ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報

ピックアップ情報

偉大なるカルトワイン「ジョセフ・フェルプス インシグニア ナパ・ヴァレー」

20178242437.jpg

『インシグニア』は、1978年にカリフォルニアで初めて独自のブランドを持ったボルドー・スタイルのワインとしてリリースされました(ファーストヴィンテージは1974年)。カリフォルニアで100以上あるブランドワインで、最初に品種ではなくブランド名で販売したのがこのインシグニアです。8つの地区の6つのぶどう畑のブレンド。発酵が終わり熟成の初期段階、3月ころにブレンドが決まります。ブドウはスタッグス・リープやラザフォードなどのカベルネ・ソーヴィニヨンが主体で、ステンレスタンクで発酵後、新樽100%のフレンチオークで24ヶ月間熟成されます。

最初のVTはパーカーポイント99点を獲得し、100点獲得VTは1991年、1997年、2007年、2012年は、96-100点を獲得しています。そして2013年は98+点を獲得。2013年は確実にインシグニアで最も偉大なヴィンテージの1つとなるだろうと最高の賛辞を贈っています。因みに2013年産は、1974年のファーストヴィンテージから40周年となる記念の年で、ラベルに発売当時のロゴが印字の記念ボトルになっています☆

ジョセフ・フェルプス インシグニア ナパ・ヴァレー 2013
Insignia Napa Valley /Joseph Phelps

アロマは芳醇でブルーベリーやブラックベリー、カシスリキュール、プルーン、オリーブ、ドライハーブ、ミント、ブラックペッパーが混じり合う。そしてスミレに梅のトーン。実に誘惑的で華やかな芳香が広がりリッチな樽香がやさしく包み込む。バニラやモカ、ココア、ナツメグ、杉、皮革、クローブの香り、他にインク、鉛筆の芯、土、温かな大地のニュアンスが続く。深淵なる複雑なブーケが鼻腔をくすぐる。アタックはなめらかで素晴らしい濃縮感、果実の純度が高く溢れんばかりの広がりをみせる。黒系果実を基調とし、ブラックペッパーやミント、バニラビーンズ、コーヒー、チョコを思わせる豊かな風味。旨みがぎっしりと集約されており、新鮮で舌触りはまさにビロードのよう。熟したタンニンと穏やかな酸とのバランスがよくストラクチャーがしっかりとした辛口。層を成す味わいで懐が広く外交的、果実味の豊かさはもちろん湧き出るようなミネラルも感じられ活気に満ちている。飲み頃に入っており今飲んで素直に美味しい。コクを備えたフルボディ、驚くほどに長いフィニッシュへと続く。

産地:アメリカ カリフォルニア ナパ・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン88%、プティ・ヴェルド5%、メルロ3%、マルベック3%、カベルネ・フラン1%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

熟成してからしか出荷しない拘りのシャブリ「ダニエル=エティエンヌ・ドゥフェ」

2017822090.jpg

熟成してからしか出荷しない拘りのシャブリ

ドメーヌ・ダニエル=エティエンヌ・ドゥフェ」

生産者はドメーヌ・ダニエル=エティエンヌ・ドゥフェ。シャブリの造り手としてはとても生産量が少なく、かつ熟成させたシャブリをゆっくりリリースする特殊な造り手です。イギリスのスーパーから35年間毎年オファーがあるそうですが、「これだけ買うから値段をディスカウントしてくれ」という話は徹底的に断っているそうです。それに対応できるだけの生産量もないためだとか。

彼らのワインはタンク内にて長期熟成を行います。瓶詰めされたワインは、リリースされる前に6~12ヵ月間セラーで寝かされます。この時点でシャブリは2年、プルミエ・クリュは4から6年の時を経ています。

シャブリ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2012
Chablis Vieilles Vignes /Domaine Daniel-Etienne Defaix

平均樹齢:45年(一番古いもので1905年) 

香りには白桃やドライアプリコット、リンゴのコンフィ、菩提樹、ミント、ジンジャー、下草、イースト、そしてキンメリジャン特有のチョーク、石灰、火打石、ミネラルのニュアンスが混じり合う。落ち着いた印象があり洗練された趣。アタックはソフトでなめらか。口中にアロマが広がる繊細な果実味で、豊富なミネラルを伴う。熟成により酸味は穏やか、それぞれの要素が綺麗に溶け込むスムーズな口当たりで、今もなおアペラシオンの特徴である「瑞々しさ」と「繊細さ」を維持している。さっぱりとした辛口、それでいて味わいは滋味深く、甘美なるアフターへと続く。

【合わせるお料理】
和食全般、寿司、天ぷら、牡蠣、白身肉料理、海老のグラタンなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 シャブリ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

ローカル紙の記事をラベルに採用したユニークなワイン「リャボルス」

2017818204712.jpg

環境に配慮しながら高品質なワインを生産

「セジェール・ラ・ビニェータ リャボルス 2015」

本日は、ローカル紙の記事をラベルに採用したユニークなワイン『リャボルス』をご紹介いたします。

生産者はセジェール・ラ・ビニェータ。環境に配慮し伝統的な土着品種のブドウに、外来種をブレンドした高品質なワイン造りを真っ正直に目指す、若く、活動的なワイナリーです。ブドウ畑の他に、オリーブ畑、鶏、羊を所有。ワイナリーで出たブドウの搾りかすを鶏の餌に、鶏の糞をオリーブ畑の肥やしにというように、できる限り自給自足のワイナリー経営を目指しています。

ワイン名の“リャボルス”はカタルーニャ語で「当時、そのとき」の意味。ラベルには毎年、醸造過程中に起こった重要な出来事が記載されたローカル紙の記事が採用されています☆

セジェール・ラ・ビニェータ リャボルス 2015
Llavors /Celler La Vinyeta

香りにはプラムやブラックチェリー、イチジク、スミレ、ローリエやアニスなどのハーブのヒント。加えて上品な樽香、バニラやナツメグ、シナモン、コーヒー、お香などの香りが複雑性を与え新鮮な果実感にも落ち着いた印象と、心地よい熟成が感じられる。アタックはソフトでなめらか。繊細なタンニンと酸とのバランスが素晴らしく新鮮でしっかりとした構造をもつ。舌触りはビロードのようで純粋。果実味は伸びやかに広がりドライフルーツやスパイシーなオークの要素が綺麗に溶け込んでいる。味わいはドライで過熟なくスマート、十分なアルコール感と旨みが凝縮されておりフルボディだが柔らかくエレガントな余韻が続く。

【合わせるお料理】
赤身肉のシチューや煮込み料理、ハンバーグ、ソースを使った料理、鰹のお刺身バルサミコ和え、熟成チーズなど。

産地:スペイン カタルーニャ州
品種:ガルナッチャ、サンソー、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

果実本来の純粋さと熟成感が絶妙♪「ドン・ラモン」

201781723380.jpg

本日のワインはガルナッチャとテンプラニーリョで造られる、スペインの赤ワイン、「ドン・ラモン」をご紹介いたします。生産者はボデガス・アラゴネサス。D.O.カンポ・デ・ボルハ内最大規模のワイナリーとして知られおり栽培されるブドウの大半をガルナッチャ種が占めています。ブドウ畑はイベリア山脈の支脈に沿って、サラゴサ県の最北に位置。ナバーラ、リオハと共に、高品質なブドウ栽培に大変適した気候と土壌を兼ね備えた地域です。

ワインはベリージャムやチェリー、スパイスの香りがあり次第にリコリスやカラメルのような香りが現れます。なめらかな口当たりで果実本来の純粋さに加えて熟成感と独特な風味から飲み飽きることなく楽しめます。バランスがとれたミディアムボディ。少し冷やし気味でも美味しくいただけます☆

熟成:アメリカンオーク小樽で3ヶ月、その後瓶で3ヶ月以上熟成。

ボデガス・アラゴネサス ドン・ラモン 2015
Don Ramón /Bodegas Aragonesas

香りにはベリージャムやチェリー、イチジク、ハーブ、ブラックペッパー、シナモン、オリエンタルなスパイス、オーク、バルサミコ。次第にリコリスやカラメルのような香りが現れほんのりと甘いニュアンスをもつ。アタックはソフトでなめらか。果実味と酸とのバランスがよく味わいはまろやかで、ドライ仕立て。口当たりがスムーズなのが良い。スパイシーなオークの風味がよく馴染み絶妙なまでの甘辛度。果実本来の純粋さに加えて熟成感と独特な風味から飲み飽きしない美味しさ。このクラスとしては複雑で飲み心地の良いミディアムボディ。

【合わせるお料理】
軽い味付けの赤身肉料理、ハンバーグ、お好み焼きや焼きそば、ソースを使った料理など。

産地:スペイン アラゴン州
品種:ガルナッチャ主体、テンプラニーリョ
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

商品ページはワイン名をClick!!

安定した品質と高いパフォーマンスを実現「ジャニソン・エ・フィス」

201781714856.jpg

ジャニソン・エ・フィスは、モンターニュ・ド・ランスのヴェルズネイ村に本拠を置く家族経営のシャンパーニュ・メゾンです。9つのグラン・クリュと2つのプルミエ・クリュ、合計9haの自社畑を所有し、また契約栽培農家からも高い品質基準を満たすブドウのみを購入し高品質なシャンパーニュを生産しています。2008年に日本に上陸するまでは、そのほとんどが欧米市場で消費されてきました。2007年には「トラディション NV」がワイン・スペクテーター誌で91ポイントを獲得。さらに1998年の世界ソムリエ選手権チャンピオンで、マスターオブワインのマルクス・デル・モネゴ氏がワインコンサルタントを務める、ルフトハンザドイツ航空のラウンジにおいても採用された実績があります。

本日はスタンダードのトラディションとブラン・ド・ブランをご紹介いたします☆

ジャニソン・エ・フィス ブリュット・トラディション NV
Brut Tradition /Champagne Janisson & Fils

香りには白桃やリンゴ、グレープフルーツ、白い花のアロマにジンジャー、イースト、バニラ、ブリオッシュ、ナッツ、鉱物的なミネラルのノート。新鮮さと華やかさが一体となり、しとやかさと気品が感じられる。口に含むとなめらかで繊細な発泡が心地よい。ピノ・ノワール種主体ならではの重心が低く重厚な味わいにも口当たりはスムーズで、フルーティーな風味と相まって飲みやすい印象をうける。バックボーンにはミネラル、そして優美な酸がしっかりとした骨格を形成し、透明感のあるピュアな果実味をくっきりとした酸が程よく引き締める。エレガントでやわらかく、アフターの余韻も長め。

【合わせるお料理】
鴨肉のロースト、鶏肉とキノコのクリーム煮、鰆のムニエル、白身魚のカルパッチョなど。

品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

 

ジャニソン・エ・フィス ブリュット ブラン・ド・ブラン NV
Brut Blanc de Blancs /Champagne Janisson & Fils

香りには白桃やアプリコット、リンゴ、グレープフルーツなどの果実香に白い花、オレンジピール、石灰、ミネラルのノートが混じり合う。上品なアロマの広がりが心地よい。そしてイースト、ブリオッシュ、アーモンド、バターといった芳しいブーケが続き香りの奥行を増す。アタックはソフトでなめらか。果実味豊かでふくよかなボリューム感があり熟したグレープフルーツやオレンジ、ほろ苦いミネラルの風味がアクセント。エキス分豊かで集約した旨みが滲み出る。味わいはドライで広がりがあり、酸とのバランスが秀逸。程よい引き締めと、純粋さ、ミネラリティーに溢れたコクを備えている。

【合わせるお料理】
海の幸の盛り合わせ、寿司、鮎の塩焼、帆立や白身魚のムニエル、和食料理など。

品種:シャルドネ100%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

"メルロの魔術師"ミシェル・ロラン所有のシャトー「シャトー・フォントニル」

2017814203534.jpg

“メルロの魔術師”ミシェル・ロラン所有のシャトー

「シャトー・フォントニル」2010年が入荷しました☆

「シンデレラワイン請負人」、「メルロの魔術師」といった異名をもつフライング・ワインメーカー、ミシェル・ロラン氏が共にボルドー大学出身のエノロジストである夫人、ダニーと所有するフロンサックのシャトー、フォントニル。数多くの著名シャトーやワイナリーのコンサルタントを務めた後、自分たちでワイン造りをしたいと思い、1986年にフロンサックのサイヤン村に土地を購入。畑面積はおよそ9haで、平均樹齢40年以上のブドウ木が植えられています。粘土と石灰質からなる土壌は、得意のメルロ種に適しています。手摘みで収穫した完熟した葡萄から、なめらかでしっかりとしたタンニンの凝縮されたワインを世に送り出しています。

2010年は果実の純度が高く濃厚な果実味が広がり、かつミネラリーでしっかりとした骨格が感じられます。

シャトー・フォントニル 2010
Château Fontenil

香りにはラズベリーやブラックベリー、スミレ、ローリエ、ミント、ブラックペッパー、ローストしたオークのノートが混じり合う。スパイシーで上品な樽香、バニラやトースト、モカ、ダークチョコ、タバコの香り、そしてレザーや土、鉱物、ミネラルのニュアンスが続き、力強さと複雑さを呈している。アタックはなめらか。果実の純度が高く濃厚な果実味が広がり、ミネラリーでしっかりとした骨格をもつ。豊かなタンニンは丸みを帯びており酸とのバランスが優れている。質感のある舌触りで層状、まろやかなコクとふくよかさを兼ね備えておりフィニッシュには心地よい渋みと長めの余韻、果実とオークのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
赤身肉のステーキや焼き肉、スペアリブ、ジビエ、コクのあるチーズなど。

産地:フランス ボルドー地方
品種:メルロ95%、カベルネ・ソーヴィニヨン5%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

イタリア マルケ州を代表する白ブドウ「ヴェルディッキオ」

2017813223021.jpg

シャープで伸びやかな果実味。艶やかでクリアーな酸とのバランス。

本日は、イタリア マルケ州を代表する白ブドウ、ヴェルディッキオをご紹介いたします。ブドウの名前は色が『ヴェルデ(緑)』であったことに由来しており、ワインもグリーンがかった澄んだ色調です。一般に新鮮なアロマと程よく苦味があり、ミネラリーでしっかりしたボディのタイプがつくられます。暑い時季によく冷やして飲みたいワインです☆

生産者は祖父母の代から3世代続く家族経営の造り手、ヴィニェディレオ(トレ・カステッリ)。所有面積93haのうち、60haがブドウ畑、そのうち45haでヴェルディッキオを栽培しています。

ヴィニェディレオ ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ ・ディ・イエージ・クラッシコ 2016
Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico /Vignedileo(Tre Castelli)

香りには新鮮なグリーンアップルやライチ、ライム、レモンオイル、サンザシ、ハーブ、アニスのノート。そして砕石、石灰、ミネラルのニュアンスがあり特徴的な塩気が感じられる。アタックは爽やかでなめらか。エッジがシャープで伸びやかな果実味が広がり十分な鮮度、艶やかな酸が立つ。口当たりは瑞々しく軽快で、ミネラルを含み、やや低めの重心から程よくボディが感じられる。スッキリとした飲み心地でクリアーな酸が味わいを支えるエレガントな仕上がり。アフターにはグレープフルーツの皮やミネラルのようなほろ苦さ。

【合わせるお料理】
白身魚のフライや天ぷら、バターを使った魚介料理、寿司、鶏や豚肉料理、生ハム、リゾットなど。

産地:イタリア マルケ
品種:ヴェルディッキオ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

目指すはテロワールの醍醐味が楽しめるワイン「ケーブル・ベイ ヴィンヤーズ」

2017811232953.jpg

目指すはテロワールの醍醐味が楽しめるワイン

「ケーブル・ベイ ヴィンヤーズ」

「ケーブルベイ・ヴィンヤーズ」は、1996年『世界レベルのワインを造る』という、同じ目標と夢を持つワイン愛好家たちによって設立され、僅か10年足らずという短期間の内に、トップ・ワイナリーへと成長を遂げてきました。産み出されるワインはどれもコストパフォーマンスに飛ぶものばかり。手ごろな価格で楽しめる上質な味わいは多くのファンの心を掴んできました。

本日は、華やかに薫るアワテレ・ヴァレー産ピノ・グリとピノ・ノワールのご紹介です。どちら単一畑です☆

マールボロ アワテレ・ヴァレー ピノ・グリ 2016
Marlborough Awatere Valley Pinot Gris /Cable Bay Vineyards

香りには洋梨やリンゴ、白桃、ライムなどの新鮮な果実香に白いバラ、ジンジャー、シナモン、仄かな樽香、鉱物、ミネラルのノートが混じり合う。続いてナッツ、軽くローストしたアーモンドの香り、バナナや生クリームなどの上品なブーケが広がり奥行を増す。アタックは爽やかで風味豊かな果実感、それでいてドライで、活気が満ち溢れる。香り同様の果実にスイカズラ、ナッツ、豊富なミネラルを含んでおり、エキゾティックで表情豊かなフレーヴァーが口中を満たす。軽快にして程よくグリップが効いた辛口、力強く整ったストラクチャーとミネラルのバランスが素晴らしい。総じてエレガント、アフターにはビターさと果実の余韻が残る。

【合わせるお料理】
白身肉を中心とした料理、中華・アジア料理、香草を使ったタコのマリネ、寿司、フィレカツなど。

品種:ピノ・グリ100%
タイプ:白ワイン 辛口

 

マールボロ アワテレ・ヴァレー ピノ・ノワール 2014
Marlborough Awatere Valley Pinot Noir /Cable Bay Vineyards

香りにはチャーミングな赤い果実香が支配的でチェリーリキュールやストロベリー、クランベリー、そしてプラム、バラ、ドライハーブ、やさしいバニラ、シナモン、トースティなオークのノートが混じり合う。口に含むとなめらかで、活気に満ち溢れたジューシーな果実味が伸びやか。十分に熟しており果実本来のもつ自然な甘さが心地よい。タンニンはやさしく酸とのバランスに優れており、ピュアでまっすぐな個性が光る。ミネラルを含む鉱物的なニュアンス、それでいて柔らかく繊細さを兼ね備えている。アフターの余韻も長い。

【合わせるお料理】
鶏や豚肉のテリーヌ、鴨肉のロースト、ジビエ、ラザニアなど。

品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアムボディ

商品ページはワイン名をClick!!

ブルゴーニュの赤ワインの中で最も女性的。「ヴォルネイ」

201781103313.jpg

ブルゴーニュの赤ワインの中で最も女性的と言われているヴォルネイ。

ヴォルネイのワインは繊細にして芳醇、早熟なので若いうちから楽しめ、また熟成のポテンシャルも大いに秘めています。一級畑サントノはそんなヴォルネイにあって、ボディが大きく豊かな質感が感じられます。

本日のワイン

ドメーヌ・ジャック・プリウール ヴォルネイ プルミエ・クリュ サントノ 2014
Volnay 1er Cru Santenots /Domaine Jacques Prieur

香りにはラズベリーやストロベリー、クランベリーなどの新鮮な赤果実のアロマにスミレ、バラ、ローズヒップ、リコリス、樽からくるシナモンやクローブなどのスパイスのノート。そしてバニラやお香、白檀の香り。アロマの新鮮さ、華やかさを尊重した上品な樽香が包み込むように広がり、さらにマッシュルームや枯れ葉、皮革のニュアンスが続く。アタックはソフトでなめらか。果実味は高密度で旨みが凝縮されており同時に繊細さを併せ持つ。舌触りはビロードのようで官能的な柔らかさ。ふくよかなボディにも幾分軽やかで味わいがすっきりとしており早熟で、若いうちから楽しめる。まさにもぎたての果実を噛んでいるかの様。新鮮みに溢れておりスパイシー、総じて辛口に仕上がっている。余韻は長くエレガント、果実とオークのフレヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
牛や鴨肉のロースト、鶏肉の照り焼きやシチュー、ジビエ、もつのトマト煮、ベーコン、エポワスチーズなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

新ヴィンテージ2014入荷しました☆「ドメーヌ・ジャック・プリウール」

201787231710.jpg

ドメーヌ・ジャック・プリウールは18世紀末にムルソーに設立されました。コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌのプルミエ・クリュ、グラン・クリュを中心とした21haの畑を所有し、モンラッシェ、シャンベルタン、ミュジニーなど素晴らしいワインを世に送り出しています。所有者はエドワール・ラブリュイエール氏。ムーラン・ナヴァンのドメーヌ・ラブリュイエールの6代目当主でもあります。一族が1988年にジャック・プリウールを買収し、94年にはボルドー・ポムロールのシャトー・ルジェを購入。ラブリュイエール氏は、ボルドーでブローカーの経験を積み、2008年からプリウールを指揮するなどワイン業界において精力的な活動を行っています。

今回は新ヴィンテージの2014年が入荷いたしました。白では特級畑のモンラッシェ、シュヴァリエ・モンラッシェをはじめムルソー一級畑ペリエール、赤ではシャンベルタン、エシェゾー、ヴォルネイ一級畑サントノなど人気の銘柄をラインナップ。本日はこの中からムルソー一級畑ペリエールをご紹介いたします。

ドメーヌ・ジャック・プリウール ムルソー プルミエ・クリュ ペリエール 2014
Meursault 1er Cru Perrieres /Domaine Jacques Prieur

香りにはアプリコットや白桃、洋梨のコンポート、グレープフルーツ、サンザシ、菩提樹、アーモンド。熟した果実とスパイシーなオークが溶け込んだ繊細なアロマ、そしてバターやトースト、砕石、チョーク、塩気を伴うミネラルのニュアンスが続く。聡明で、研ぎ澄まされたような洗練された芳香が広がる。アタックはソフトでなめらか。密度の高い果実味でピュア、ミネラルを含む力強い味わいにもバランスがとれており印象的な柔らかさ、とても滋味深いもの。ペリエールらしいふくよかさはもちろんのこと、香り同様に繊細で「なめらかさ」の延長線上に、上品な、オイリーなテクスチャー。口当たりが兎角スムーズでスタイリッシュな飲み心地。若いうちから楽しめるモダンな一面も長期の熟成が期待できる。

【合わせるお料理】
オマールや伊勢海老のソース添え、クリーム系肉料理やフォアグラ、牛フィレのソテー、鉄板焼き、寿司(穴子)、青カビチーズなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ボーヌ地区
品種:シャルドネ100%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

※ドメーヌ・ジャック・プリウールのワインはこちら