ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>母なる大地の温かさ、懐の広さを感じさせるリッチテイスト「リンソランス」
ピックアップ情報

母なる大地の温かさ、懐の広さを感じさせるリッチテイスト「リンソランス」

2017730192114.jpg

毎年その素晴らしい色調から、この芳醇な香りから必ず話題にのぼるワインを造りだす、サン・テミリオンの秀逸な造り手ドニ・バロー氏。19世紀の末に彼の祖父が設立し、1971年以降はドニ・バロー氏が運営、蔵元の3代目当主として現在に至ります。

所有する畑は、全部で36ha。上質なメルロ種100%からなるサン・テミリオン グラン・クリュ「リンソランス」や「シャトー・レ・グラヴィエール」をはじめ、広域なエリアで造られるリーズナブルラインも幾つか手掛けており、品質の高さに定評があります。有機肥料のみを使用し、ブドウ本来のキャラクターを最大限に表現しています。

本日は平均樹齢45~50年の古木、メルロ100%を使用した上級キュヴェ「リンソランス」のご紹介です。ヴィンテージは2007年、10年の熟成を経ております☆

リンソランス サン・テミリオン・グラン・クリュ 2007
Lynsolence

香りにはブラックチェリーやプラム、カシスリキュール、アニス、ローリエ、そしてスモーキーかつ上品な樽香、バニラやダークチョコ、コーヒー、クローブ、杉、白檀を思わせる。芳醇で奥行のある香り、さらに皮革、トリュフ、落ち葉、腐葉土などの熟成香が現れ複雑性を増す。アタックはソフトでなめらか。旨みが凝縮した濃厚な果実味でリッチな樽感、スモーキーなオークの要素が溶け込んでおり果実味をやさしく包み込む。酸味とのバランスがよく、肉付きふくよかなボディ感、まろやかなタンニンが絡み合うリッチな味わい。飲み応えとともに全体に柔らかな印象を受け、母なる大地の温かさ、懐の広さが感じられる。じんわりと広がる滋味深さ、ゆったりとしたひとときに。

【合わせるお料理】
牛や仔羊、鴨肉のロースト、ソースを使った川魚料理、茸料理、鶏のジビエなど。

産地:フランス ボルドー地方 サン・テミリオン地区
品種:メルロ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/198