ホーム>インフォメーション>ピックアップ情報>"赤い猫"と"緑の猫"「ゾンメラッハ」フランケンのワイン
ピックアップ情報

"赤い猫"と"緑の猫"「ゾンメラッハ」フランケンのワイン

20181022231922.jpg

“赤い猫”と“緑の猫”

本日のワインはフランケンワインをご紹介します。

フランケンワインの独特なボトル形状、ボックスボイテル(ヤギの袋)と呼ばれる扁平型のボトルは、昔狩猟民族であったドイツ人が狩りに行く際に水筒として用いていた羊の睾丸袋の形に由来。全体に丸いものが一般的ですが、中には少しカットの入っているお洒落なものも増えてきているようです。

生産者はゾンメラッハ協同組合。世界大戦前の1901年に設立された伝統ある醸造所で、2006年にはドイツのワイン専門誌ワイン・ヴィルツシャフトにて最優秀共同組合に選ばれている実力派です。

まずは“赤い猫”ドミーナ100%。濃い色調ですが、やさしいタンニンと果実味を感じるマイルドな赤ワインです。

ゾンメラッハー・ドミーナ・トロッケン 2016
Sommeracher Domina Trocken /Winzer Sommerach

香りには熟したラズベリーやブルーベリー、カシスなどの果実香が支配的でアイリス、ポプリ、軽いハーブのノートがアクセント。そしてカカオや樹皮、僅かにシナモンのニュアンスが感じられる。口に含むとなめらかで瞬く間にジューシーな果実味が広がり味わいはマイルド、中庸のボディ感をもつ。タンニンはやさしく溶け込んだ酸味が調和。口当たりの良さから幾分軽い印象を受け、同時にフルーティーで親しみやすいもの。飲み疲れることがなくピノ・ノワールに通じるようなエレガンスが感じられる(ミディアムからフルボディタイプ)。

合わせるお料理
ビーフシチュー、豚肉のリエット、ソーセージ類、パスタやピッツァなど。

 

続いて“緑の猫” バッフス100%。フレッシュ&フルーティー、やさしい味わいの白ワインです。

ゾンメラッハー・バッフス・カビネット・ファインヘルプ 2016
Sommeracher Bacchus Kabinett Feinherb /Winzer Sommerach

香りには新鮮なライムやグレープフルーツなどの柑橘類、グリーンアップル、洋梨、マスカット、ジャスミン、そしてハーブ、ミネラルの香りがアクセント。エキゾチックでフローラルなアロマが魅力的で、清涼感が漂っている。アタックは爽やかでなめらか。残糖を感じるジューシーなエキス分にやさしい酸が調和した柔らかな飲み口。アフターにかけての程よい引き締めとミネラル感が味わいを支えており親しみやすくも品がある。甘さがベタ付かず料理との相性も◎、アフターはスッキリとしている。

合わせるお料理
オリエンタル&地中海料理、大根おろしを添えた魚料理、ぬた、ロールキャベツ、チーズフォンデュなど。

■フランケンで生産されるワインは辛口が多く、その溢れんばかりのミネラル感と引き締まった酒質から「石のワイン」とも呼ばれています。男性的なイメージが強いですが、葡萄や造られるタイプによってはフルーティーで親しみやすいものもありますので、料理やシチュエーションによって使い分けを。

商品ページはワイン名をClick

20181022232515.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.wine-veraison.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/485