ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>南ローヌ最大の造り手「ファミーユ・ペラン」
ピックアップ情報

南ローヌ最大の造り手「ファミーユ・ペラン」

201967232048.jpg

南ローヌ最大の造り手「ファミーユ・ペラン」

その歴史は1909年に、シャトーヌフ・デュ・パプを代表するシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きあげてきました。そして4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリース。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統が頑なに受け継がれています。

本日はリーズナブルレンジ、ペラン レゼルヴをご紹介します。

畑は全てボーカステルのスタッフによって管理、運営されていてこのクラスにおいても妥協がありません。

ファミーユ・ペラン コート・デュ・ローヌ レゼルヴ ルージュ 2016
Côtes du Rhône Réserve Rouge /Famille Perrin

香りは野性味のある小粒の赤い実、プラム、ラベンダー、リコリスのアロマにオレガノ、シナモン、ナツメグのヒント。そしてコーヒーやビターチョコなど心地良い樽のニュアンスに、ミネラルが洗練さを与える。味わいは柔らかく広がりが豊か。十分な熟度ながら甘さを抑え(幾分スマートな印象)かつしっかりとした構造、これはミネラルと共に調和のとれた上品な酸が大きく起因する。鮮度よろしくタンニンはキメ細やかで、中庸のボディ感。なにより口当たりが良くすいすいと杯が弾む(ミディアムからフルボディ)。

合わせるお料理
グリルした肉料理、茄子の肉味噌炒め、ピーマンの肉詰め、餃子、ラタトゥイユ、地中海料理など。

産地:フランス ローヌ地方
品種:グルナッシュ60%、シラー20%、ムールヴェードル20%
タイプ:赤ワイン ミディアム-フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/659