ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>自然を尊重したワイン造り「シャトー・デ・ゼサール」、日本限定キュヴェ「メッツォ」
ピックアップ情報

自然を尊重したワイン造り「シャトー・デ・ゼサール」、日本限定キュヴェ「メッツォ」

20181024224335.jpg

かつて料理人だったという、オーナーのパスカル・キュイセ氏は語ります。

『私は、ワイン造りは90%が自然の力によるものだと信じている。そして残りの10%は理解できない未知の部分を持つ。私にはその10%の未知の世界が面白くてしかたがない。私のワインはどこのコピーでもない、私のワインなのである。それはまるで料理つくりと同じである。よい材料が肝心で、さらに個々の料理人の味わいが出る。テクノロジーに頼ると品質が画一化してしまう。私は最高の畑を持っているし、自然だけを相手に働くので、各品種が個々の個性をもったよいフルーツを造ってくれる。』と。

そんな彼が日本市場向けに特別に造るワインがこの「メッツォ」。Mezzo(メッツォ)とは、音楽用語で「やや」とか「少し」という意味で、音楽好きで、仲間と演奏を楽しむパスカルならではの命名です。樽とタンク熟成。リーズナブルな価格ながらしっかりとした飲み応えがあります。

シャトー・デ・ゼサール メッツォ・ベルジュラック・ルージュ 2016
Mezzo Bergerac Rouge /Château des Eyssards

香りにはブラックベリーやカシス、プルーンなどの果実香にスミレ、ローリエ、木樽由来のバニラやロースト香。コーヒーやチョコ、ココアを思わせる芳しい香りが広がり、さらに土っぽさや温かなニュアンスとクローブなどのスパイシーな香りも感じられる。アタックはまろやかで、ふくよかなボディ。丸いテイストの中、しっかりとしたタンニンが存在しこのクラスとしては上々の飲み応えがある。よく熟し味わいは濃厚で、プリッとした旨み、酸味は穏やかでバランスがとれている。このビター具合が癖になりそう。飲むほどにその美味しさがこみ上げてくる。

合わせるお料理
牛フィレやラム、鴨肉のロースト、牛肉と野菜の中華炒め、焼肉、ソースを使った料理、バーベキューなど。

産地:フランス ベルジュラック
品種:メルロ80%、カベルネ・フラン20%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/486