ホーム>インフォメーション>お知らせとイベント情報

お知らせとイベント情報

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社「ハフスメッセ 2019 春」

2019417233856.jpg
2019417233915.jpg

ヘレンベルガー・ホーフ株式会社「ハフスメッセ 2019 春」

併設のワイン倉庫にて、ドイツ&オーストリアワイン約50種類をテイスティングしました。 今回のテーマは『春のキツネ祭り』。葡萄の樹を見上げるキツネのラベルでお馴染みの(当店でもお馴染みの)、ファルツの生産者ベッカーさん。ファルツのライジングスター、ドイツのロマネ・コンティと呼ばれて久しいですが、昨年2018年よりスタートしたベッカーさんの応援企画Becker Backers ベッカー・バッカーズ(バッカーズとは後援者、支援者の意)も好評とあって、会場の一角にベッカーワインのコーナーが設けられていました。通常の試飲会では滅多に飲めないスパークリングワインや村名、一級ワインも出品されており貴重な体験となりました。

また、会場の向かいには軽食が出来るスペースもあり、春の穏やかな風を感じながらお料理とワインを楽しみました。新たな出会いや発見があり良い機会に恵まれたと、感謝しております。

2019417233936.jpg
2019417233952.jpg

営業時間短縮のお知らせ(4月15日)

201941218246.jpg

営業時間短縮のお知らせ(4月15日)

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、4月15日(月)は都合により、17時までの営業とさせていただきます。

営業時間

4月15日 11:00~17:00
4月16日 火曜定休

4月17日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

ヌーヴェル・セレクション「2019春のワイン試飲会」

201941101038.jpg
201941101055.jpg

ヌーヴェル・セレクション「2019春のワイン試飲会」

ヌーヴェル・セレクション「2019春のワイン試飲会」に参加しました。会場では旗艦のブルゴーニュとシャンパーニュはもちろん、アルザス、ロワール、サヴォワ、ヴァン・ド・フランス&IGP、そしてオーストリアにスペイン、イタリアなど、計212アイテムがズラリと並び・・・

本数がちょっと多すぎやしませんか?と内心思いながらも、最新ヴィンテージやNew Comer のワインなどあれやこれやとテイスティングしました。一つのインポーターで一年に何度も試飲会があるわけではありませんから、こうして一同にテイスティングが出来る機会は本当にありがたいことです。

幅広い価格帯で、チェック完了。気になるワインは追ってご紹介させていただきます。 それにしてもミミ・シャトンの猫ラベルが可愛すぎます。フランス人も、猫が大好きニャー(笑)

ワイナリー訪問記「ファミーユ・ペラン -ローヌ-」

少し前の投稿で、昨夏に訪れたシャトーヌフ・デュ・パプの銘醸「シャトー・ド・ボーカステル」訪問記を掲載しましたが、本日はそのシャトー・ド・ボーカステルを所有しているファミーユ・ペランをご紹介します。

2019331193918.jpg
2019331193950.jpg
201933119409.jpg
2019331194027.jpg

シャブリから車でおよそ5時間かけてローヌ オランジユに移動し、ファミーユ・ペランを訪問しました。 ファミーユ・ペランは、南ローヌの主要アペラシオンに300ha以上の畑を所有する、南ローヌ最大の造り手です。個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践しています。その歴史は1909年に、シャトーヌフ・デュ・パプを代表するシャトー・ド・ボーカステルを購入したことに始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きあげてきました。そして4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリース。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統が頑なに受け継がれています。

2019331194115.jpg
2019331194131.jpg

テイスティング・ルームにて、スタンダードラインからヌフ・デュ・パプを含めたクリュ、計17種類を試飲しました。始めにスパークリングワイン白とロゼ(現在カバー画像)をいだだいたのですがテイスティング時は未発売のもの。独自に開発した特殊な炭酸ガス注入法で、アルコール発酵時に発生した炭酸ガスを保管し、その後特殊な膜でろ過した細やかな泡沫をボトルに再注入。この新技術を取り入れた結果、驚くほどクリーミーなスパークリングワインが完成。味わいはフレッシュ、香りも印象的で、発売を待ち望んでいたのを覚えています。

201933119429.jpg
2019331194222.jpg
2019331194238.jpg
201933119430.jpg
2019331194316.jpg
2019331194333.jpg
2019331194352.jpg
201933119448.jpg

それから、同じくペランが所有するジゴンダスのドメーヌ・デュ・クロ・デ・トゥレルに移動。此処は醸造設備の他にゲストハウスも兼ねており、ワイナリーを訪れる各界の代表や著名人が宿泊するためのもの。この日はなんと此処に宿泊することに!短期間のステイでは勿体無いとてもラグジュアリーなひとときでした。バルコニーからは畑が望め、暖かな日差しの下で飲むミラヴァル・ロゼは格別に美味しかったです。 . 本日は、遂に発売!ドライかつジューシー、クリーミーな泡「ラ・ヴィエイユ・フェルム スパークリング・レゼルヴ」をご紹介します。

ラ・ヴィエイユ・フェルム スパークリング・レゼルヴ・ブリュット NV
Sparkling Réserve Brut La Vieille Ferme /Famille Perrin

香りは白桃や洋梨、リンゴ、白い花など華やかで上品なアロマが広がり、次いでブリオッシュやヘーゼルナッツの香り、土壌からくる石灰やミネラルのニュアンスが新鮮さと深みを与えている。口に含むとスムーズでしなやか。はっきりとした酸味が印象的で透明感に溢れる。ドライな味わいの中、花の蜜のような仄かな甘さを伴い、爽やかでジューシー、同時に心地よい緊張感が感じられる。ボディは程よくあり、余韻は軽やかで飲み疲れることがない。スイスイと杯が弾み、何よりも口当たりが良い。

合わせるお料理
サラダ、白身魚のカルパッチョやソテー、鶏肉料理、クリーム系のデザートなど。

品種:シャルドネ90%、ユニ・ブラン10%

ファミーユ・ペランのワイン詳細はこちら

営業時間短縮のお知らせ(3月25日)

2019323192637.jpg

営業時間短縮のお知らせ(3月25日)

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、3月25日(月)は都合により、15時までの営業とさせていただきます。

営業時間 

3月25日 11:00~15:00
3月26日 火曜定休

3月27日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

FOODEX JAPAN 2019 二日目

201931004347.jpg
201931004419.jpg

二日目は初日にフランスブースで大きく時間を割いたので、それ以外の国々と国内ブースをメインに散策し、ワインだけでなく日本酒やBeer、食品コーナーをまわりました。限られた時間内でしたが新たなワインメーカーとの出会いにも恵まれ2019年も満足のいくものになりました。

写真で一緒に写っているのはイタリア シチリアの生産者フェウド・ディシーサの輸入マネージャー、サル・ロマーノ氏。個性豊かな土着品種「カタラット」「グリッロ」「ネロ・ダーヴォラ」などから、高品質でリーズナブルな価格が嬉しいワインを世に送り出しています。

新商品は随時ご案内させていただきます。

201931004439.jpg
20193100451.jpg

FOODEX JAPAN 2019 初日

20193100331.jpg
201931003316.jpg

FOODEX JAPAN 2019 初日。

今年もFOODEX JAPANに行ってきました。

まずはドメーヌ・ミシェル・グロで2017年のバレルサンプルをテイスティングしましたが、ニュイと、ニュイ レ・シャリオがすでに柔らかく(よい意味で)驚きでした。この時点で、ピュアで本当に美味しい。リリースがとても楽しみなワインです。

続いて今回が初参加となるドメーヌ・バシェ・ルグロからルナックとサミュエル兄弟が来日。彼らの畑はコート・ド・ボーヌの中でも最も古いものの一つとして知られ平均樹齢はおよそ60年。中には樹齢100年を超える古木もあり、とても小さく凝縮した葡萄からは深淵な味わいのワインを生み出します。ここでも2017年をテイスティング。古木のワインながら価格はまだ抑えられていて、これは今後も維持してほしいなと切に思います。

そして最後にサン・ブリのベルサンへ。ソーヴィニヨン・ブランの祖先だと言われているフィエ・グリ種から新たなキュヴェが誕生したとのこと。爽やかな酸に支えられた果実味は、春先からも楽しめるすっきりとした味わいでした。

201931003338.jpg
201931003353.jpg

営業時間短縮のお知らせ(3月6日)

20193323413.jpg

営業時間短縮のお知らせ(3月6日)

いつも当店をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、3月6日(水)は都合により、17時までの営業とさせていただきます。

営業時間 

3月5日 火曜定休
3月6日 11:00~17:00

3月7日より通常営業(11:00~20:00)に戻ります。よろしくお願いいたします。

ラック・コーポレーション 2019 春の試飲会

2019228115754.jpg
2019228115811.jpg
2019228115827.jpg
201922812332.jpg

ラック・コーポレーション 2019 春の試飲会

フランスはブルゴーニュをメインに、ローヌ、ラングドック、シャンパーニュなど、そしてニュージーランド、スペインから厳選された100種類のワインをテイスティング。

ヴォルネイの生産者ラ・プス・ドールより新当主ブノワ・ランダンジェ氏の来日に伴いセミナーが開催されましたが、今回はあまり時間がとれずテイスティングに専念しました。

やはりブルゴーニュワインが中心になるのですが、現行ヴィンテージに2016年、2017年が多い中で、2011〜2015年ものが幅広く出品されており、改めて熟成したブルゴーニュワインの素晴らしさを実感できました。 気になるワインは追ってご紹介させていただきます。

201922812350.jpg
20192281245.jpg

株式会社 稲葉「春のワイン試飲会 2019」

20192202033.jpg
201922020328.jpg

株式会社 稲葉 春のワイン試飲会 2019

約120種類をテイスティング。 今回はイタリアからテッレ・デル・バローロの醸造責任者ダニエーレ・ポンツォ氏と、フランスからヌフ・デュ・パプのトップドメーヌの1つアンドレ・ブルネルのファブリス・ブルネル氏が来日。ワイン造りに対するポリシー、拘りや技術など、生産者の生の声を聞ける貴重な機会となりました。

他ラインナップには、EPA関税撤廃に伴い値下げとなるワインが40種ほど、各国・地域の土着品種をメインとしたワイン、希少なバックヴィンテージなど、見どころは満載でした。

会場は、名古屋駅に直結しているホテルだったので、何より移動が楽なのがありがたかったです。←重要 笑 帰りの列車で、ホロ酔い気分を少し楽しんで… 小松を過ぎた辺りから、あぁ、これから仕事なんだと、酔いが覚めました。

記念にファブリス・ブルネル氏と。

201922020345.jpg
20192202041.jpg