ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>一躍その名を馳せる事になりその地位を確立。樽発酵の名手「ブノワ・デウ」
ピックアップ情報

一躍その名を馳せる事になりその地位を確立。樽発酵の名手「ブノワ・デウ」

201983001834.jpg

一躍その名を馳せる事になりその地位を確立。樽発酵の名手「ブノワ・デウ」

「シャンパーニュ ブノワ・デウ」は、1787年に設立されたデウ・ペール・エ・フィスの8代目当主ブノワ・デウが独自に手掛けるブランド、RMです。4年以上勤めたボランジェにて木材に対する感受性が高まり樽発酵・樽熟成について熱心に学びました。2000年にデウ・ペール・エ・フィスに戻り、デウ家が所有する13haの畑の内、1.7haの単一畑をビオディナミで管理し環境を尊重しながら高品質で、純粋なシャンパーニュをつくるべく尽力しています。彼の才能はすぐに開花し樽発酵の名手としてその名が知られるようになりました。

ブノワ・デウのスタイルは、美しい緊張感を持った繊細なミネラルと、ムニエの魅力的な白い花のアロマを備え、真っすぐでエネルギッシュ。総生産本数は極僅かで3000本と満たず日本への入荷も非常に限られています。ヴィニュロンの間でも注目度が高い「シャンパーニュ ブノワ・デウ」、地元フランスでも大変入手が困難になっています。

本日はフラッグ・シップの単一畑“ラ・ルー・デ・ノワイエ”をご紹介します。

ブノワ・デウ ラ・ルー・デ・ノワイエ ブリュット・ナチュール 2014
La Rue des Noyers Brut Nature /Benoît Déhu

香りはピーチやプラム、マイヤーレモン、カモミールのアロマに、焼きリンゴやアップルパイ、蜂蜜、ミントのヒント。さらにローストしたナッツやアーモンド、ブリオッシュの香りが広がり、果実香を尊重しながらもスモーキーなオークのニュアンスが心地よい。そしてミネラル香に、ナツメグや白檀などスパイスの香りも現われる。口に含むとフレッシュでしなやか。エネルギッシュな味わいの中、繊細なタッチから中盤にかけてふくよかさが増していく。純粋で、リッチな果実感。旨みがじんわりと染み渡りドライで、フィニッシュにかけて伸びやかな酸味が印象的。焦点が合っており調和のとれた酸味と厳格なミネラルがしっかりとした骨格を形成し表情は明るく程よいほろ苦さ。フィネスを感じる長く続く余韻へと誘ってくれる。

合わせるお料理
白身魚のカルパッチョやムニエル、甲殻類や鶏肉料理、パスタやリゾット、天ぷら、フォアグラなど。

産地:シャンパーニュ地方 ヴァレ・ド・ラ・マルヌ フォソワ
品種:ピノ・ムニエ100%
タイプ:スパークリング 白 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/710