ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>最高に良い年しか造らない、 優雅で高貴な(Nobile)ワイン「ピエトラネラ」
ピックアップ情報

最高に良い年しか造らない、 優雅で高貴な(Nobile)ワイン「ピエトラネラ」

201911155814.jpg

最高に良い年しか造らない、 優雅で高貴な(Nobile)ワイン「ピエトラネラ」

今や6つのカンティーナを所有し手頃なワインからプレステージクラスまでを手掛けるバロンチーニ家。その歴史は、約500年以上も前にまで遡ることができる古い家系にあり、現オーナーはブルーナ氏。父が他界した後、医学の道をあきらめた娘のブルーナは、トスカーナのそれぞれのD.O.C.G.にカンティーナを持つという亡き父の夢を実現すべく立ち上がったのです。彼女が思い描く理想像は、テロワールに密着した、土地の個性が生かされたワイン。順当とはいかないながらも、少しずつ畑を買い足していき父の夢の実現に向けて尽力してきました。

この“ピエトラネラ”は最高に良い年しか造らない、優雅で高貴な(Nobile)ワインです。10年の熟成を経てもなお瑞々しく、心地よい酸と溶け込んだ甘いタンニンが果実味の旨みをより引きたたせます。

テヌータ・イル・ファッジェート ヴィーノ・ノビレ・ディ・モンテプルチャーノ・リセルヴァ ピエトラネラ 2009
Vino Nobile di Montepulciano Riserva PIETRANERA /Tenuta Il Faggeto(バロンチーニ家)

香りはチェリーやプラムなど熟した果実のアロマに、ペッパーやシナモン、クローブなどのスパイス、リコリスのヒント。そして木樽由来のバニラやモカ、香木、杉、タバコの香り。さらになめし革や腐葉土などの熟成香が加わり複雑さと奥行きが感じられる。口に含むと厚みがありなめらかなテクスチャー。凝縮感のあるパワフルな果実味で、しっかりとした骨格の中にもソフトで繊細な一面を合わせ持つ。10年の熟成を経てもなお瑞々しく、心地よい酸と溶け込んだ甘いタンニンが、果実味の旨みをより引きたたせる。まろやかなコクがあり味わいのバランスの良さが光る。

合わせるお料理
赤身肉のロースト、ジビエ、豚肉と茸の味噌炒め、ソーセージと豆の煮込み、熟成チーズなど。

産地:イタリア トスカーナ州
品種:プルニョーロ・ジェンティーレ90%、コロリーノ5%、マンモロ5%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/751