ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>1909年から家族経営を守り続ける南ローヌ最大の造り手「ファミーユ・ペラン」
ピックアップ情報

1909年から家族経営を守り続ける南ローヌ最大の造り手「ファミーユ・ペラン」

201721622489.jpg

南ローヌの主要アペラシオンに300ヘクタール以上の畑を所有する、南ローヌ最大の造り手ファミーユ・ペラン。個々の品種が最も適したテロワールを見極め、古くからオーガニック栽培を実践しています。 その歴史は1909年に、シャトーヌフ・デュ・パプを代表するシャトー・ド・ボーカステルを購入したことから始まり、3代目のジャック・ペランが全ての基礎を築きあげてきました。そして4代目のジャン・ピエール・ペランはコストパフォーマンスの高いネゴシアン・ブランド、ラ・ヴィエイユ・フェルムを発売し、1989年にはカリフォルニアのボーカステルとも言えるタブラス・クリークをリリース。時代とともに革新を続けながらも、「ワインは自然の力だけで造るもの」というポリシーを貫き、父から子へと家族の伝統が頑なに受け継がれています。

本日は、コート・デュ・ローヌ・レゼルヴの赤と白をPick Up!

ファミーユ・ペラン コート・デュ・ローヌ・ルージュ・レゼルヴ 2013
Côtes du Rhône Rouge Réserve /Famille Perrin

香りには熟したラズベリーやプラムなどの果実香にラベンダー、ペッパー、ナツメグ、オレガノやフェンネルなどのハーブのノート。そしてドライフルーツの要素がみられ、控えめな樽香には、コーヒーやチョコ、クローブを思わせる。他にジャーキー、土、ミネラルのニュアンスが混じり合う。アタックはソフトでなめらか。ミネラルを伴うリッチな果実味で、ぷりっとした質感と鮮度、やや肉厚なボディ感を備える。十分な熟度ながら甘さが抑えられており、しっかりとした構造を保つには豊富なミネラルとともにエレガントな酸の存在が大きく起因する。タンニンはキメ細かく、バランスのよい仕上がり。合わせるお料理は赤身肉料理全般、茄子の肉味噌炒め、ピーマンの肉詰め、餃子、ラタトゥイユなどがおすすめ。

品種:グルナッシュ60%、シラー20%、ムールヴェードル20%
タイプ:赤ワイン フルボディ

商品ページはワイン名をClick!!

 

ファミーユ・ペラン コート・デュ・ローヌ・ブラン・レゼルヴ 2015
Côtes du Rhône Blanc Réserve /Famille Perrin

香りにはグレープフルーツやライムなどの柑橘類、グリーンアップル、リンゴ、ピーチ、ジャスミン、ミント。新鮮味に溢れた華やかな果実香が広がりジンジャーやチョーク、ミネラルのノートが混じり合う。そしてオイリーなニュアンスや仄かに甘い蜂蜜の香りが現れ、さらなる奥行を生む。アタックはソフトでなめらか。エキス分豊かな果実味と生き生きとした酸とのバランス。ローヌワインならではのコクはもちろん、過度なアルコール分を感じさせないドライな仕上がり。口中に香味が行き渡り、純粋さとエレガントさを兼ね備える。ボディは程よく、長めのアフター。地中海料理との相性が抜群!

品種:グルナッシュ・ブラン50、ヴィオニエ20%、マルサンヌ15%、ルーサンヌ15%
タイプ:白ワイン 辛口

商品ページはワイン名をClick!!

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/82