ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>オー・バタイエのセカンドラベル「シャトー・ラ・トゥール・ラスピック」
ピックアップ情報

オー・バタイエのセカンドラベル「シャトー・ラ・トゥール・ラスピック」

201981621119.jpg

オー・バタイエのセカンドラベル「シャトー・ラ・トゥール・ラスピック」

シャトー・ラ・トゥール・ラスピックは、ボルドー地方 ポイヤック村に位置しメドック格付け第5級にランクインするシャトー・オー・バタイエのセカンドラベル。ポイヤックの土壌は、主に砂利質で水はけがよいことから、カベルネ・ソーヴィニヨンの栽培に適しワインは強めのタンニンとコク、しっかりとした骨格をもつものが多い。

オー・バタイエは、そんな力強い味わいのポイヤックにあって比較的早くから楽しめる。良い意味で優しく柔らかなワインと評され、このラ・トゥール・ラスピックにもファーストに通ずる奥ゆかしき部分が垣間見える。

本日は2006年ヴィンテージをご紹介します。

シャトー・ラ・トゥール・ラスピック 2006
Château La Tour L'Aspic

プラムやブラックベリー、リコリス、ブラックペッパーの香りが広がり、タバコ葉や杉、スモークなど背景に繊細なオークのヒント。さらに炭、黒鉛、土のニュアンスが加わり複雑さが増していく。口に含むと、しなやかでスムーズ。柔らかな口当たりにもカベルネ主体らしいしっかりとした骨格が感じられ、タンニンは細やかで溶け込んでいる。質感があり、程よくスパイシー。ダークチョコやカカオなど芳しいフレーヴァーが余韻に残り、今もなお艶っぽい。

合わせるお料理
仔羊やラム肉のロースト、ジビエ、スモーク肉、焼き野菜、茸料理など。

産地:フランス ボルドー地方 ポイヤック村
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン主体、メルロ、カベルネ・フラン
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/700