ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報

ピックアップ情報

純粋かつフェミニンなピノ「ヨハネスホフ・ライニッシュ ピノ・ノワール」

2018101945535.jpg

ヨハネスホフ・ライニッシュ

ウィーンの30kmほど南にあるテルメンレギオン地区は、緯度がちょうど47度で、気候や土壌もブルゴーニュに似ていることから、オーストリアのコート・ドールとも呼ばれています。ライニッシュ家は、この地域の中ほどにあるタッテンドーフの町で1923年にワイン造りを始めました。

現当主のヨハネスで4代目。家族で営むワイナリーで、幼いころから父が葡萄畑で働く姿を見て自然に家業に加わったといいます。ビオディナミを取り入れた有機農法で葡萄を栽培し、その8割は野生酵母で自然に発酵させています。彼は自らをワインメーカーでも生産者でもなく「ワイン・コンパニオン(ワインの友達)」と呼ぶことを好みます。『ワインを造るのではなく、其々の畑の葡萄の果実味やフレーバーがワインになるのを手助けするのが自分たちの役割だ』と考えています。

本日はピノ・ノワールをご紹介します。ブルゴーニュ ピノ・ノワールの高騰が続く中、彼らのピノは値頃感があります。

ヨハネスホフ・ライニッシュ ピノ・ノワール 2016
Pinot Noir /Johanneshof Reinisch

香りには新鮮なラズベリーやストロベリー、プラムなどの果実香に赤い花、ポプリ、ドライハーブ。そして木樽由来の上品な樽香、クローブやシナモンなどのスパイスの香り、軽いロースト香がアクセント。アタックはなめらかで軽やか。エキス分が充実し辛口にしてほんのりと甘く、純粋かつフェミニンな個性が光る。フルーティーだが酸がしっかりとしており、味わいがぶれずにエレガントなスタイルに仕上がっている。ミディアムボディで親しみやすく、目の覚める様な鮮やかさと、うっとりとするアフターが印象に残る。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、鴨肉と葱の鍋、スモークサーモン、手巻き寿司、パスタ、茸料理など。

産地:オーストリア ニーダーエステライヒ テルメンレギオン タッテンドルフ
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

商品ページはワイン名をClick!!

驚愕のロゼ「ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ タヴェル・ロゼ ラ・レイヌ・デ・ボワ」

2018101623940.jpg

うっとりするほどの華やかなアロマ。
ロゼとしては驚くほどの質感と、オイリーさが印象的。

ローヌ南部のスーパースター“ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ”が手掛けるタヴェル・ロゼ。テロワールをリスペクトし、本物を造ることに尽力している彼らのワイン造りのスタイルは、マニュアルは一切なく感性によるものが大きいといいます。ヴィンテージ毎に醸造方法は異なり、その年その年の多彩な個性を見事に表現しています。

この“ラ・レイヌ・デ・ボワ”は彼らがつくるタヴェル・ロゼの中でも最高クラスの位置づけです。モルドレ・ラヴァーはお早めに。こちらは限定品でのご案内です。

ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ タヴェル・ロゼ ラ・レイヌ・デ・ボワ 2017
Tavel Rose La Reine des Bois /Domaine de la Mordorée

香りにはラズベリーやストロベリー、ザクロなどの赤い果実香を基調にオレンジ、チェリーシロップ、バラの花びら、アカシア、ジャスミン、アニス、ほろ苦いミネラル(アクセント)のノートが混じり合う。誘惑的で広がりのある豊かな芳香。うっとりするほどの華やかさで、何にもまして品が良くエレガントな趣。口に含むとなめらかで、ふくよかなボディ感。粘性を感じトロミすら覚える触感と、果実味が豊かで旨みがじんわりと滲み出る様は、何とも味わい深いもの。エレガントだがフルボディで、ロゼとしては驚くほどの質感と、オイリーさが印象に残る。味わいとしては極めてドライで、口に含んだ瞬間に、その美味しさが口中を駆け巡る。余韻の長さも突出している。

合わせるお料理
豚肉の生姜焼き、鶏肉のトマトソース煮、酢豚、ニンニクとトマトをベースにしたスパイシーな料理、魚介スープ、ニンニクを使ったアジアン料理など。

産地:フランス コート・デュ・ローヌ地方
品種:グルナッシュ60%、クレレット15%、シラー15%、サンソー10%
タイプ:ロゼワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

コート・ロティに君臨する北部ローヌの盟主「E.ギガル」

2018101623137.jpg

コート・ロティに君臨する北部ローヌの盟主「E.ギガル」

とかく単一畑のコート・ロティやコンドリュー、エルミタージュなどの上級キュヴェばかりに目が向きがちですが、スタンダードラインもすこぶる品質が高いことで知られています。

香りの集中度が強く、全体的にまろやかな味わいの“コート・デュ・ローヌ・ルージュ”は、日常の食卓でオールマイティに楽しめる定番中の定番。一方、“クローズ・エルミタージュ・ルージュ”は、平均樹齢35年のシラーを使用し、品種特有の力強い味わいはもちろんのこと、口当たり柔らかな辛口に仕上げ味わうほどにその美味しさが込みあがってきます。合わせるならば、牛・ラム肉のロースト、ジビエ、焼き肉など。またウナギの蒲焼やラタトゥイユとも相性がいいです。

E.ギガル コート・デュ・ローヌ・ルージュ 2014
Côtes du Rhône Rouge /E.GUIGAL

香りにはブラックベリーやプラム、コンポートのようなほんのりと甘い果実香にスミレ、ペッパー、そして木樽由来のロースト香やナツメグ、クローブなどのスパイシーな香りが混じり合う。アタックはソフトでなめらか。豊かな果実味が瞬く間に広がり、その上でしっかりとした張りが感じられる。飲み口としてはスムーズで、全体にまろやかな味わいに仕上がっている。アルコール分の高さを嫌みに感じさせないまでの親しみやすさ、品がよくそれぞれの要素がバランスよく溶け込んでいる。

品種:シラー、グルナッシュ、ムールヴェードル
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

 

E.ギガル クローズ・エルミタージュ・ルージュ 2013
Crozes-Hermitage Rouge /E.GUIGAL

香りはやや閉じ気味にも次第に開花する。ブラックチェリーやブラックベリーなどの果実香、ドライフルーツ的要素があり、ユーカリやブラックペッパー、奥にはラベンダーやアニスのノート。加えて木樽由来のバニラやクローブ、タバコ、コーヒー、芳しい香りがアクセント。アタックはソフトでなめらか。タンニンは丸みを帯びており、酸味は穏やかでバランスがとれている。品種特有の力強い味わいはもちろんのこと、口当たり柔らかな辛口で、味わうほどにその美味しさが込みあがってくる。洗練されたフルボディ、余韻も長く楽しめる。

品種:シラー100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ひと言でいうならば "端正"「シモン・ビーズ・エ・フィス」

201810911829.jpg

サヴィニー・レ・ボーヌの地で、驚くほど緻密で繊細なワインを生み出すドメーヌ、シモン・ビーズ・エ・フィス。ドメーヌの名声を高めた3代目パトリック亡き後(2013年10月)、ドメーヌの舵取りは妻の千砂さんと、パトリックの妹で、ヴォーヌ・ロマネのドメーヌ・ジャン・グリヴォに嫁いだマリエルさんに委ねられています。

2008年から、千砂さんの進言によりビオディナミ農法を採用。これによりワインの質は始めてすぐに変わったそうです。“ワインにヴァーティカルなラインが出て、緊張感のあるワインになった”と彼女は言います。そして基本は100%全房。果梗のタンニンが加わることでしっかりとしたストラクチャーが生じ、酸とミネラルを基調としたエレガントなワインに仕上げています。

本日は、赤い果実のチャーミングな香りと、繊細さとリッチさを兼ね備えた、「レ・ブルジョ」をご紹介します。

シモン・ビーズ・エ・フィス サヴィニー・レ・ボーヌ レ・ブルジョ 2015
Savigny-les-Beaune Les Bourgeots /Domaine Simon Bize & Fils

香りにはラズベリーやストロベリーなどの豊かな果実香が広がり、ジャムのような甘さからとてもチャーミングな印象を覚える。その上でバラやポプリなどの華やかさを併せ持ち、ドライハーブ、軽いオークのノートがアクセント。シナモンやクローブなどのスパイス、カカオなどの香りも感じられる。アタックはしなやかで実にジューシーな果実感。エキス分の充実さに加え粘性を感じるほど果実味はリッチで、それでいて、やさしくふんわりとした質感と、口当たりは丸く流れる様。香り同様に味わいもチャーミングでまろやか、今飲んで抜群にその美味しさを堪能できる。まずは飲んでみて。フルーティーで、実直さが素直にあらわれている。

合わせるお料理
牛フィレや鴨肉のロースト、すき焼き、肉じゃが、串揚げ料理など。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアム-フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

しっかりとした骨格の中にも柔らかな広がり「シャトー・サン・ジョルジュ」

2018107235517.jpg

先日のワイン会でもご好評をいただきましたワインです。

シャトー・サン・ジョルジュは、4つあるサン・テミリオン衛星地区の一つ“サン・ジョルジュ・サン・テミリオン”に位置するシャトーで、メルロを主体にカベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランがブレンドされています。

“サン・ジョルジュ・サン・テミリオン”は衛星地区の中では(他、モンターニュ・サン・テミリオン、ピュイスガン・サン・テミリオン、リュサック・サン・テミリオン)、最もサン・テミリオンの畑に近く、ワインはコクがあるが重みや粗さを感じさせません。それでいてタンニンも豊富で、比較的早くから楽しめるものから長熟なものが造られています。

ヴィンテージは2011年。しっかりとした骨格の中にも柔らかな広がりがあり、味わい深く優雅な余韻をお楽しみいただけます。

シャトー・サン・ジョルジュ 2011
Château Saint-Georges

香りには赤や黒のスグリ、ブラックベリーなどの果実香にペッパーやアニス、ミント、上品なオークのノートが混じり合う。バニラやキャラメル、ダークチョコなどの芳しさ、そして湿った土、炭、トリュフのヒント。森の下草のような香りも感じられ熟成による深みや複雑さがあらわれている。アタックはソフトでなめらか。果実味は円熟し厚みのあるボディに、よく溶け込んだタンニン、酸味が調和。しっかりとした骨格の中にも柔らかく広がりがあり、味わいは丸くジューシーで粘性が感じられる。滲み出るような旨みと、アフターへと続く熱いアルコール感が印象的。味わい深く優雅な余韻が楽しめる。

合わせるお料理
牛フィレ肉のロースト、ジビエ、茸料理、ミートソース料理、バーベキューなど。

産地:フランス ボルドー地方
品種:メルロ80%、カベルネ・フラン10%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

躍進し続ける、プリオラートのワイン「ブルー・グレイ プリオラート」

2018106234224.jpg

2009年に特選原産地呼称D.O.Ca.に認定されたプリオラートは、夏は暑く乾燥し、寒暖の差が激しく、地質は粘板岩に覆われています。険しい山岳地域であるため、ブドウ畑は非常に狭いテラス状の小区画を切り拓いた場所にあります。そのためブドウの収穫量は少なく、農作業のほとんど全てが手作業で行われています。過酷な自然環境での耕作のために、働き手が減少傾向にありましたが、1980年代後半、外部の醸造家たちがカリニャンやガルナッチャ、外来品種を用い、最新の技術と知識を駆使したモダンなスタイルのワインを生み出すことに成功しました。それらは瞬く間に世界中の注目を集めることとなり、今日スペインを代表する名産地となりました。

本日のワインはプリオラートのワインをご紹介します。生産者はスペインを代表するヒル・ファミリー・エステーツです。

ヒル・ファミリー・エステーツ ブルー・グレイ プリオラート 2014
Blue Gray /Gil Family Estates

アロマは力強く凝縮感がただよい、ブラックチェリーやブラックベリーのコンポート、チェリーブランデーを思わせる。中にはラベンダーやリコリス、紅茶のヒント、クローブやブラックペッパーなどのスパイシーな香りも感じられる。甘やかな香りにもスパイスが効いた複雑なブーケ、芳しいオークの香りが心地よいアクセント。アタックは強くなめらか。しなやかなタンニンと酸とのバランスがよいエレガントな飲み口。その上でバイタリティーに溢れており豊満な果実味が印象的。甘みを感じさせるほどのリッチさと高いアルコール分を伴う力強い酒質があり、同時に繊細さを併せ持つ。飲み応えのあるフルボディで、甘美なる長い余韻をもつ。

合わせるお料理
グリルした肉、ジビエ、焼き肉、スペアリヴ、ジビエ、ソース系料理、キムチなど。

産地:スペイン カタルーニャ
品種:ガルナッチャ45%、マスエロ30%、カベルネ・ソーヴィニヨン25%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

とかくジューシー、スイスイと杯が弾むミディアムタイプのカベルネ・ソーヴィニヨン

2018103222612.jpg

とかくジューシー、スイスイと杯が弾むミディアムタイプのカベルネ・ソーヴィニヨン

バロッサのブティック・ワイナリー“マーヴェリック”は環境保全型農業に対する理念を持って取り組んでおり、母なる自然に従って葡萄畑を耕作しています。オーストラリアでは環境保全を実施している先駆的ワイナリーの一つであり、オーストラリアにおけるバイオダイナミック農法についての南オーストラリアセミナーの主催者でもあります。

バロッサの名の下で、“カベルネ・ソーヴィニヨン”と聞けば重いタイプを想像しがちですが、このブリーチェンズ カベルネ・ソーヴィニヨンは果実味に溢れ、それでいて複雑味があり素晴しくエレガントなスタイルです。軽快さと柔らかさ、チャーミングな味わいに仕上がっています。

マーヴェリック ブリーチェンズ カベルネ・ソーヴィニヨン 2014
Breechens Cabernet Sauvignon /Maverick Wines

香りには赤や黒のスグリ、カシス、ブラックチェリーなどの果実香にミント、ユーカリ、ドライハーブ、ペッパーのノートが混じり合う。コンポートした果実のような甘さがふわりと香り僅かにオークのヒント、バニラやチョコ、シナモンなどの香りが感じられる。アタックはなめらかでジューシー。酸味は穏やかでフレッシュな果実味が軽やかに広がり過熟感が毛頭なくスムーズな飲み心地。カベルネ・ソーヴィニヨン100%にしてこの軽快さと柔らかさ、チャーミングで気軽に楽しめる美味しさがある。スイスイと杯が弾むミディアムボディで、アフターへと続くスパイシーさとのバランスが良い。

合わせるお料理
牛フィレのステーキ、豚肉のソテー、鴨肉のロースト プラムソース、茸と鶏肉のオイスターソース炒め、ピーマンの肉詰め、ソーセージなど。

産地:オーストラリア サウス・オーストラリア州 バロッサ&イーデン・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン100%
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

商品ページはワイン名をClick

飲み頃の熟成バルバレスコをリーズナブルな価格で提供「グラッソ・フラテッリ」

20181036374.jpg

グラッソ・フラテッリは、葡萄園を愛した3世代の歴史と言えます。農園は、1900年に祖父であるヴァレンティーノによって設立され、彼の息子エミリオが継ぎ、セラーへ設備投資をしてきました。現在は、アルフレッドとルイジが品質重視の個性的なワインを生み出しています。栽培は自然環境を大切に考えており、EUの有機農産物に関する規則である2078/92CEEを遵守しています。

「インターナショナルワインセラー」や「ルカ・マローニ」、「イ・ヴィーニ・ディ・ヴェロネッリ」など著名なワイン専門誌にて掲載される実力派で、飲み頃の熟成バルバレスコをリーズナブルな価格で提供してくれる優良生産者としてその名が知られています。

本日はリセルヴァ ジャコーザ・スペッサをご紹介します。

グラッソ・フラテッリ バルバレスコ・リセルヴァ ジャコーザ・スペッサ 2011
Barbaresco Riserva Giacosa Spessa /Grasso Fratelli

香りは広がりのある甘く誘惑的なアロマで、ラズベリーやチェリーシロップ、プルーン、リコリスを思わせ、その中にシナモンやアニス、紅茶、ペッパーなどのスパイス、軽いバニラ、ロースト香が混じり合う。そして、なめし革や腐葉土、ジビエ、枯葉などの熟成香。複雑性に富む豊かなブーケが広がる。アタックはなめらかでしなやか、同時に強い粘性が感じられ、こなれたタンニンが存在する。果実味は未だしっかりとあり、心地よい酸が全体を支えエレガントなスタイルに仕上がっている。十分な旨みとコク、その上で沸き立つようなフレーヴァーがボディにより一層の膨らみを与え余韻の長さも突出している。

合わせるお料理
牛タンの赤ワイン煮込み、仔羊や豚肉のロースト、ジビエ、牡蠣フライ、まぐろのタルタルソース和えなど。

産地:イタリア ピエモンテ
品種:ネッビオーロ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

エキゾチックな芳香と新鮮な果実味「マテッラ ヴィオニエ ナパ・ヴァレー」

20181024429.jpg

エキゾチックな芳香と新鮮な果実味。
そしてナパらしくボディに厚みがあり、その中にもしっかりとミネラルの構造が感じられる。
特筆すべきは余韻の長さ、アロマオイルのような果実のフレーヴァーが持続…

ゆっくりと余韻まで楽しみたいワインです。
最新ヴィンテージ2017年が届きました。

マテッラ ヴィオニエ ナパ・ヴァレー オーク・ノル・ディストリクト 2017
Materra Viognier Napa Valley Oak Knoll District /Cunat Family Vineyards

生産者はナパ・ヴァレー南部のオーク・ノル・ディストリクトに50エーカーの畑を所有し、テロワールを最大限に引き出した最高品質の葡萄とワインを造り上げることに家族一丸となって情熱を注いでいるキュナット・ファミリー・ヴィンヤーズ。ワインメーカーは、他のキュヴェ同様、「ダックホーン」等で活躍していた“ブルース・レガリア氏”と「カール・ローレンス」のオーナー&ワインメーカー“マイケル・トルヒヨ氏”の2人です。

香りには白桃や洋梨、アプリコット、ライム、スイカズラ、オレンジピール、アニス、ホワイトペッパー、そして木樽由来のバニラやキャラメル、ナツメグ、スパイスのノート。エキゾチックで華やかな芳香を放ち、ミネラルが洗練さを与えている。時間とともにマンゴーなどのトロピカルフルーツの香りがあらわれ奥行が増していく。アタックはなめらかで膨らみのあるボディ感。洋梨や白桃を思わせる風味があり適度にスパイシーで、オークの要素が溶け込んでいる。粘性を伴う豊かさと調和のとれた酸味、その中にもしっかりとしたミネラルの構造が感じられる。ドライで活気漲る、充実したアルコール分と焦点の定まったフィニッシュへと続く。特筆すべきは余韻の長さ、アロマオイルのような果実のフレーヴァーが持続する。

合わせるお料理
海老をメインとした料理、シーフード、白身肉のソテー、クリームソースを使った料理、生春巻き、タコスなど。

産地:アメリカ カリフォルニア ナパ・ヴァレー オーク・ノル・ディストリクト
品種:ヴィオニエ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

濃縮感とほろ苦さが印象的「エスピノ カルムネール グラン・キュヴェ 2014」

2018928224317.jpg

ウィリアム・フェーブル・チリは自らを“マウンテン・グロウン・ワイナリー”と表現しています。それは、他のマイポ・ヴァレーの生産者よりも標高の高い産地(600~930m)でワインを造っているからです。

本日のワインは、ビーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリから「エスピノ カルムネール グラン・キュヴェ」をご紹介します。

ビーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリ エスピノ カルムネール グラン・キュヴェ 2014
Espino Carmenère Gran Cuvée /Viña William Fèvre Chile

カルムネールの畑は標高670mのワイナリーがあるサン・ルイスに広がり、グラン・キュヴェに使用される葡萄は1994年に植樹したものです。栽培は化学的な殺虫剤等は使用せず、環境に配慮した取り組みを行っています。天然酵母を使用し、マセラシオンの時間を長くとることでワインにより強い集約感を与えています。ワインは濃縮感とほろ苦さが印象的で、しっかりとした骨格と粘性が感じられます。

アロマは野性味に溢れた豊かな果実香、ブラックベリーやプラム、ドライイチジクを思わせピーマンや赤黒のペッパー、木樽由来のバニラや杉、タバコ、ロースト香が混じり合う。そして僅かなメントールの香りと、スモーキーさや土っぽさが交わる複雑さを呈している。アタックはなめらかでしなやか。シルクのようなタンニンを備えており上品な酸とのバランス。熟した風味にも過熟感がなく飲み心地の良さが光る。艶やかで寛大な広がりと、その上でしっかりとした骨格と粘性が感じられ深いコクをもたらすビターなアフター。

合わせるお料理
牛フィレやラム肉のロースト 赤ワインソース、ジビエ、煮込みハンバーグ、ニンニク料理、餃子、酢豚など。

産地:チリ マイポ・ヴァレー
品種:カルムネール89%、カベルネ・ソーヴィニヨン11%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!