ホーム>インフォメーション>お知らせとイベント情報

お知らせとイベント情報

第14回ワインの気持ち Report

20181125223056.jpg

ワイン会「ワインの気持ち」にご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

テーマは、「前半:秋の収穫を祝おう! 後半:そして来年に向けて」

≪秋の収穫を祝おう!-新酒-≫

今回はオーストリアのホイリゲで乾杯!つづいてボージョレ・ヌーヴォーを2種類飲み比べていただきました。

■オーストリア新酒:ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018 /ツァーヘル
(フルーティーかつ上品な果実香が印象的で、アロマオイルのような清々しさ、自然の包容力を感じさせてくれます。ピチピチと弾ける軽快な飲み口にスイスイとグラスが進みます。)

続いてボージョレ・ヌーヴォーを2種類飲み比べ。2018年産は、ともに色濃くしっかりとした色調。

■ボージョレ・ヌーヴォー 2018 /ルー・デュモン
(華やかな含み香にうっとり。果実味は豊かですが、酸もしっかりとしていて、ミネラルとともに味わいを支えるエレガントなスタイル。余韻の最後まで続く果実のフレーヴァーがとても印象的でした。)

■ボージョレ・ヴィラージュ・プリムール キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ・ノン・シャプタリゼ 2018 /ドメーヌ・デ・デュック
(年産は僅か1,200本!今年も別次元の美味しさに脱帽しました。ガメイとは思えないほどの濃縮感にアルコール分、『これがボージョレ?』と、去年に続き驚嘆の声があがりました。)

20181125223556.jpg

≪そして来年に向けて -〆はロゼ・シャン ゴージャスに♪-≫

ボージョレの後は、“個性的なサヴァニャン”でリフレッシュ!

■スキン&ボーンズ サヴァニャン 2016 /BKワインズ
(生き生きとした力強いストラクチャーに、広がりのある香味や酸とのバランス。味わいは極めてドライで、その中にもハーブオイルをさしたかの様で、香りを抑えたストーンフルーツに、ほろ苦いミネラルが共存。フレッシュですが嫌みの無い酸度と、程よくボディも感じられ、このワインもまた「おおっ!」と感嘆の声が飛び交いました。)

■シャトー・ラセグ 2008
(10年熟成、皆で10年前のことを回想。私は…。皮革、腐葉土などの熟成香、動物的なニュアンスも感じられ、複雑で魅力的なブーケが鼻腔をくすぐります。柔らかに広がるボリューム感と層状のテクスチャー。熟成によりフィネスを纏い、長く続く余韻がありました。)

■ロゼ ダム・ジャンヌ NV /アンリ・ジロー
(最後はロゼ・シャンパーニュで贅沢に♪外観は銅色がかった淡いサーモンピンク。丸みを帯び、精緻な酸とミネラルが果実味を支え美しいまでのバランスを保っています。ドライで程々に重厚な印象、気品あふれる余韻に酔いしれた至福のひとときでした。)

2018112522371.jpg

ワインを飲み比べることで新たな発見ができたかと思います。また、このワイン会を通じて、たくさんのワイン仲間と出会い、親睦(楽しいワインの絆)を深めていただけたらと思います。

※参加者様にはFacebook、webページに掲載する旨、ご了承いただいております。

【ケータリング】
セカンドキッチン オイシイデリさん
金沢市京町11‐17 Tel/Fax 076‐251‐3160 

営業時間短縮のお知らせ(11月24日)

201811230226.jpg

営業時間短縮のお知らせ

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

11月24日(土)は『ワイン会』のため、18時までの営業とさせていただきます。

営業時間
11月24日 11:00~18:00

11月25日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

解禁! 2018 ボージョレ・ヌーヴォー

201811169147.jpg

本日、ボージョレ・ヌーヴォーが解禁になりました。インターネットにてご注文いただきましたお客様には、本日お手元に届きますように発送してございます。
(天候等の諸事情により、遅延が生じる場合がございますので、予めご了承ください。)

また、店頭でも本日より販売しております。在庫も残り僅かとなっております。ご検討されているお客様はお早めにお買い求めください。

以下、ルー・デュモンのオーナー:仲田さんのレポートによりますと、2018年は、・・・

『8月に続いて、9月も素晴らしい天候になりました。おかげでカビも病気もなくぶどうはすくすくと育ち、完熟して種まで茶色になった9月14日、快晴の中摘み取りを行いました。すべての区画で潜在アルコール度数が12.5度を超え、中には13度を超えた区画もありました。2009年、2012年、2017年によく似た、フルーティーで果実味いっぱいのヴィンテージになるのではないかと思います。』

レポートの日付は9月28日。そして、以下に続きます。

『・・・現在は発酵が終わりかけの段階ですが、とても深みのある味わいになっております。 これから約15日間の樽熟成を行います。微酸化作用によって、味わいはさらに複雑になっていきます。時間との勝負ですが、最後まで焦らずじっくりと仕込んでいきたいと思います。ご注文をくださいましたすべてのお客様に、心よりお礼申し上げます。』とのことでした。

本日は当店のボージョレ・ヌーヴォー ラインナップから、「ルー・デュモン」をご紹介します。チャーミング、それでいてアルコール感もしっかりとあって、期待通りの美味しさでした☆

ルー・デュモン ボージョレ・ヌーヴォー 2018
Beaujolais Nouveau /Lou Dumont

輝きのある紫がかったルビー。粘性は中程度より高め。アロマはフルーティーで華やか。様々なベリーフルーツやザクロ、カシスのコンポート、スミレを思わせ、オレガノや紅茶、アクセントに爽やかなハーブ、ミネラルのノート。 口当たりはなめらかで、華やかな含み香に思わずうっとり。ジューシーな果実味が口中隅々まで広がっていく。果実味は豊かですが、酸もしっかりとしていて、ミネラルとともに味わいを支えるエレガントな味わいに仕上がっています。比較的軽やかなミディアムタイプ。それでいてアルコール感もしっかりと感じられ、余韻の最後まで果実のフレーヴァーが持続します。

産地:フランス ボージョレ地区
品種:ガメイ100%

2018年 新酒のご案内ページはこちら

解禁! 2018 オーストリアの新酒「ホイリゲ」

2018111215726.jpg

本日、オーストリアの新酒ホイリゲが解禁となりました。

インターネットにてご注文いただきましたお客様には、本日お手元に届きますように発送してございます。
(天候等の諸事情により、遅延が生じる場合がございますので、予めご了承ください。)

生産者「ツァーヘル」

ホイリゲの故郷といわれるウィーンから、日本市場におけるホイリゲワインの草分け的存在として知られており、ワイナリーは1766年マリア・テレジアによって“マウワー”の小学校として建てられました。ツァーヘル家は3世代に亘ってワイン造りを行っています。

ひとつの畑に複数の葡萄品種(シャルドネ、リースリング、グリューナー・フェルトリーナーなど)を混植し、同時収穫したものを一緒に混醸するというウィーンの伝統的ワイン“ゲミシュターサッツ”で造られています。

2018年産は、フルーティーかつ上品な果実香が印象的で、アロマオイルのような清々しさ、自然の包容力を感じさせます。ピチピチと弾ける軽快な飲み口。和食との相性もぴったりでお正月にお節料理と楽しむのもGoodです!

ツァーヘル ビオ・ウィーナー・ホイリゲ 2018
Bio Wiener Heuriger /Zahel

アロマは新鮮で、リンゴや洋梨、白桃、白い花を思わせ、柑橘類の皮、カルダモン、ホワイトペッパー、鉱物的なミネラルのノートが混じり合う。フルーティーかつ上品な果実香が印象的で、アロマオイルのような清々しさ、自然の包容力を感じさせる。口に含むと爽やかでジューシーな果実感。ピチピチと弾ける軽快なアタックで、香り同様にフルーティーさが前に出る。それでもミネラルと豊かな酸が味わいを支えており総じて辛口、酸味は豊かだが柔らかく親しみやすくもエレガントな味わいに仕上がっている。フィニッシュのキレがよくアフターにはミネラルのようなほろ苦さ。

合わせるお料理
和食全般、ロールキャベツ、パテ、ソーセージ類、カツレツ、魚介のフライ、チンゲン菜の帆立あんなど。

産地:オーストリア
品種:シャルドネ、リースリング、グリューナー・フェルトリーナー等
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

2018年 新酒の解禁日

フランス ボージョレとマコネ地区・・・11月15日
オーストリア・・・11月11日
イタリア・・・10月30日

*解禁日が違いますのでお気をつけください。

2018年 新酒(ヌーヴォー、ホイリゲ、ノヴェッロ)のご案内ページはこちら

第14回「ワインの気持ち」開催のお知らせ

201811231352.jpg

日頃よりカーヴ・ド・ヴェレゾンをご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。当店主催のワイン会、「ワインの気持ち」を開催いたします。今回で14回目、そして2018年度、最後のワイン会になります。

テーマ:「秋の収穫を祝おう!そして来年に向けて」

秋の収穫を祝う新酒の季節。今年も皆様と一緒に楽しみたいと思います。先ずは新酒を3種類味わっていただきまして、残りの3種類を「ちょっと贅沢に」がプチテーマにセレクトさせていただきます。2018年も残り僅かとなりました。美味しいワインで忙しい時節を乗り切りましょう!

※少人数制6~12名程でテーブルを囲み、ゆったりとした雰囲気の中でワインとお食事、会話を楽しむ会です。

【日時】11月24日 19:30~(受付19:00~19:30)
【場所】カーヴ・ド・ヴェレゾン店内 ワイン会Room
【ワイン】6種類(新酒3種、他3種)
【食事】軽食(ケータリング、その他)
【会費】6,480円(税込)
【定員】6~12名

■問い合わせ先
カーヴ・ド・ヴェレゾン 076-225-3515

※注意事項※
注意事項を必ずお読みくださいませ。

・会費のお支払は現金のみでお願いします。
・事前に人数分の食事とワインを手配しております。無断欠席によるマナー違反はお控えください。キャンセルはなるべくないようにお願いします。
・ワインの薀蓄や人気銘柄を飲んだという自慢話をされたい方はご遠慮ください。
・会は禁煙です。また、過度な香水など香りが強いものはご遠慮ください。
・料理は軽食(ケータリング、その他)です。
・ワインは各種グラス1杯が基本です。当日の参加者様の流れをみて次のワインに移ります。
・飲酒運転、未成年者の飲酒は法律で禁止されています。
・当日は『ワイン会』のため、18時までの営業とさせていただきます。ご了承くださいませ。

解禁! 2018 イタリアの新酒「ノヴェッロ」

2018103014014.jpg

本日、イタリアの新酒ノヴェッロが解禁となりました。

各メーカーより無事に商品が到着しております。フレッシュで果実味溢れるノヴェッロをぜひお楽しみください。

また、インターネットにてご注文いただきましたお客様には、本日お手元に届きますように発送してございます。

(天候等の諸事情により、遅延が生じる場合がございますので、予めご了承ください。)

在庫数も残り僅かとなっております。ご購入を検討されているお客様はお早めにお求めください。

また、本日は火曜定休ですが、通常通りの営業をしております。

2018年 新酒の解禁日

フランス ボージョレとマコネ地区・・・11月15日
オーストリア・・・11月11日
イタリア・・・10月30日

*解禁日が違いますのでお気をつけください。

2018年 新酒(ヌーヴォー、ホイリゲ、ノヴェッロ)のご案内ページはこちら

「カリフォルニアワイン グランドテイスティング 2018」

20181030133828.jpg

カリフォルニア・ワイン グランド・テイスティング 2018

今年7月に新体制となっての、大きなイベント「カリフォルニアワイン アジア ミッション」の最終開催地は東京某所で行われました。 日本を代表するカリフォルニアワインのインポーター40社以上、そして日本未輸入ワイナリーを含む生産者が一堂に介する大試飲会とセミナー。会場は、通常非公開の歴史的な建物で、その名を明記できませんが、カリフォルニアワインのもつ解放感と品格が、その場にとてもマッチする素晴らしい雰囲気を醸し出していました。

カリフォルニアワインの魅力を改めて実感した有意義なひととき。気になるワインは追ってご紹介いたします。

営業時間短縮のお知らせ(10月29日)

2018102717209.jpg

営業時間短縮のお知らせ

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、10月29日(月)は都合により、17時までの営業とさせていただきます。

営業時間 10月29日 11:00~17:00

10月29日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

JALUX「プレミアムワイン試飲会 2018」

JALUX プレミアムワイン試飲会 2018

200周年を迎えたビルカール・サルモンをはじめ、看板のシャンパーニュ・メゾン″ジョセフペリエ″を筆頭に、ジョルジュ・リニエ、カレラ等、レアアイテムを多数テイスティング。 ジョセフ・ペリエは、今日ほどゆったりとテイスティングする機会に恵まれず、改めてその品質の高さを認識。ボトル形状の変更に伴い、ベースワインも大きく変更があったのでしょうか。過去の印象が良い意味 で払拭されました。

カリフォルニアでは、メジャーなところではカレラ・セレクションが、玄人受けではタリー、デュモルがとてもよく、この辺は名前に踊らされると本質を見謝ってしまう。味わい深いが、それでいてエレガントなワインが多く、今後のラインナップに活かしていきたいと思います。 気になるワインは追ってご案内をさせていただきます。

20181018143221.jpg
20181018143236.jpg
20181018143250.jpg
2018101814335.jpg
20181018143320.jpg
20181018143334.jpg

シャンパーニュ ベスラ・ド・ベルフォンとお鮨のマリアージュ in かた田 Report

シャンパーニュ ベスラ・ド・ベルフォンとお鮨のマリアージュ in かた田

201810155252.jpg
2018101552519.jpg

まずはウエルカムシャンパーニュで喉を潤していただきました。

「キュヴェ・デ・モワン ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV 1500ml」

こちらはマグナムボトルで。「ピュア、スマート、エレガント」というメゾンの目指すスタイルそのままを表現した一本。ラインナップの中で一番フレッシュなテイストに仕上がっています。

2018101552535.jpg
2018101552551.jpg
201810155269.jpg
2018101552625.jpg

そして、一品料理。

・酢の物 毛蟹
・和え物 鱈の白子、なめこ、えのき
・ボタン海老と松茸 お出汁
・カマスのポン酢
・シャコの揚げ物

一品料理では、「ブリュット NV」と「エクストラ・ブリュット NV」を飲み比べていただきました。

・鮨

鮨では、「ブリュット・ロゼ NV」と「ブリュット ミレジム 2006」をご堪能いただきました。

2018101552640.jpg
2018101552654.jpg
2018101552718.jpg
2018101552732.jpg

「すし かた田」の繊細な味わいをより引き立てる、軽やかで優雅なシャンパーニュ“ベスラ・ド・ベルフォン”。ご参加いただいた皆様にはたっぷりと喜んでいただけたと思います。楽しいひとときをありがとうございました。

出品アイテム「ベスラ・ド・ベルフォン」より

キュヴェ・デ・モワン ブリュット NV
キュヴェ・デ・モワン エクストラ・ブリュット NV
キュヴェ・デ・モワン ブリュット・ロゼ NV
キュヴェ・デ・モワン ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ NV
キュヴェ・デ・モワン ブリュット ミレジム (ワイン会当日は 2006年ヴィンテージ)

※参加者様にはFacebook、webページに掲載する旨、ご了承いただいております。