ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>天候も良く、暑かった2012年VT「シャトー・デュ・オー・マレ ルージュ」
ピックアップ情報

天候も良く、暑かった2012年VT「シャトー・デュ・オー・マレ ルージュ」

20191101824.jpg

目指すは“グラン・クリュ・クラッセ”のようなワイン

天候も良く、暑かった2012年ヴィンテージ。

ボルドー グラーヴ地区マゼール村に位置するシャトー・デュ・オー・マレでは、収穫期の乾燥が良い影響となり葡萄はとても良く熟し、ワインは力強さとフィネスを兼ね備えた上質なものになりました。

畑はグラーヴの典型的な砂利質ではなく、石灰岩土壌で、斜面。この地はサン・テミリオンやフロンサックに似通った土壌で質の高いワインが生まれる可能性を持っていると、INAOの調査でも明らかでした。

醸造は、シャトー・パヴィで醸造チーフを任されているジュリアン・ルーカス氏が担当。僅か3.5haの畑ですが畑の手入れも整然と行き届いています。この地を探し当てた兄ジェロームとともに目指すは“グラン・クリュ・クラッセ”のようなワインと、高い目標を掲げています。

シャトー・デュ・オー・マレ ルージュ 2012
Château du Haut-Maray Rouge

香りは、ややウッディな印象が強くスモーキーで、カシスやプラム、ブラックベリーに、ローリエ、ナツメグやクローブなどのスパイスのノートが混じり合う。そしてタールや茸、トリュフ、土、下草のニュアンスが加わり、よく熟したアロマにも複雑味・熟成香があらわれている。口に含むとなめらかで、全体に丸みを帯びた柔らかなボディ感。ふんわりと果実味が染み渡り、厚みを感じさせるリッチな味わい。ボディに溶け込んだタンニンと、酸味は穏やかでバランスがよい。何よりもアルコールのボリュームが素晴らしく、力強さと品がある。テロワールとともにヴィンテージの特徴を見事に体現し、後にはバニラやモカのフレーヴァー、ビターな中にもほんのりと甘さが感じられる。

合わせるお料理
牛フィレ肉のステーキやローストビーフ、ハンバーグ、仔羊や鴨肉のロースト、すき焼き、鰻の蒲焼、チーズフォンデュなど。

産地:フランス ボルドー地方
品種:メルロ70%、カベルネ・ソーヴィニヨン30%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/547