ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>生産量の少なさから"カルト ブルネッロ"の地位を確立「チェルバイオーナ」-Vol.2-
ピックアップ情報

生産量の少なさから"カルト ブルネッロ"の地位を確立「チェルバイオーナ」-Vol.2-

202083093812.jpg

生産量の少なさから"カルト ブルネッロ"の地位を確立「チェルバイオーナ」–Vol.2–

ブルネッロになるはずだったワインを80%もブレンドした、偉大なロッソ。

2015年VTのブルネッロ ディ モンタルチーノは最高評価の5つ星! . ・・・のはずが?

毎年2月に開催されるブルネッロ ディ モンタルチーノの祭典『ベンヴェヌート ブルネッロ』にて2015年VTが最高評価の5ツ星を獲得しました。愛好家にとっては是が非でも入手したいチェルバイオーナのブルネッロ。誰もが待ち焦がれていたのですが、2015年はつくられず、まさかの幻となってしまいました。

2015年は前オーナーが栽培、収穫、醸造を手掛けた最後のVT。暖かい年であった事も影響し非常に熟度、そして糖度の高いブドウが収穫できたものの、ワインに仕上げる段階においてこれまで以上の厳しい基準を持って質を判断する新オーナーにより『新生チェルバイオーナが表現したかったブルネッロのレベルに僅かに満たない』と判断。それらのブドウは最終的にロッソ ディ モンタルチーノに格下げしてのリリースとなりました。

ただ、その厳しい新オーナーを持ってして『これまでになく偉大なロッソ ディ モンタルチーノ』と言わしめ、ラベルは通常のVTではブルネッロに使用する白色のラベル、さらには長いコルクと厚手の瓶をも採用し、その出来はロッソ ディ モンタルチーノという枠組みを超越したものだと、自身が伺えます。(これがブルネッロだったら価格は25,000円程、ロッソに格下げとなったため10,000円という価格が実現)

チェルバイオーナが2015年のブルネッロ ディ モンタルチーノをつくらなかったことは多くのメディアで取り上げられ大きな話題となりました。

チェルバイオーナ ロッソ ディ モンタルチーノ 2015
Rosso di Montalcino /Cerbaiona

チェリー、赤い果実に、ブラックペッパー、タイム、リコリスの香り。そしてタバコやクローブ、なめし革、下草の香りなど複雑さを醸し出す。次第にモカやローストしたアーモンドのようなニュアンスが漂い芳しくも複雑なブーケが鼻腔をくすぐる。口に含むとなめらか。質感のある繊細なタッチからがっしりとした骨組みを感じ、舌触りはビロードの様で品格が備わっている。赤系果実のフレッシュな風味はいかにもロッソ ディ モンタルチーノらしいが、2015年はより味わい深さと複雑味が感じられる。やはり「物」が違う、別格である。折り重なるリコリスのフレーヴァーが味わいの幅を広げ、長くエネルギッシュな余韻が印象的。

合わせるお料理
仔羊や鴨肉のロースト、牛レバーのソテー、ジビエ、煮込みハンバーグ、トマトソース料理など。

産地: イタリア トスカーナ州
品種: サンジョヴェーゼ グロッソ100%
タイプ: 赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/952