ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報

ピックアップ情報

樹齢50~100年のグルナッシュ「コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグ」

2017622152328.jpg

テッラ・ヴィティスで葡萄栽培/素晴らしい品質とコストパフォーマンスが魅力

「エステザルグ葡萄栽培者組合」

1965年に設立されたエステザルグ葡萄栽培者組合は、現在10人のメンバーで構成される小規模な組合で、村はリラックの10km南に位置しています。自分の畑は自分で管理し、1/3をドメーヌ名で出荷、1/3は組合名で瓶詰めし、残りはネゴシアンに売ってしまいます。

栽培方法は、「テッラ・ヴィティス Terra Vitis」 を実践しています。テッラ・ヴィティス とはラテン語で『地球(大地)のワイン』という意味があります。環境に配慮した自然な農業がテーマとなり、土壌や樹木の生態をできるだけ自然に維持し、農薬や除草剤の使用を制限するだけではなく、葡萄の栽培やワインの醸造過程で発生する排水や廃棄物の管理にも厳しい基準を設けています。

本日は、組合の中から最高のグルナッシュを選りすぐって造られたコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグのご紹介です。樹齢はなんと50~100年の古木もの!葡萄本来の甘さのある香りと果実味。酸と果実味のバランスが良いワインです☆

エステザルグ葡萄栽培者組合 コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ シニャルグ ヴィエイユ・ヴィーニュ ラ・グラナッチャ 2015
Côtes-du-Rhône Villages Signargues Vieilles Vignes La Granacha /Les Vignerons d’Estézargues

香りにはプラムやイチジク、ラズベリー、コンポートした果実のようなフルーティーなアロマにラベンダー、ローズマリー、赤紫蘇、ピンクペッパーのノートが混じり合う。そして爽やかな酵母、なめし革のニュアンス、新鮮なハーブのヒントが印象に残る。アタックはなめらかで果実味はピュア。濃縮感のある果実味と伸びやかな酸とのバランスがよくミネラリーで、十分な鮮度が感じられる。15度という高めのアルコール分にも突出しすぎることがない。嫌みのない上品なまとまり、味わいは重く残らずエレガント。くっきりとした輪郭をもち、辛口にして果実本来の甘さを伴う。

【合わせるお料理】
赤身肉料理、鶏肉のグリルやトマト煮、中華、エスニック料理など。

産地:フランス コート・デュ・ローヌ地方
品種:グルナッシュ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

シャルドネ100%「J.M.ラブリュイエール パージュ・ブランシュ」

20176190728.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」その3

先日よりシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールのアイテムをご紹介させていただきましたが本日の投稿にて最後になります。黒ブドウと白ブドウの絶妙のバランス「プロローグ」に始まり、鮮烈でエレガントなブリュット・ロゼ「アントロジー」、そしてトリを飾るのはシャルドネ100%のブラン・ド・ブラン、「パージュ・ブランシュ」です。

フローラルなアロマをもつ、シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。心地よい緊張感のある繊細な果実味が広がりミネラリーでとても滋味深い。Page Blancheとは直訳すると「白いページ」を意味しますが、次々と表れる豊かな香り・味わいを思い思いに感じて描く、そんな楽しみが込められているのかも。

J.M.ラブリュイエール パージュ・ブランシュ・ブリュット グラン・クリュ NV
Page Blanche Brut Grand Cru /J.M.Labruyère

香りにはリンゴのコンポートや白桃、アカシアを思わせるフローラルなアロマにグレープフルーツやレモンの皮、ジンジャー、樽由来のバニラ、ブリオッシュ、アーモンド、イースト香。そしてチョーク、塩気、石灰的なミネラルのニュアンスが加わり、格調高さに加え心地よい緊張感を伴う。アタックはなめらかで非常にキメ細かな発泡。まろやかな果実味がじんわりと口中を満たし、繊細にして果実の旨みが満ち溢れる。くっきりとした酸味にも嫌みの無いエレガントな仕上がりで、含んだミネラルを軸に骨格を持つ。甘辛のバランスが絶妙のハーモニー、洗練されつつ、とても滋味深いもの。塩気を伴うミネラルがアフターに続き、余韻も持続性がある。

【合わせるお料理】
魚介を中心とした料理、帆立貝のムニエル、アスパラガスのチーズ生春巻きなど。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:シャルドネ100%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

鮮烈でエレガントなブリュット・ロゼ「J.M.ラブリュイエール アントロジー」

201761815644.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」

本日はシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールより、ブリュット・ロゼのご紹介です。その名も『アントロジー Anthologie』です。ヴェルズネイで採れたピノ・ノワールとシャルドネに少量のコトー・シャンプノワ・ブジー・ルージュを加えています。タンニンとのバランスをとるためにドザージュはやや多めの6.4g/l。味わいはまろやかでレッドベリーを感じさせる余韻の長いフィニッシュへと続きます☆

J.M.ラブリュイエール アントロジー・ブリュット・ロゼ グラン・クリュ NV
Anthologie Brut Rosé Grand Cru /J.M.Labruyère

香りにはラズベリーやチェリーのジュレ、ピンクグレープフルーツ、バラ、ピンクペッパー、ジンジャー、イースト、石灰的なミネラルのノート。チャーミングかつ洗練された芳香、奥からクラッシュした果実のような鮮烈さがただよい仄かな甘さ、そしてナッツのニュアンスを伴う。アタックは爽やかで繊細な発泡、味わいはまろやかで赤いベリーやチェリーを思わせる。膨らみとともにくっきりとした輪郭をもち、酸味は豊かだが嫌みが毛頭無くエレガント。心地よい緊張感に溢れんばかりの果実感、幾分フレッシュで綺麗な酸とミネラルがしっかりと味わいの均衡を保っている。アフターフレーヴァーの余韻は長く、香りから味わい、余韻まで一貫性がある。

【合わせるお料理】
鴨肉やオマールのロースト、サーモン(トマトソース)、マグロの刺身、海老のサラダ、寿司など。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%、少量のコトー・シャンプノワ・ブジー・ルージュ
タイプ:スパークリングワイン ロゼ 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

黒ブドウと白ブドウの絶妙のハーモニー「J.M.ラブリュイエール プロローグ」

201761703012.jpg

グラン・クリュの畑にこだわり、素晴らしいヴェルズネイのテロワールを表現

「シャンパーニュJ.M.ラブリュイエール」

J.M.ラブリュイエールは、ムルソーの銘醸ドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営ラブリュイエール家が手掛けるシャンパーニュ、レコルタン・マニピュランです。

ラブリュイエール家のワイン造りの歴史は1850年にジャン・マリーがマコン地域のレ・トランでワイナリーを創立したところから始まります。この土地は1924年にムーラン・ア・ヴァンのアペラシオンに制定されました。ブドウ栽培、ワイン生産の規模は広がり、1988年にブルゴーニュに足掛かりを得てムルソーのドメーヌ・ジャック・プリウールの共同経営者となりました。

1992年よりポムロールのシャトー・ルジェ、そして2012年よりシャンパーニュJ.M.ラブリュイエールを手掛けています。シャンパーニュJ.M.ラブリュイエールはグラン・クリュの畑にこだわり、醸造はドメーヌ・ジャック・プリウール同様にナディーヌ・ギュブラン氏が務めています。最良の畑のブドウによるワインを19世紀のセラーにて長期熟成させ、偉大な複雑性をもつガストロノミーの為のシャンパーニュを生産しています。

本日は黒ブドウと白ブドウの絶妙のハーモニー、“プロローグ”のご紹介です☆

J.M.ラブリュイエール プロローグ・ブリュット グラン・クリュ NV
Prologue Brut Grand Cru /J.M.Labruyère

香りには洋梨や白桃、焼きリンゴ、グレープフルーツの皮のアロマに樽由来のトーストやビスケット、アーモンドなどの芳しいオークのノートがアクセント。そしてジンジャー、濡れた石、チョーク、ミネラルのニュアンスが続き、繊細かつ膨らみのある上品な趣。アタックはソフトでなめらか。クリーミーな発泡が心地よく酸味は穏やか、「旨み」がじんわりと表れる。派手さを微塵も感じさせないエレガントな仕上がりで味わいとしてはドライ、酸度を抑えたシトラスにバターの風味が溶け込んでいる。滋味深く飲み心地が良く、それでいてしっかりとした骨格を持つ。果実味とミネラル、酸味とが絶妙のハーモニーを奏で、アフターにはバニラとシトラスのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
魚介を中心とした料理、鶏肉と茸のクリーム煮、パエリアなど。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 ヴェルズネイ
品種:ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

極寒の世界が生み出す奇跡の滴「ノーザン・アイス・ヴィダル・アイスワイン」

201761517154.jpg

ザ・アイスハウス・ワイナリーは、元カナディアンワイン醸造・栽培協会会長、カナダを代表する醸造家ジェイミー・マクファーレン氏によって2005年に設立。初ヴィンテージの2005年からいきなりモンドセレクションで最優秀金賞を受賞し、カナダ最高峰のアイスワインハウスとして世界各国から注目を集めています。

アイスワインはマイナス8度になるまでゆっくりとブドウの木の上で秋から厳しい冬にかけて成熟させる必要があります。カナダでは品質を守るため、法律でマイナス8度になるまで収穫が認められておらず、理想的な状態になるまでブドウの木に房が付いた状態でブドウは何度も凍結・解凍を繰り返し、少しずつ水分を落とし糖度を高めて味わいを凝縮させています。

ジェイミー氏の産み出すアイスワインは他にはない、高い酸・果実味・糖度のバランスが優れた「新しいスタイルのアイスワイン」。通常カナダでは35ブリックス(果物の糖度の単位)以上での収穫がアイスワイン用ブドウの収穫に義務付けられています。しかし、ザ・アイス・ハウスワイナリーではブリックス度が39度まで上がるまで収穫を待ちます。こうすることにより、氷結したブドウはより凝縮感を増し、引きしまった酸とフレッシュな果実味を併せ持つことができるといいます。

ザ・アイス・ハウス・ワイナリー ノーザン・アイス・ヴィダル・アイスワイン 2014
Northern Ice Vidal Icewine /The Ice House Winery

香りには完熟した黄桃やマンゴー、アプリコット、ジュレやコンポートした黄系果実、黄色い花、紅茶、バニラエッセンス、蜂蜜のヒント。濃縮具合は極めて高く、甘く芳醇なアロマが鼻腔をくすぐる。口に含むと、とろけるようなオイリーな舌触りでなめらか。旨みが凝縮された濃密な果実味に溢れており、豊満で濃厚な味わい。極甘口にして、スッキリとした酸味から味わいにメリハリが感じられる。球体的な丸み、豊かなコクを備えたフルボディタイプ。アフターには果実やバニラのフレーヴァーが広がり、甘美なる余韻に酔いしれる。高品質でありながら非常にお買い得な1本。

産地:カナダ オンタリオ州 ナイアガラ・オン・ザ・レイク
品種:ヴィダル・ブラン100%
タイプ:白ワイン 極甘口

商品ページはワイン名をClick!!

高品質かつヴァリュー・ワインであること「ドメーヌ・ポール・マス」

201761304354.jpg

1892年からブドウ栽培を行ってきたマス家は、現在のオーナー、ジャン・クロード・マス氏の代になり、目覚ましい発展を遂げました。豊富な経験と鍛え抜かれた鋭い味覚で生み出される高い品質がジャン・クロード・マス氏の強み。「期待通りでないワインは決してボトリングしない」、という厳しい姿勢で誰もが認める今日の信頼を築き上げてきました。

「高品質」であると同時に「ヴァリュー・ワイン」であることに拘り、今ではリーズナブルな価格で本格的なスタイルを貫く生産者として高く認識されています。受け継いだテロワールを重視する一方で、最新の醸造技術やアイデアを取り入れ更なる革新と挑戦を続けています。

本日のワインは、自社畑で採れたブドウで造る贅沢ブレンド、赤と白のご紹介です☆

 

赤ワイン

ドメーヌ・ポール・マス カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ 2014
Domaines Paul Mas Cabernet Sauvignon-Merlot

香りにはカシスやブラックチェリーのコンポート、スミレ、ドライハーブ、ブラックペッパー、そしてバニラやトースト、ビターチョコなどの芳しいオークのノート。土っぽさやスモーキーなニュアンスが広がりクラスを超えた複雑性をもつ。アタックはなめらかで果実味が豊か。口に含んですぐは果実本来の甘さをとらえるも豊富なスパイシーさ、抽出されたオークの要素が溶け込んでおり過度な甘さを感じさせないドライ仕立て。プルっとした丸いテイスト、酸味は穏やかでしっかりとした飲み応えがある。濃縮感溢れるアフター、果実とオークのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
赤身肉のローストや赤ワイン煮込み、焼き肉、ビーフシチュー、すき焼き、パテなど。

 

白ワイン

ドメーヌ・ポール・マス シャルドネ/ヴィオニエ 2014
Domaines Paul Mas Chardonnay-Viognier

香りにはアプリコットや洋梨、マンゴー、パイン、ライムの皮、スイカズラ、ホワイトペッパー、そして樽由来のバニラやトフィー、クレームブリュレのような芳しいオークのノート。甘さのあるオイリーなニュアンスが広がり、続く鉱物的なミネラルが洗練さを与える。アタックはなめらかで濃密な果実感、たっぷりとした旨みが満ち溢れ辛口にして残糖感が心地よい。酸味は穏やかでふくよかなボリュームある味わい、アルコール感がしっかりとあり飲み応えが充実している。芳醇なシャルドネ種とフレッシュな風味が際だつヴィオニエ種との絶妙のハーモニー。余韻も長く楽しめ、果実とバニラのフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
クリーム系やエスニック料理、魚介の天ぷら、ブロッコリーとベーコンのソテー、野菜炒めなど。

商品ページはワイン名をClick!!

ナパでイタリアの食卓を演出「カモミ・ワイナリー」

201769233330.jpg

カモミ(Ca’Momi)-イタリア語で“モミの家”-モミとは、3 人の共同経営者がイタリアで所有するヴィンヤードの元のオーナーの名前です。ダリオ・デ・コンティ、ステファノ・ミゴット、そしてヴァレンティーナ・グオロ・ミゴットの3 人は、2006 年にアメリカのナパ・ヴァレーにイタリアの伝統に根差したワインと食の文化を広めるため、カモミ・ワイナリーを立ち上げました。

彼らの造るワインは、イタリアの家庭で家族と一緒に食事を食べながら飲むワイン。美味しい料理は良い素材から作られるのと同じように、良質のブドウから造るワインは自分たちが大切な家族や友人と酌み交わしたいワインです。そこには余計な飾りや、難しい説明はいりません。誰もが気軽に楽しめ、食事との相性の良いワインこそが、3 人の目指すワインです。厳選されたブドウで造られる彼らのワインには、3 人の良質なワインへのこだわりと、イタリア人にとって何より大事な食文化への情熱が込められており、大胆で豊かなその味わいに表現されています。

本日はシャルドネとメルロのご紹介です。

 

■樽リッチ・シャルドネ■

カモミ シャルドネ ナパ・ヴァレー 2015
Ca’Momi Chardonnay Napa Valley

アロマは熟れた果実感が支配的でパインやピーチ、洋梨、リンゴのコンポートを思わせ、ミントやシトラスのフレーヴァーがアクセント。同時に樽香もしっかりと効いておりバニラやトフィー、焦がしキャラメルなどの仄かに甘い香り、さらにバターやマッシュルーム、砕石、ミネラルのニュアンスが続き奥行が増す。アタックはソフトでなめらか。十分に熟した、もぎたてのリンゴや洋梨をほうばっているかのよう。非常に表情が豊かで柔らかくたっぷりとした旨みで満ち溢れる。ふくよかなボディながら適度に酸味が感じられアフターにかけてはドライ感、フィニッシュに心地よい引き締めを持つ。余韻に幾分甘さが残りクリームソース系料理との相性が抜群で、他に白身魚や豚肉のバターソテー、鶏肉の香草焼きや唐揚げなども合う。

 

■柔軟かつ豊満な果実味とコク■

カモミ メルロ ナパ・ヴァレー 2014
Ca’Momi Merlot Napa Valley

香りにはブラックベリーやブラックチェリー、スミレ、ローリエ、ミント、スパイシーなオークのノートが混じり合う。バニラやコーヒー、チョコ、トーストなどの香ばしさにナツメグやタバコ、お香、さらにややスモーキーで温かな大地のニュアンスが感じられる複雑なブーケ。アタックはなめらかでシルキーなテクスチャー、味わいは丸みを帯びており果実味とタンニン、酸味とが綺麗に溶け込んでいる。熟した、豊かな風味が舌上から溢れ出るかのようだ。柔軟かつ豊満な果実味とコクが楽しめるうえ、とかくスムーズで飲み心地がよい。フレーヴァーの広がりは突出して長く、バニラやモカのフレーヴァーが持続する。合わせるお料理は、牛ヒレステーキや牛・鴨肉ロースト、肉の煮込み、ハンバーグ、トマトベースの料理、キノコのグリルなど。

商品ページはワイン名をClick!!

このクオリティの高さでプルミエ・クリュだって?「サヴァール」

201768233339.jpg

評論家アントニオ・ガローニが遠くない将来、トップ生産者になると太鼓判を押す注目の生産者「サヴァール」

 

サヴァールは、モンターニュ・ド・ランス西側の8つのプルミエ・クリュの村のひとつ、エキュイユに所在するR.M.です。2005年に家業を継いだ3代目フレデリックがドメーヌの指揮を取るようになってから品質が著しく向上し、今やフランス国内外から多くの注目が集まる期待の星となっています。「ブルゴーニュの造り手が表現しているフィネス、深み、エレガントさが大好き。シャルドネ・ピノノワールと同じ品種を栽培しながら、テロワールを表現するという意味では彼らは頭一つ抜きん出ている」と語る彼は根っからのブルゴーニュ好き。フィネスや深みは畑仕事に由来すると考えており「可能な限り自然であること」を栽培のモットーとしています。

IWC誌やWA誌で特に近年高い評価を受けており、ワイン評論家のアントニオ・ガローニは近年のそのレベルの高さに興奮しシャンパーニュのトップ生産者になるにはそう遠くないとの言葉を残しています。

本日はピノ・ノワール100%のブラン・ド・ノワール、ルーヴェルチュール ブリュットをPick Up!

サヴァール ルーヴェルチュール ブリュット プルミエ・クリュ NV
L'Ouverture Brut 1er Cru /Savart

香りにはマラスキーノ・チェリーや洋梨、すりおろしりんご、シロップ漬けのオレンジを思わせ、フェンネルやジンジャーなどのスパイシーな香りがアクセント。他に白い花、アーモンド、蜂蜜の香り。そして膨らみのあるイーストやブリオッシュ、チョーク、鉱物的なミネラルのニュアンが続く。口に含むとなめらかで美しく繊細な発泡、果実味は酸とのバランスがよく非常にクリアーで伸びやか。肉付きは程よく、果汁の旨みはもちろん味わいはドライで、フィニッシュにレモンの皮を絞ったような溌剌とした印象が残る。重心は思いのほか高く芯の強さがあり、フィニッシュに心地よい引き締めをもつ。総じてエレガントなスタイル、アフターにはピーチや花のフレーヴァーが持続する。

【合わせるお料理】
アペリティフ、魚介を使ったサラダやマリネ、寿司など。

産地:シャンパーニュ地方 モンターニュ・ド・ランス地区 エキュイユ
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

快活でクリーン、新鮮なシトラス風味の泡「コノスル センティネラ ブリュット」

201767223018.jpg

本日は高品質ながらリーズナブルな価格にてワインを提供してくれるチリの生産者コノスルから、新しく加わったスパークリングワインのご紹介です。

コノスルはラペル地区チェンバロンゴに100年以上続くワイナリーで、設立後十数年のうちに、チリ第2位の輸出量を誇るまでの大ブランドに成長しました。その成長の原動力であり、コノスルの理念でもある「イノベーション」を常に追い求める姿勢は、スクリューキャップの導入、ビオビオ・ヴァレーやレイダ・ヴァレーなど新興産地においての自社畑拡大、サステイナブル農法や有機栽培の実践など、時代に先駆けて行われてきた数々の取り組みにあらわれています。

このセンティネラ ブリュット ブラン・ド・ブランは、100%シャルドネの良質な葡萄から精巧に造られています。手摘みで収穫後、細心の注意を払って選別され、製法はシャンパーニュ方式です。生産量を抑えることで、豊かなフレッシュさとミネラル感や良質な産地の特徴を備えた、最高の品質を引き出しています。

コノスル センティネラ ブリュット ブラン・ド・ブラン 2013
Centinela Brut Blanc de Blancs /Cono Sur

香りにはライムやグレープフルーツ、レモンピール、カモミール、ピーチ、ジンジャー、そしてバニラやココナッツ、ビスケット、イースト香。新鮮味に溢れた、フルーティーな果実香が広がり、奥には花の蜜のような甘さがあり魅力的、親しみやすくも品がよく探求心がそそられる。口に含むと繊細な発泡が心地よくなめらかなテクスチャー。ミネラルを伴うジューシーな果実味が伸びやかに広がり、快活でクリーンな酸とのバランス。酸味は豊かで嫌みが無く、新鮮なシトラスの風味がより引き立たされる。凝縮感があり、トースティなニュアンス。味わいとしても複雑で飲むほどに美味しさがこみ上げる。キレのよいスッキリとしたフィニシュ。春先から暑い季節にかけておすすめのスパークリング。

産地:チリ
品種:シャルドネ100%
タイプ:スパークリングワイン 白 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

優れた『品質対価格』を提供してくれる良心的生産者「エルヴェ・シャルロパン」

20176613449.jpg

コート・ド・ニュイ地区の村名アペラシオンでコスパといえばマルサネと言っても過言が無いでしょう。ブルゴーニュ地方では唯一、赤・白・ロゼの3種類のワインを生み出すアペラシオンで、プルミエ・クリュやグラン・クリュが無いものの優れた畑が多く、一部の畑にプルミエ・クリュに昇格させようという動きもあるようです。その中でもコスパ抜群のワインを提供してくれるのがこのドメーヌ・エルヴェ・シャルロパンです。

父からドメーヌを引き継いだのは1985年。品質を追求する志は高く、例えば粘土石灰質の自社畑の可能性を探るべく土壌調査を行ったり、極力農薬を使わないなど、常に努力を怠りません。ワイン造りに対する真摯な姿勢は、品質にも表れてきます。今やフランス国内でも高く評価され、人気は急上昇。「1997年まではバルク売りしていた。」というエルヴェ氏の言葉が嘘のように現在ではリリース後即完売しています。

ドメーヌ・エルヴェ・シャルロパン マルサネ クロ・デュ・ロワ 2015
Marsannay Clos du Roy /Domaine Hervé Charlopin

香りにはブルーベリーやラズベリー、スミレ、バラ、ローズヒップ、シナモンやクローブなどのスパイス、オークのノート。果実と花、スパイスが一体となり新鮮かつ繊細な芳香が魅了する。続いてマッシュルームや落ち葉、なめし革のニュアンスがありやや複雑。アタックはふくよかでなめらか。ジューシーな果実味が瞬く間に広がり、柔らかさの中にもストラクチャーがしっかりとしている。ミネラリーで、タンニンはキメ細か、嫌みの無い酸とのバランスがよく全体に丸みを帯びている。果実の力強さをストレートに感じる濃密なスタイルで、コクのあるオイリーなアフター。余韻に果実とオークのフレーヴァーが持続し、鮮度のある味わい深さが印象に残る。

【合わせるお料理】
牛や鴨肉のロースト、ジビエ、ソーセージ類、マグロのカルパッチョなど。

産地:フランス ブルゴーニュ地方 コート・ド・ニュイ地区
品種:ピノ・ノワール100%
タイプ:赤ワイン ミディアム-フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!