ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>親子三世代の絆を意識。その名も「ナンバー・ワン」ビーニャ・ファレルニア
ピックアップ情報

親子三世代の絆を意識。その名も「ナンバー・ワン」ビーニャ・ファレルニア

201951713516.jpg

親子三世代の絆を意識。その名も「ナンバー・ワン」

「ナンバー・ワン」には、第1位の人や物、そのトップの意をもちますが、第一番という意味もありこのワインは後者、ビーニャ・ファレルニアが樽を100%使用した一番目の作品であることからその名が付けられています。ビーニャ・ファレルニアはチリのワイン生産地図に「エルキ・ヴァレー」の名を刻み込んだ、その地の先駆者的存在です。カベルネS、シラー、カルメネールを巧みにブレンドし、なめらかでリッチな深みのあるワインを生み出しました。

また3種のブドウは、オーナー兼醸造家であるジョルジオ・フレッサティ氏と共にワイナリー設立にかかわった従兄弟のアルド家が、3 世代目になったという事に因んでいます。絆を強くする、大切にするフレッサティ氏のお人柄が表れた1本です。

ビーニャ・ファレルニア ナンバー・ワン 2015
Number One /Viña Falernia

ブラックベリーやラズベリー、カシスのアロマに、特徴的なユーカリ、ミント、ブラックペッパーのヒント。そして木樽由来のバニラやモカ、トーストなどスモーキーな香りが広がり、木材、レザー、タール、動物的なニュアンスをもつ。深く凝縮感が漂う複雑なブーケが魅了する。口に含むとなめらかでリッチ、たっぷりとした旨みとともにアルコール感が口内を支配する。強い粘性(アルコール度は高く15%)を感じつつ、タンニンはビロードのようにきめ細かくしっとりとした質感と骨格が感じられる。程よい肉付きと味わい深さ。まろやかなコクが備わっており香り同様に深みが感じられる。

合わせるお料理
ペッパーを効かせたステーキや焼肉、仔羊のロースト、バーベキュー、野菜のソース炒め、熟成チーズなど。

産地:チリ コキンボ エルキ・ヴァレー
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン50%、シラー25%、カルメネール25%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/642