ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>凝縮感あり、洗練さあり、スムーズな飲み口のバルベーラ「ロベルト・サロット」
ピックアップ情報

凝縮感あり、洗練さあり、スムーズな飲み口のバルベーラ「ロベルト・サロット」

201831224516.jpg

ピエモンテの地葡萄を愛し、斬新なアイデアで素晴らしいワインを世に次々と送り出す生産者、ロベルト・サロットからNew Arrival!

ロベルト・サロット

ロベルトはワインスクールを卒業してから父を手伝ってきましたが、その後年間生産量6,500万本というピエモンテの大規模な醸造所の醸造長として手腕を発揮。同時にガヴィにある醸造所のワインメーカーとしても活躍しました。現在は、それらの職を辞し、彼自身の畑をバローロ、バルバレスコ、ガヴィに所有し、質の高いワイン造りを行なっています。また、6名の親しいメンバーと共同経営する醸造所のワインメーカーを務め、さらに、ワインに含まれている200種類ほどある化学成分の専門家でもあります。ロベルトがワイン造りにおいて、最優先で注意を払うのは葡萄畑です。「良いワインは畑で生まれ、セラーで育つ。」と考えているからです。所有する畑は、バローロ、バルバレスコ、ネヴィーリエ、ガヴィといったピエモンテ最高のワインを産するエリアに広がっています。

本日は、バルベーラ・ダスティ・スペリオーレをご紹介します。非常にスムーズな飲み口でふくよかな果実味が前に出ます。その凝縮味はさながらアパッシメントしたかのようで(実際はしていない)、さらにはスイスイと杯が弾む親しみやすさがあります。

ロベルト・サロット バルベーラ・ダスティ・スペリオーレ 2015
Barbera d’Asti Superiore /Roberto Sarotto

香りにはプラムやブラックチェリーのコンポート、リコリス、ラベンダー、ブラックペッパー、ドライハーブが混じり合い、バニラとスパイシーなオークのノートがアクセント。お香、シナモンやクローブなどのスパイスの香り。他になめし革やカカオ、そしてレーズン、ドライフルーツ的要素が表れる。アタックはソフトでなめらか。非常にスムーズな飲み口でふくよかな果実味が前に出る。生き生きとしており辛口ながらも心地よい残糖感。熟したタンニンが溶けこみ、オークの要素であるバニラのフレーヴァーとともに味わいをリッチに感じさせる。しっかりとした骨格と高いアルコール度数だが、全体に柔らかくスイスイと杯が弾む親しみやすさが勝る。

合わせるお料理
仔羊や豚肉のロースト、ローストパスタ、ミートソース料理、ラザニア、キノコのリゾットなど。

産地:イタリア ピエモンテ
品種:バルベーラ100%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/332