘醸畑で、最も重要なグリューナー・ヴェルトリーナーの真骨頂であるとされています。石灰を含む粘土とシルトの上にレスが覆われた土壌です。南向きの斜面で、ブリュンデルマイヤーのワイン生産地域でも最も暖かいハイリゲンシュタインの東端と接しています。この畑のブドウは、成熟度と凝縮度が高く、一般にブルグンディ(ピノ)の品種に近い印象を受けます。

この「ラム」に対して、世界ソムリエコンクールにて優勝しているフランス人のオリビエ・プシエ氏は『ラムは、信じられないほどの厚みとフレッシュさを持ったパーフェクトに醸造されたワイン。ヴィリー・ブリュンデルマイヤーはおそらくオーストリアで一番のグリューナー・フェルトリーナーを育てている!』と賛辞を贈っています。

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー リード・ラム 2012
Grüner Veltliner Ried Lamm /Weingut Bründlmayer

香りにはリンゴや洋梨、パイン、レモンピール、セリ、グリーンハーブ、ホワイトペッパー。シトラスオイルのような爽やかな芳香が広がり、続いて蜜蝋ミネラル、火打石や砕石などのスモーキーなニュアンスが現れる。樽香は控えめで洗練された趣があり、バタースコッチのような懐かしさもある。アタックはなめらかで舌上に僅かな気泡が感じられ、凝縮感のある果実味が伸びやか。熟度が高くエキゾチックな果実や花を思わせ、ドライで、アルコール分が充実したしっかりとした構造をもつ。冷やして飲めばミネラリーでキレの良さを感じ、温度が上がれば豊満でオイリーなボリューム感が楽しめる。表情豊かで奥行きのある、フレーヴァーの広がりも素晴らしい。優美なる気品に満ち溢れている。

【合わせるお料理】
和食全般、魚介料理、寿司、天ぷら、アジアン料理など。

産地:オーストリア カンプタール・ランゲンロイス
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

和食、魚介料理、寿司とともに。「グリューナー・ヴェルトリーナー」は抜群の相性!

20174222408.jpg

オーストリアのワインシーンにおけるリーダー的存在 「ブリュンデルマイヤー」

前回の4月7、8日の投稿にてシャンパーニュに比類するゼクトをご紹介させていただいたブリュンデルマイヤーから、本日は彼らのワイナリーの中で最も重要なブドウの品種、グリューナー・ヴェルトリーナーのご紹介です。

ブリュンデルマイヤー グリューナー・ヴェルトリーナー カンプターラー・テラッセン 2015
Grüner Veltliner Kamptal Terrassen /Weingut Bründlmayer

グリューナー・ヴェルトリーナーは、ブリュンデルマイヤーで最も重要なブドウの品種とされていますが、カンプタール地域を代表する品種でもあります。非常に多様性をもつ品種で、心地よい柑橘系の味わいのものから、収穫を抑えたシングルヴィンヤードのブドウは複雑で長熟なワインになります。カンプターラー・テラッセンは前者のスタイルです。

カンプターラー・テラッセンとは「カンプ谷の段々畑」の意味で、ここには比較的樹齢の若い樹が植えられています。異なる畑から収穫したブドウをブレンドしたワインで、高いテラスの畑は石の多い土壌でワインにミネラル感を与え、長熟のポテンシャルを与えます。低い位置にある畑は肥沃な黄土質土壌で、この畑から採れたブドウはワインを早い時期に熟成させ、また表現豊かにさせます。

香りには新鮮なライムやレモンなどの柑橘類、リンゴ、白い花、ハーブ、ホワイトペッパー、そしてイーストや砕石、蜜蝋、ミネラルのノートが混じり合う。はっきりとした果実のアロマが広がり、洗練された趣。アタックは爽やかで瑞々しく、果実味とミネラル感に溢れる。ピチピチと弾けるような快活なスタイルで極めて高い純度と透明感が感じられ、味わいは鮮明かつフルーティー。キレのよさを身上とした辛口に仕上がっており、キリリと引き締まった酸の余韻が心地よい。一貫してエレガントなつくりで、フィニッシュはスッキリとしている。

【合わせるお料理】
繊細な食材を使った和食、魚介料理、寿司、ローストチキン、アジア系スパイス料理など。

産地:オーストリア カンプタール・ランゲンロイス
品種:グリューナー・ヴェルトリーナー100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

シャンパーニュ JM ラブリュイエール ローンチ・セミナー

201742223230.jpg
201742223247.jpg

ブルゴーニュからドメーヌ・ジャック・プリウールの醸造家ナディーヌ・ギュブラン氏が6年ぶりに来日されるとの事でセミナーが開催され受講してきました。個人的にも大好きな生産者ですが、モノポール、クロ・ド・マズレーを筆頭に日本に入荷数も少なく割り当てとなってしまうのが悩み処。

今回の目玉は何と言っても新しく立ち上げたシャンパーニュのRM.。グラン・クリュの畑にこだわり、醸造はジャック・プリウール同様ナディーヌ・ギュブラン氏が務めています。ナディーヌ・ギュブラン氏は出身がシャンパーニュ地方ということもあり特に感慨深いものがあるのではないでしょうか。

[試飲アイテム]
Champagne JM Labruyere Prologue NV
Champagne JM Labruyere Anthologie NV
Champagne JM Labruyere Page Blanche NV
Labruyere Prieur Selection Bourgogne Pinot Noir 2014
Labruyere Prieur Selection Pouilly Fuisse 2014
Domaine Jacques Prieur Puligny Montrachet 1er Cru Les Combettes 2014
Domaine Jacques Prieur Beaune 1er Cru Clos de la Feguine Rouge 2014

※シャンパーニュに関しても割り当てになることが予想されますが、5月下旬から6月中旬頃にはご案内出来るかと思います。

20174222336.jpg
201742223322.jpg

タニックで力強い果実味。熟成後、大輪の花を咲かす「シャトー・ラフォン・ロシェ」

201741923338.jpg

銘醸“ラフィット・ロートシルト”や“コス・デストゥルネル”に 隣接する好立地

シャトー・ラフォン・ロシェは、1855年の格付けでは第4級に格付けされましたが、畑は銘醸シャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトー・コス・デストゥルネルに隣接しており大変恵まれた立地にあります。1970年台に長い低迷期に陥りましたが1990年代中頃より復活を遂げます。収穫時期の見直しや新樽比率を増やすなどの改革を行い、品質は飛躍的に向上。ワインは専ら「タニックで力強い果実味、熟成後、大輪の花を咲かす」と、現在は格付けに相応しい、時にはそれ以上のワインをつくり出し人気を博しています。

本日は2005年ヴィンテージのご紹介です。

シャトー・ラフォン・ロシェ 2005
Château Lafon-Rochet

香りにはブラックベリーやプラム、ハーブ、ブラックペッパー、オリーブ、リコリス、ローストしたオークのノートが混じり合う。スモーキーな香りはもちろん、奥からはチョコやキャラメル、煮詰めた糖などの仄かな甘さがあり魅力的。タバコや皮革、トリュフ、鉛筆、ぬれた石、湿った土の香りが続き複雑性に富む。アタックはなめらかでふくよかなボディ感、果実味は旨みがぎっしりと詰め込まれている。構造はしっかりとしているがまろやかで、穏やかな酸から口当たりが良い。タンニンは豊富で継ぎ目がなく、その存在をアフターまで感じることができる。若いうちはヴィンテージの恩恵を受け、より力強くタニック、強靭だったであろう。現時点で飲み頃に入っており、コクのある深い味わい・余韻が堪能できる。

【合わせるお料理】
赤身肉やラム肉のロースト、ミートローフ、ジビエ、ビーフシチュー、味のしっかりとした豚肉料理など。

産地:フランス ボルドー地方 メドック地区
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

臨時休業のお知らせ(4月20日)

201741822240.jpg

臨時休業のお知らせ

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 誠に勝手ながら、4月20日(木)は都合により、お休みさせていただきます。

4月20日 臨時休業

4月21日より通常営業に戻ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

また、休業中の受注分の出荷・お問い合わせに付きましては、休業日明けからとなりますので、ご注意下さい。休業中に頂戴しましたご注文は、4月21日より順次発送させていただきます。メール、電話でのお問い合わせに関しましても、21日よりご対応させていただきます。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

一般に生硬で、タニック、熟成により開花する「シャトー・バタイエ」

2017417233033.jpg

フランス ボルドー地方 ポイヤック村に位置し、メドック格付けでは第5級にランクインするシャトー・バタイエ。ポイヤックの土壌は、主に砂利質で水はけがよいことから、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適しており、ワインは力強い味わいのものが多く、バタイエの特徴としても顕著に表れています。元来クラシカルなスタイルで、一般に生硬でタニック、熟成することで味わいは素晴らしく開花します。すぐに楽しまれるのであれば10年程熟成したものをおすすめします。

本日は2006年ヴィンテージのご紹介です。

シャトー・バタイエ 2006
Château Batailley

香りにはカシスやプラム、ブラックチェリー、ミントハーブ、ブラックペッパー、そして樽由来のバニラやトースト、杉、ビターチョコ。他に茸、イチジク、レザー、湿った土のニュアンスがあり複雑、凝縮した果実香に豊かなブーケが広がる。アタックはソフトでなめらか。丸みを帯びたふくよかなボディ感、熟成により全体に柔らかくも、そこにはしっかりとしたカベルネ主体らしい骨格が感じられる。リッチな果実味と穏やかな酸とのバランスがよい。こなれたタンニンは層状でボディに深みと質感を与える。男性的でクラシカルなポイヤック、加えてしなやかさを併せ持ち合わせている。

【合わせるお料理】
赤身肉のロースト、ビーフシチュー、仔羊の赤ワイン煮、ジビエ、モツ料理、フォワグラなど。

産地:フランス ボルドー地方 メドック地区
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロ、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ベルナール・マグレ・コレクション「シャトー・フォンブロージュ」

2017416221929.jpg

★ベルナール・マグレ・コレクション 「シャトー・フォンブロージュ2006」 ボルドーワインを語る上で重要な人物の一人として知られるベルナール・マグレ氏。彼は銘醸シャトー・パプ・クレマンやシャトー・ラ・トゥール・カルネなどを所有し、ミシェル・ロランをコンサルタントに迎え、それらのシャトーの品質を再興させてきました。その功績はボルドーだけに留まらず、ラングドックやスペイン、南米、カリフォルニアなどでも精力的にワイン造りを行い、高品質なワインを数多く世に送り出しています。

本日はサン・テミリオンに所有する「シャトー・フォンブロージュ」のご紹介です。毎年安定した高い品質を誇り、今もなお価格が抑えられている秀逸シャトーです。ヴィンテージは2006年です。果実味は飾り気がなく純粋で、まさに果実本来の滋味深さをお楽しみいただけます。

シャトー・フォンブロージュ 2006
Château Fombrauge

エッジがオレンジがかったガーネット。粘性は高め。香りにはプラムやカシス、チェリー、燻したハーブ、リコリス、クローブやトーストなどのスパイシーなオークのノート。お香や杉、バニラなどの上品なブーケとともにタールやジャーキー、腐葉土の香りが続く。魅力的で複雑、良き熟成が感じられる。アタックはソフトでなめらか。柔らかで丸くふっくらとしたボディ、それでいてしなやかさを兼ね備える。果実味は飾り気がなく純粋で、まさに果実本来の滋味が深い。キメ細かなタンニンと穏やかな酸とも相俟って、風味の広がり後はスルリと喉を通り雑味が無い。ほろ苦くも甘美さが優位に立ち、心地よい余韻に酔いしれる。

【合わせるお料理】
グリルした肉、ジビエ、茸料理、ソースを使った料理、スモークサーモンと水菜のペペロンチーノ、チーズフォンデュなど。

産地:フランス ボルドー地方
品種:メルロ主体、カベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ムルソーにあってムルソーにあらず。「ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ」

2017415231450.jpg

本日はヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノをPick Up!

ヴォルネイのワインはブルゴーニュの赤ワインの中で最も女性的と言われています。繊細にして芳醇、早熟なので若いうちから楽しめ、また熟成のポテンシャルも大いに秘めています。一級畑サントノはそんなヴォルネイにあって、ボディが大きく豊かな質感が感じられます。因みに「サントノ」で産する赤はヴォルネイですが、シャルドネからつくられる白はムルソーの表記になります。

平均樹齢65年。収穫量は40hl/haです。天然酵母を使い、3週間発酵します。柔らかく圧搾した後、フレンチオークの樽(20%新樽)で、澱と共に14ヶ月以上熟成します。月のカレンダーの果実の日に濾過も清澄もせず、瓶詰めされます。販売担当のマルコ氏が「ポマール プルミエ・クリュ ゼプノと共にベストなワイン。」と絶賛する赤ワインです。

ヴァンサン・ジラルダン ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2012
Volnay 1er Cru Santenots /Vincent Girardin

香りには完熟したラズベリーやブラックチェリー、プルーン、野バラ、スミレ、ドライハーブ。コンポートのような凝縮感と華やかな芳香をもち、樽由来の芳しい香りがアクセント。樽香にはバニラやシナモン、クローブ、白檀の香り。さらにはカカオ、茸、下草、湿った土のニュアンスが加わり複雑さと奥行が増す。アタックはなめらかでふくよか。ボディが大きく広がりがあり、ジューシーな果実味に溢れている。純粋かつ力強い質感は果肉とまではいかないまでも、もぎたての果実をほうばっているかのよう。タンニンは豊富だがキメ細かく、豊かな酸とともに溶けあっており味わいに深みを与える。熟していて親しみやすい味わい。包み込むような温もりが感じられ、同時にフィネスが備わっている。

【合わせるお料理】
牛や鴨肉のロースト、鶏肉の照り焼き、ジビエ、しゃぶしゃぶの胡麻だれ、ベーコンとアスパラ、ジャガイモのオリーブオイル炒めなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

村名ながら品質はその上をいく。「ムルソー レ・ナルヴォー」

20174150840.jpg

一番重要なのは、スタンダードが高いクオリティを持つこと

『畑はなるべく手を加え、醸造は出来るだけ自然に』/ヴァンサ・ジラルダン

良いワインを造るためには良い葡萄が必要で、良い葡萄を育てるためには畑で多くの作業をしなくてはならないと考えているヴァンサン・ジラルダン。すべての葡萄は年間通して厳格で正しい畑での仕事を重視して、選定、選別を行っています。

特徴としては、
・農薬を使わないので葉が健全。
・葡萄にストレスをかけず、土中の微生物を活性化するために、土を柔らかくしている。
・1本の樹に8房以上付けさせない。…等々。

ヴァンサン・ジラルダンでは、グラン・クリュをはじめ、プルミエ・クリュ、村名ワインと数多くのキュヴェを手掛けていますが、一番重要なのは、スタンダードが高いクオリティを持つこと。妥協を許さない、ワイン造りに真摯な姿勢がうかがえます。

本日はムルソー レ・ナルヴォーをPick Up!

レ・ナルヴォーはプルミエ・クリュ ジュヌヴリエールの上部に位置し、トップクラスのプルミエ・クリュに匹敵するような秀逸なワインを生むことで知られています。

ヴァンサン・ジラルダン ムルソー レ・ナルヴォー 2011
Meursault Les Narvaux /Vincent Girardin

香りには洋梨やアプリコット、パイン、ライムの皮、菩提樹、カルダモン、そして樽からくるバニラやトースト、スパイシーなオークのノート。アーモンドやヘーゼルナッツなどの香ばしさやバター、蜂蜜のニュアンス続きミネラルが洗練さを与える(フリンティな香りも)。アタックはなめらかで広がり豊かな果実味。力強く凝縮した味わいながら美しい酸度を携えており、実に優雅でふくよかな表情を持ち合わせる。リッチで、時間と共にオイリーさが増し、アペラシオン特有のヘーゼルナッツの風味はもちろん未だフレッシュで、生き生きとした躍動感がある。柔らかで純粋、飲み心地が良くミネラルがしっかりとした骨格を生む。シルキーなテクスチャーと長く続く余韻を持つ。

【合わせるお料理】
ホワイトソースを使った白身肉料理、牛フィレ肉の鉄板焼き、網焼きの海老、フォワグラなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

~銀の至宝~「シャンパーニュ プレシューズ・ダルジャン グラン・クリュ」

20174141422.jpg

本日はアンボネイ村のR.M.(レコルタン・マニピュラン)、パトリック・スティランからトップ・キュヴェのご紹介です。その名も「プレシューズ・ダルジャン」(ヴィンテージ表記有り)。熟成するに値すると判断した出来の良い年にのみ造られるスペシャル・キュヴェで、アンボネイのグラン・クリュの特別な区画のシャルドネを100%使用しています。もちろん果汁は一番搾りです。葡萄の持つ酸度を高く保ち、より長くシャンパーニュの新鮮さを確保するために、マロラクティック醗酵は行っていません。冷却過程を経て、ろ過と清澄をします。キュヴェ名のプレシューズ・ダルジャンは「銀の至宝」を意味します。

パトリック・スティラン プレシューズ・ダルジャン グラン・クリュ 2008
Precieuse d’Argent Grand Cru /Patrick Soutiran

香りには熟したグレープフルーツやドライアプリコット、ユリ、ジンジャー、そして熟成によるアーモンドやナッツ、ブリオッシュ、トーストなどの膨らみ豊かなブーケが広がる。他に濡れた石やチョークの香り、リンゴの蜜のようなほんのり甘いニュアンス。口に含むとスムージーで広がりのあるアタック。リッチな果実味が口中に満ち溢れ、穏やかな酸と繊細なミネラルが織りなす美しいフィネスに富む。ふっくらとしたボリュームある味わい。熟成感はもちろんだがグレープフルーツの皮やミネラルのようなほろ苦さがアクセントとなり、果実本来のフレッシュさが引き立たされる。力強くも柔らかくエレガンスに秀でたシャンパーニュ。心地よい苦みがボディにさらなる強さを与えている。

【合わせるお料理】
テリーヌやパテ、野菜料理、魚介や白身肉を中心とした料理、スパイシーな料理など。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 アンボネイ
品種:シャルドネ100%
タイプ:辛口 白 発泡

商品ページはワイン名をClick!!