ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>ワイン名は千夜⼀夜物語の語り⼿となる⼥性『シェヘラザード』に由来。
ピックアップ情報

ワイン名は千夜⼀夜物語の語り⼿となる⼥性『シェヘラザード』に由来。

20207305656.jpg

ワイン名は千夜⼀夜物語の語り⼿となる⼥性 『シェヘラザード』に由来。

本日のワイン

ボデガ ラス セパス シェヘラザード 2018

⼥性向けに、⾮常にエキゾチックな⽩ワインを造りたいという考えから生まれた、「シェヘラザード」。ワイン名の「シェヘラザード」は、千夜⼀夜物語の語り⼿となる⼥性の名前に由来します。

妻の不貞から女性不信となったシャフリヤール王は、毎日新しい女性と結婚しては翌朝には処刑することにしていました。そして処刑した女性が3000人に達したとき、王は大臣の娘であるシェヘラザードと結婚します。知恵に富んだシェヘラザードは、王に毎晩物語を聞かせては『続きはまた後日』と言い、王の興味を惹くことで自分を殺させませんでした。これが千と一夜続きました。王に聞かせた物語には人の教訓が含まれておりシェヘラザードは王を見事に改心させたのです。その後シェヘラザードは王の正妻になりました。

ぜひ、物語を思い浮かべながらお楽しみを。
たっぷりとした凝縮した味わいながらエレガントなスタイルで、知的なニュアンスも醸し出しています。

ボデガ ラス セパス シェヘラザード 2018
Serezhade /Bodega Las Cepas

完熟した桃やアプリコット、メロン、洋梨のコンポートなど豊かなフルーツのアロマが印象的。そしてスパイス、ハーブの香りに、木樽からくる優しいバニラのヒント。口に含むとスムーズで、程よい膨らみがあり充実した果実感で満ち溢れる。たっぷりとした凝縮した味わいながらエレガントなスタイルにまとめ上げ、含んだミネラルときめの細かい酸味がバランスよく交わっている。時間の経過とともにややオイリーな質感も感じられ円やかなコクが余韻まで続く。

合わせるお料理
タコのガーリックオイル炒め、アヒージョ、オイスターの鉄板焼き、香草を使った白身肉のソテー、ハモン セラーノ、天ぷらなど。

産地: スペイン リオハ
品種: マトゥラナ ブランカ80%、ソーヴィニヨン ブラン10%、ベルデホ10%
タイプ: 白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/939