ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報

ピックアップ情報

気軽に楽しんでいただきたいサンジョヴェーゼ「テヌータ ラ ヴィオラ」

202135154537.jpg

気軽に楽しんでいただきたいサンジョヴェーゼ「テヌータ ラ ヴィオラ」

エミリア ロマーニャ州の南部、ベルティノーロに居を構える家族経営の生産者「テヌータ ラ ヴィオラ」のワインをご紹介します。

設立は1998年。以前は、葡萄の栽培とワイン造りを行っていましたが、販売用ではなく、家庭消費用として造られていました。畑は、海を見下ろすベルティノーロの丘の斜面に広がっています。アドリア海とアペニン山脈に囲まれたこの場所は、特別なミクロクリマを持っています。土壌は粘土石灰岩質です。かつては古代の海底だった為、貝殻の化石や砂など海に由来する堆積物が多くあるそうです。栽培する葡萄は、エミリア ロマーニャを代表するサンジョヴェーゼ、そして2005年からやはりこの土地のルーツである白葡萄品種、アルバーナの栽培を開始。設立当初より、化学肥料や殺虫剤を使用せず、オーガニックで栽培を行っています。

テヌータ ラ ヴィオラ オッドーネ ロマーニャ サンジョヴェーゼ スペリオーレ 2018
Oddone Romagna Sangiovese Superiore /Tenuta La Viola

このワインはステンレスタンク熟成で、チャーミングなアロマとフレッシュな果実味に溢れています。『気軽に飲んでほしいワイン』だと、オーナー、ステファーノ氏は語ります。

Tasting…

香りはチャーミングで、赤い果実のフルーティーなアロマに、スミレ、爽やかなハーブのヒント。味わいはなめらか。ジューシーな果実味とフレッシュな酸、タンニンとのバランスが良くソフトな飲み口。インポーターの裏ラベルにはフルボディとあるが、さほど重たさを感じず比較的エレガントに仕上がっている。フレッシュな果実味に溢れ適度な酸が心地よい。個人的にはミディアム~で、余韻にしなやかなタンニンを感じる。カジュアルに、料理との相性も◎。合わせるお料理は、チーズ、豚・鶏肉のトマト煮、パスタやピッッァ、ポルチーニのリゾットなど。

産地: イタリア エミリア ロマーニャ
品種: サンジョヴェーゼ100%
タイプ: 赤ワイン ミディアム~フルボディ

商品ページはワイン名をClick

ネッビオーロ100%!サロットのつくるロゼワイン「ランゲ ロザート」

202133185249.jpg

ネッビオーロ100%!サロットのつくるロゼワイン「ランゲ ロザート」

ピエモンテの地葡萄を愛し、斬新なアイデアで素晴らしいワインを次々と世に送り出してくれるロベルト サロット氏。当店でもガヴィやバルベーラ、バルバレスコ、バローロなど人気のアイテムが多く、年号の移行による味わいの変化であっても、年号毎の特徴とテロワールをうまく体現しており安定した品質に定評があります。

本日は彼のラインナップからロゼワインをご紹介します。

バローロを産する村のひとつ、ノヴェッロ村のネッビオーロを100%使用されています。収穫は9月後半に手摘みで行います。数時間コールドマセラシオンを行い、その後圧搾して、低温に管理しながら発酵します。生き生きとした果実味が感じられ、なんとも魅力的な風味で果実由来の甘みが感じられます。

ロベルト サロット ランゲ ロザート 2020
Langhe Rosato /Roberto Sarotto

淡いオレンジに薄っすらとピンク、明るい色調。香りはオレンジ、イチゴやラズベリーなどの赤い果実香に赤い花を想わせるフローラルなアロマ。口に含むとスムーズでなめらか。生き生きとした果実味が感じられ、なんとも魅力的な風味で果実由来の甘みを残す。上品で洗練された味わいのロゼ。程よいタンニンとしっかりとしたアルコール分、全体をバランスよくまとめあげ優しい酸味が印象的。モダンで、かつ親しみやすさがある。余韻も比較的長く、合わせるお料理は、サラダ類、シーフード、アクアパッツァ、ブイヤベース料理などがおすすめ。

産地: イタリア ピエモンテ
品種: ネッビオーロ100%
タイプ: ロゼワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

オレンジワイン初心者の方にもおすすめ「クレメンタイン ピノ グリ」

202132191939.jpg

20213219209.jpg

ストラクチャーとテクスチャーに拘ったオレンジワイン

「ローガン ワインズ クレメンタイン ピノ グリ 2019」

本日は、オーストラリアを代表する冷涼なワイン産地、ニュー サウス ウェールズ州のオレンジ地区とマジー地区でワイン造りを行うローガン ワインズから、親しみやすい味わいのオレンジワインのご紹介です。

「クレメンタイン」はオーナー醸造家ピーター ローガン氏の愛娘の名前から付けられました。ニュー サウス ウェールズ州の標高950mの火山性土壌を有するオレンジ地区の畑で採れたピノ グリが使用されています。3回に分けて収穫し、天然酵母で果皮ごと発酵後、圧搾してシュール リーにて10週間マセラシオン(醸し)を行います。その後、全房のままマセラシオン カルボニックされた果汁と、マロラクティックを経た果汁をブレンドし、ステンレスタンクで3カ月間、その後瓶内で更に2カ月間熟成します。

味わいは、フレッシュでしなやか。果実味が豊かでチャーミングな一面があり、含んだミネラルと綺麗な酸味がバランスよく溶け込んでいます。絶妙の甘辛度。艶っぽくて、初々しいカップルのように純真で。気軽に楽しめるので、オレンジワイン初心者の方にもおすすめです。

ローガン ワインズ クレメンタイン ピノ グリ 2019
Clementine Pinot Gris /Logan Wines

香りはマンダリン、ブラッドオレンジ、木苺のアロマ。そしてジャスミンやバラの花弁の香りにジンジャーやシナモンなどのスパイスのヒント。味わいはフレッシュでしなやか。果実味が豊かでチャーミングな一面も、含んだミネラルと綺麗な酸味がバランスよく溶け込んでおり絶妙の甘辛度を保っている。艶っぽくて、初々しいカップルのように純真で。シルクのようになめらかな質感、アフターにかけてほんのりタンニンが感じられフレーヴァーの広がりが心地よい。

合わせるお料理
鶏肉や豚肉料理、サーモンのムニエル、煮物、パスタなど。

産地: オーストラリア ニュー サウス ウェールズ オレンジ
品種: ピノ グリ100%
タイプ: オレンジワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

畑はシャンボール ミュジニー村区域内 「F.ルクレール ブルゴーニュ レ ボン バトン」

2021218104214.jpg

畑はシャンボール ミュジニー村区域内 「ブルゴーニュ レ ボン バトン」

ジュヴレ シャンベルタンに本拠を置くドメーヌ フィリップ ルクレール。特級畑をもたないドメーヌながら、クロ サン ジャックに隣接する彼の1級カズティエは特級に追随する逸品であり、しばしば周りの特級所有者たちを震撼させています。スタイルは極めてエネルギッシュで躍動感溢れるもの。

して、このワイン、ブルゴーニュ ルージュ レ ボン バトン。ドメーヌのエントリーレベル。広域ACでありながら畑はシャンボール ミュジニー村にあり国道の東側に位置する区画。繊細な果実味ながらストラクチャーがしっかりしており美しい酸が調和した一本。スムーズな口当たりで、シャンボール ミュジニーらしいしなやかさを感じます。

ドメーヌ フィリップ ルクレール ブルゴーニュ ルージュ レ ボン バトン 2017
Bourgogne Rouge Les Bons Bâtons /Domaine Philippe Leclerc

香りはラズベリーやレッドチェリーなどフレッシュな果実とスミレ、背景にスモークやスパイスのヒント。茸やタバコ葉などのニュアンスも感じられ、親しみやすさと複雑さがうまく共存する。口に含むとスムーズでしなやか。繊細な果実味ながらストラクチャーがしっかりしており美しい酸味が調和。浮かび上がるような広がりに加え、F.ルクレールならではのパワーが味わいの幅を広げる後押しをする。アルコール感も程よい辛口、上品さが兼ね備わった一本。

合わせるお料理
白身肉のグリル、トマトベースの魚介類や鶏肉料理、鴨鍋、鰹のタタキ、茸のリゾットなど。

産地: フランス ブルゴーニュ地方
品種: ピノ ノワール100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

全体的に丸く、ふわっと広がる上品な香味が印象深い。「カモミ カベルネ S ナパ」

202121394240.jpg

全体的に丸く、ふわっと広がる上品な香味が印象深い。「カモミ カベルネ ソーヴィニヨン」

イタリア人の3人の共同経営者が、カリフォルニア ナパ ヴァレーにイタリアの伝統に根差したワインと食の文化を広めるため立ち上げたワイナリー「カモミ」。彼らの造るワインは、イタリアの家庭で家族と一緒に食事を食べながら飲むワインであり、そこには余計な飾りや難しい説明は必要としていません。大切な家族や友人とともに、誰もが気軽に楽しめ、食事との相性の良いワインこそが3 人の目指すスタイルです。

本日のワインは、全体的に丸みを帯びていて、ふわっと広がる上品な香味が印象深い「カモミ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレーをご紹介します。 

カモミ カベルネ ソーヴィニヨン ナパ ヴァレー 2018
Ca’Momi Cabernet Sauvignon Napa Valley /Ca’Momi winery

香りは完熟したベリーフルーツやカシスリキュールなど凝縮したアロマがただよい、バニラやホワイトチョコ、キャラメル、焼きたてのトーストのような香りが混ざり合う。そしてブラックペッパーや皮革、温かな大地の香り。味わいは厚みがありしなやか。ビロードのようにキメ細かなタンニンと穏やかな酸味。リッチで、しかも粘性が感じられ美しくバランスがとれている。フルボディだが重すぎず全体的に丸みを帯び、ふわっと広がる上品な香味が印象深い。明朗なスタイルで抜群の飲み心地。

合わせるお料理
ローストビーフ、スペアリブ、牛肉とポルチーニのリゾット、野菜のグリルなど。

産地: アメリカ カリフォルニア ナパ ヴァレー
品種: カベルネ ソーヴィニヨン100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

代々女性によって受け継がれてきた銘ドメーヌ「ドメーヌ ド ラ プレット」

202121393323.jpg

代々女性によって受け継がれてきた銘ドメーヌ「ドメーヌ ド ラ プレット」

ドメーヌ ド ラ プレット / ドメーヌ デュ クロ デ プレット

プレットはブルゴーニュ地方のコルゴロアン村に位置する生産者です。その歴史は大変古く18世紀まで遡ることが出来、6代に渡り女性当主が引き継いできました。現在はエレーヌ ミショー氏が運営を行っており、ヴィニマティック社製ステンレスタンク(回転式発酵タンク)の導入など近代醸造と伝統的なノウハウとを組み合わせ、テロワールを最大限表現することをポリシーにワイン造りを行っています。

本日は、ワンランク上のレジョナル、コート ドール(葡萄はヴォーヌ ロマネ村内の村名格外の畑)と、ドメーヌ名の由来にもなっているニュイの一級「レ プレット」をご紹介します。人気のヴィンテージ2019 と 2012が入荷しました。

ブルゴーニュ コート ドール ルージュ ラ コルヴェ オ プレートル 2019
Bourgogne Côte d’Or Rouge LA CORVEE AU PRÊTRE /Domaine Du Clos des Poulettes

誘惑するかのごとく艶やかかつ華やかなアロマが魅了する。新鮮な赤い果実に熟したプラムの香り。そしてスパイスと、ほんのり甘い花の蜜の香り。口に含むと豊かで、絶妙なストラクチャーと心地よいタンニンが感じられ果実味をやさしく包み込む。味わいもまた新鮮で、かつエレガントなまとまりを見せ、適度な酸がピュアな印象を醸し出す。一杯目よりは二杯目と、杯を重ねる度にやわらかさが増していく。ポテンシャルを感じる一本。ミディアムボディで確かな品質・出所の良さを感じる。

合わせるお料理
牛フィレ肉のソテー、鴨肉のロースト、鴨の治部煮、野菜とソーセージのポトフなど。

 

ニュイ サン ジョルジュ プルミエ クリュ クロ デ プレット 2012
Nuits-Saint-Georges Premier Cru CLOS DES POULETTES /Domaine Du Clos des Poulettes

香りはチェリーやプラム、バラのドライフラワー、ハーブ、シナモンのヒント。そして皮革やモカ、上品な樽のニュアンスが複雑に混ざり合う。口に含むとしっとりとしていてしなやか。引き締まった果実味はニュイらしく、さもエレガントで、力強さに秘めたフィネスを感じる。硬質なミネラルを含む立体的構造を持ち、調和のとれた上品な酸が味わいを支えている。熟したプラムやドライフルーツを想わせ中盤からスパイスの風味。味わい深き逸品で、一級ながら未だ抑えられた価格も魅力的。

合わせるお料理
牛フィレ・ラム・鴨肉のロースト、エポワスなど。

産地: フランス ブルゴーニュ地方 コート ド ニュイ
品種: ピノ ノワール100%

商品ページはワイン名をClick

サン トーバンで偉大なドメーヌのひとつ「マルク コラン」ネゴシアンブランドの新VT

20212632532.jpg

人気急上昇のサン トーバンで最も偉大なドメーヌのひとつ「マルク コラン」からネゴシアンブランドの新VTレジョナルのシャルドネと、サン トーバン プルミエ クリュ アン レミリィが入荷しました。

レジョナルは熟度の高さがうかがえ、透明感と丸みのある味わいが特徴です。親しみやすいスタイルにフィネス、繊細さが表れています。そしてアン レミリィは、偉大なる特級“モンラッシェ”と同じ斜面の延長線上、さらには特級シュヴァリエ モンラッシェと程近い場所にあり恵まれた好立地。サン トーバンの一級畑としては最も評価の高い区画ですが、価格は未だ抑えられています。シャサーニュ モンラッシェでその名を馳せたマルク コランですが、サン トーバンはマルク コランの本拠地でありテロワールを知り尽くした正に真骨頂といえます。味わいは立体的で鮮やかな果実感。何よりジューシーで、素直にその美味しさがこみあげてきます。

マルク コラン エ セ フィス ブルゴーニュ シャルドネ 2018
Bourgogne Chardonnay /Marc COLIN et Ses Fils

香りは熟した桃やパイン、グレープフルーツ、白い花のアロマに、ほんのりヘーゼルナッツやアーモンドなどの香ばしさ。そして蜂蜜、スパイシーなニュアンスが混ざり合う。口に含むとなめらか。厚みのある果実味とフレッシュな酸味、上質なミネラルが混然一体となり瑞々しくも熟度の高さがうかがえる。透明感と丸みのある味わいが特徴で、親しみやすいスタイルにフィネス、繊細さが表れている。

合わせるお料理
ローストチキン、ホタテ、牡蠣フライ、海老料理、天ぷらなど。

 

マルク コラン エ セ フィス サン トーバン プルミエ クリュ アン レミリィ 2018
Saint-Aubin 1er Cru En Remilly /Marc COLIN et Ses Fils

香りはバニラと杏仁、火打石、スモーキーなミネラルのニュアンスに、白桃や洋梨、グレープフルーツ、白い花のアロマが広がる。そしてトーストやナッツの香り。深みと奥行きを感じる。味わいはなめらかで芳醇。熟した風味にもフレッシュな酸が心地よく、爽やかな香味が口内を駆け巡る。立体的で鮮やかな果実感。現時点で少し若さがあるが、何よりジューシーで、素直にその美味しさがこみあげる。丸みを帯びた、エレガントな辛口。しっかりとした厚みと長く続く余韻をもつ。

合わせる料理
海老料理、白身魚のバターソテー、鶏肉料理、フォアグラ、天ぷらなど。

産地: フランス ブルゴーニュ地方
品種: シャルドネ100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

"シュナンブールの神髄"「ファミーユ ヒューゲル リースリング グロシ ローイ」

20212419221.jpg

“シュナンブールの神髄”「ファミーユ ヒューゲル リースリング グロシ ローイ」

「グロシ ローイ」とはアルザス地方の言語で“偉大なるテロワール”という意味がありドイツでのグロース ゲヴェックス、ブルゴーニュでのグラン クリュに相当します。

アルザスの名門、老舗ワイナリーのファミーユ ヒューゲルが手掛けており彼らが考える最も高貴で本物の味わい、“シュナンブールの神髄”を表現するべくつくられました。

シュナンブールはリクヴィールを見下ろす由緒ある特級畑。5haあるシュナンブールは12の区画に分かれており毎年区画ごとに小さなカゴに分けて収穫し、圧搾後も別々に醸造されます。その後4~5種類のワインをブラインド テイスティングによって厳選しブレンド。そのヴィンテージの特徴に沿った高貴なるワインが生まれるのです。

ファミーユ ヒューゲル リースリング グロシ ローイ 2011
Riesling Grossi Laüe /Famille Hugel

香りはフローラルかつスパイシーで、メロンや白桃、イチジク、青リンゴ、フレッシュなシトラスのアロマにカルダモンやジンジャー。そして独特ともいえるペトロール香に、僅かなスモークと石、ミネラルのニュアンスが混ざり合う。深み・複雑性を感じるアロマとブーケ。口に含むとなめらかでリッチ。凝縮感のある鮮やかな果実味が広がり上品な酸味が調和。酸度が比較的穏やかで一体感のあるエレガントなまとまり。ドライ感がある一方で心地よい残糖が感じられる。ボディは中庸、全体的に丸みを帯び中間部から厚みが増していく。オイリーなテクスチャー、果実とスパイスがぎっしりと折り重なる甘美なる余韻が印象的。

合わせるお料理
シーフード、ローストチキン、クリーム系料理、天ぷら、子牛のフレンチラックなど。

産地: フランス アルザス地方
品種: リースリング100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

やさしい甘み、エレガント「オーク ファーム ヴィンヤーズ ゲヴュルツトラミネール」

2021131101931.jpg

やさしい甘みを伴ったエレガントなスタイル

オーク ファーム ヴィンヤーズ ゲヴュルツトラミネール 2018 (やや甘口/ セミ スイート)
Gewurztraminer /Oak Farm Vineyards

ボトルにあしらわれたた壮大なオークの木が目印の「オーク ファーム ヴィンヤーズ」から、スッキリとした上品な甘さ(セミ スイート)が特徴のゲヴュルツトラミネールが届きました。ボトルデザインは以前紹介させて頂いたプティ ヴェルドと同じものを採用し、質感のあるタッチでゴージャスなのもいい感じです。

グラスに注ぐと・・・、

ライチやネクタリン、ドライフラワー、白いバラなどフローラルなアロマにスパイスのニュアンスがアクセント。口に含むと爽やかでジューシー。瑞々しい酸に支えられた綺麗な果実味が印象的で、じんわりと広がる残糖感が心地よい。中間部からボディ感が増していき、フレッシュな味わいの中にシルクのようななめらかさ。やさしい甘みを伴ったエレガントなスタイル。スッキリとした上品な甘さ(セミ スイート/ やや甘口)、豊かなフレーヴァーが広がり飲み心地が良い。合わせるならグリーンカレー、スパイスやハーブを効かせた鶏肉・魚料理、バーベキュー、アジアン料理などがおすすめです。

産地: アメリカ カリフォルニア クラークスバーグ
品種: ゲヴュルツトラミネール100%
タイプ: 白ワイン やや甘口 / セミ スイート

商品ページはワイン名をClick

干し柿に合う辛口の白「フリードリッヒ ベッカー グラウアー ブルグンダー 2015」

2021131101110.jpg

干し柿に合う辛口の白「フリードリッヒ ベッカー グラウアー ブルグンダー 2015」

お客様から、「干し柿に合うワインを教えてほしい」とご要望がありました。
それも辛口の白ワインで。

干し柿にはソーテルヌやポートワインなど、甘口のものがよく合わせられますが、辛口のものだと何が合うのでしょうか。

真っ先に思い付いたのはピノ グリでした。

ピノ グリはピノ ノワールの突然変異で果皮の色がピンク色に近く、灰色がかった色調から黒ブドウと見間違えるように濃い色調まで様々です。このため一般的な白ワインと比べて果皮に由来するほのかな渋みがあり、渋みの抜けた干し柿に元々あった渋みを戻す効果を与えます。

今回選んだワインは、

フリードリッヒ ベッカー グラウアー ブルグンダー グーツワイン 2015
Grauer Burgunder /Friedrich Becker

グラウアー ブルグンダーはピノ グリのシノニム(別名)です。このワインはステンレスタンクと少しだけ大樽での熟成によってつくられます。ヴィンテージが2015年と、程よく熟成していることもあり熟成によって旨味が増した干し柿との相性は抜群です。画像に干し柿が写っていませんが実際合わせてみたところ最高のマリアージュでした。干し柿との相性が良く辛口ワインをお探しであればこのワインがおすすめです。

Tasting…

リンゴや黄桃、柑橘系果実の香りに、アニスやシナモンなどのスパイシーな香り。そして栗やナッツの香り。スモーキーさ、ミネラルのニュアンスと相まって複雑な印象を醸し出す。口に含むとなめらかでリッチ。ふくよかな果実味とスモーキーなミネラルが混然一体となり味わい全体を引き締める。酸味は穏やかで中庸、余韻にかけて心地よいほろ苦さ。申し分の無い円熟味で、温度の上昇とともに深みを増していく。飲み頃温度は10~14度と、楽しめる温度帯の幅が広い。旨みたっぷりの辛口白。

合わせるお料理
鶏肉料理、野菜の天ぷら、たけのこのリゾット、アクアパッツァなど。

産地: ドイツ ファルツ
品種: グラウアー ブルグンダー(ピノ グリ)100%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick